おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ジャングル」 みんなの声

ジャングル 作・絵:松岡 達英
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年
ISBN:9784265029143
評価スコア 4
評価ランキング 21,335
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジャングルの自然

    絵ですが、とてもリアルで写真のようでした。
    ジャングルならではの、カラフルな鳥や花は、見ごたえがありますね。
    一つ一つに丁寧な解説があるので、図鑑のようでもあると思いました。
    ジャングル滞在中の食事の様子は、興味深かったです。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然研究家の素顔が見える

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    表紙をめくったら(表紙の裏)、いきなりアリのように小さな手書きメモとスケッチがびっしり!フィールドワークでこれだけ綿密な記録を取るということに、まず感動です。そして最初の見開きは、著者の自宅?の仕事場です。絵を描いている筆者の周囲に、ありとあらゆる画材、顕微鏡、標本、カメラ、そして自転車……。こんな人がこの本を描いているのか、と、また感心してしまいます。あとは、コスタリカへジャングルの観察の旅に出発。これまた持っていく荷物一式の絵から、途中で見たオポッサムの死骸、宿泊施設の料理まで、細かく描かれていて、まるで自分が旅をしているような気分になります。私的には、グリーンイグアナの絵が一番迫力があるかな。あとがきにあるように、こういったジャングルの大切さ、貴重さを訴えたいという著者の気持ちが、切々と伝わってきます。40ページほどの絵本ですが、価値は図鑑1冊ぶんぐらいあると思います。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / わたしのワンピース / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット