大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

たからもの」 みんなの声

たからもの 作・絵:ユリ・シュルヴィッツ
訳:安藤 紀子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784032015300
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,125
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 重厚な絵が魅力的

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作者のユリ・シュルヴィッツ は、1935年ポーランド ワルシャワ生まれ。1959年アメリカに渡り創作活動を始めます。
    この作品は、1980年のコルデコット賞オナー賞受賞作品。

    お話は、主人公のアイザックが夢のお告げに従って、都の宮殿の橋の下に向かうシーンから始まります。
    そこで、出会った衛兵から、夢の話を聞かされるのですが、それが良く出来たサプライズで、一気に結末に向かいます。

    イギリスの昔話を題材にしたということなのですが、ユル・シュルヴィッツの重厚な画風が、中世ヨーロッパの風景にとても合っていて、ストーリーに引きずり込まれることでしょう。

    でも、何と言ってもこの作品の見所は、
    「ちかくにあるものをみつけるために、
     とおくまで たびを しなければならないこともある」
    とアイザックが自分の家の壁に刻んだシーン。

    この作品の根底にあるものですが、考え深い言葉で、どんな世代の人にとっても気づきがある言葉だと思います。

    小学生の低学年くらいから自分で読ませるのにも適した作品だと思います。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私が初めて手にした本

    五年前読み聞かせを始めた時初めて自分が買った本です。

    中学二年生。反応が気になる気になる。読んだあくる日「おくりもの」を聞いてくれたひとりの中学生に感想を聞いてみることに。

    初めての読み聞かせの経験の中で少し自分が急ぎすぎていたのかも。
    女の子は大人に感想をせがまれはにかんでいるようにも見えたが今思えば困っていたのかもしれない。

    そこで私自身の本の感想・・それはそれは強烈でした。人に読み聞かせてあげようとはりきる自分にドンと頭上に石が落ちてきたようでした。まわり道の意味は年を重ねるたびに増えていき、反面自分が成長できる場所は年々減っていく昨今。そこに現れたこの一冊。

    あ〜この年になっても素直な気持ちで物事を受け入れる心が残っていてよかった。

    上の二人のこどもが幼い頃、私はほとんど絵本とは無縁でした。そして今5年生の末っ子、20歳の社会人となった長女、」18歳の高校生の次女に反応を聞くフリをしてひそかにあの頃へヒトリタイムスリップを楽しんでいる私です。ユリ・シュルヴィッツ万歳!

    掲載日:2009/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心に響く、たからもの探しの旅

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     英国に伝わる古いお話を絵本化したという作品は、なるほど人生の妙を伝える深さを持ち得ています。主人公は、貧しい男アイザック。夢のお告げに導かれ、旅先で運命の出会いを体験します。読み終えてみれば、「これが人生」とおおいに納得できるお話でした。最後、祈りの家に刻まれた一文が、すべてを語っています。
     偶然なのでしょうか。画風(というか、描かれている風景など)が、シュルヴィッツ渾身の最新作『The Travels of Benjamin of Tudela: Through Three Continents in the Twelfth Century』を想起させ驚きました。(すべてがそう、というわけではありませんが。)

    掲載日:2006/06/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 高学年への読み語りにおすすめです

    絵本を選ぶのが難しい高学年にぴったり!
    少ない言葉でも、ストーリーは確実に伝わってきます。
    たからものを探し当てるには、無駄足も必要。
    大人になりかけの世代にはピピッとくるものがありそうです。

    掲載日:2006/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深い味わい!

    シュルヴィッツのイラストが大好きな私。
    こちらの「たからもの」はまた渋いイラストで深い味わいあります。
    子供向け絵本というより大人向け絵本とも言えるのではないでしょうか。
    ちょっと人生を振り返ってみた時,人生とはなんて考えた時,この絵本を開いてみましょうか☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  •  シュルビッツ独特のピンク〜赤の色が好きです。
     イギリスの古いお話からというので開いてみました。
     
     大方の人々が、日々の食べ物にも事欠く時代のようです。
     主人公アイザックが、三度も重ねて同じ夢を見て、夢のお告げに従い、宝物を求めて、都へ向かうことにした。
     この道のりの長く険しいこと。
     都に着いても、“宝物を強いて探そうとはしなかった”に???
     でも、会っちゃうんですねぇ〜、キーマン(衛兵の隊長)に。 
     彼の言葉に、ピンと来なかった私。
     
     “祈りの家”の壁の片隅に刻まれた言葉に、「深い〜〜〜」と独り言を言ってしまいいました。
     
     隊長に贈った“ルビー”に、またまた???
     ルビーという呼び方は中世からだそうですが、当時は、やはりダイヤやサファイヤよりも、インドスタールビーなのでしょうかね。
     
     高学年で読みます。
     アイザックの都までの往復の道のりは、ゆっくりゆっくり読みたい。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠くへ行ってみて

     遠くへ行ってみて、はじめて身近なものの大切さに気がつく、、、。
     いろいろなことにあてはまるな、としみじみしました。

     淡々としたしたストーリーと、ていねいに描かれた絵。
     読み終わって、余韻が残るおはなしでした。
     たからもの、の意味を考えさせられます。

     子どもといっしょに、じっくり読みたい絵本です。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供には理解できないだろうけど

    シュルヴィッツさんの絵本のファンです。子ども受けをまったく狙っていなくて、自分の信念に従って描いたのだろうと、どの絵本を見ても思います。

    この絵本もしかり。「ちかくにあるものをみつけるために、とおくまでたびをしなければならないこともある」という最後の言葉がとても心に残ります。子どもには面白いと思えないかもしれませんが、長い人生でいつかふと思い出す場面があるのではないかと思います。

    息子が好まなくても買って側に置いておいてやりたい絵本です。同様に、『おとうさんのちず』もお勧めです。

    掲載日:2012/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられますね。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    夢のなかのおつげで、たからものがある場所をさがしにでかける男の人のお話です。
    おつげを信じて、道のほとんどを歩き続ける男のひたむきさに感動をし、そして、たからものとは?と考える機会が得られました。
    簡単には手に入らないものだとはわかっていても、ついついずるをしたり、近道を選んだりしてしまう心に、この本はあらためてメッセージをおくっているように思いました。
    たからもの=幸せは、すぐに見つかるものではない。努力を重ねたり、失敗を経験したりすることで見えてくるもの。そして、それは身近にあるもの。
    とっても短いお話ですが、考えさせられるお話でした。

    掲載日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルでかっこいい

    • ベーベさん
    • 30代
    • その他の方
    • 長野県

    夢のお告げを聞いて、遠く旅した場所で、自分の家に宝があると夢を見た人に出会い、帰って自分の家で宝を見つけます。
    シンプルな少ない文ですが、このおじいさんのたたずまいのように、人生の深遠さを垣間見たような思いです。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット