モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

だんご博士の観察記」 みんなの声

だんご博士の観察記 作・絵:松岡 達英
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年
ISBN:9784097271963
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 良かったのですが・・・

    この絵本虫の事がとっても詳しく書いてあったのでとっても良かったのですが・・・・詳しすぎてうちの子は途中で眠っていました。大人が読んでも花の名前とか知らないものが多くって読むのに苦労しました。でも、家の子みたいに虫が好きな子は小分けで読んであげると喜ばれます。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんごむしが大好きな息子が選んだ一冊です。
    松岡達英さんの「だんごむしのゆかいな冒険ストーリー」シリーズは
    読んだことがあるので、息子にとっては見慣れた絵だったのも良かったのかな。

    正直、「読んで〜」と言われて読み聞かせようとページをめくった時、
    文章の多さにびっくりしました。1冊読み終えるには数日掛かりますが、
    もともとは「新潟日報」で連載されていた記事を再構成した内容とのことで、
    見開きで完結しながら読めるので、区切りながら読めたので良かったです。

    内容的には、だんご博士のドキュメンタリー番組みたいな感じ?(笑)
    今までの絵本とは雰囲気が違っているのが良かったのか、
    息子には意外にも好評でした。
    息子のだんごむし好きにもいっそう磨きが掛かったようです。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新潟県の自然が楽しくわかる

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    もともと「新潟日報」に連載されていた記事らしく、各見開きで1話完結みたいになっています。右側が絵で左側が文章。幼稚園児には、1日に2〜3話ずつがちょうどいいぐらいの長さです。ダンゴムシが自然研究家をしているという設定で、一人前にクルミの殻の中に本だの顕微鏡だの入れたり、何本もの足を一緒に使って仕事をしている絵が面白いです。四季折々の植物や動物(虫)の紹介も多いのですが、ガールフレンドのだんこちゃんとのほのぼのしたやりとりがあるので楽しく読めます。カナブンの背中に乗って飛んだり、ナメクジの背中に乗ったり(ちゃんと2回目は葉っぱを敷いてべたつかないようにしている)、ありえそうにないのですが、あまりにリアルなので、本当にだんご博士のようなダンゴムシがいるかも……という気になります。この本を読むと虫に人格?が感じられて殺せなくなります。

    掲載日:2006/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット