雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

あかいくつ」 みんなの声

あかいくつ 作:アンデルセン
絵:岩崎 ちひろ
訳:神沢 利子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年
ISBN:9784033040202
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,981
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 赤い靴の悪魔

    赤い靴がどうしていけないのだろう。
    いわさきちひろさんの透明感のある絵は、カレンの純粋な心を表現しています。
    しんせつな靴屋のおかみさんが作ってくれた赤い靴。
    それを履いたのが、母親のお葬式だったというのがとても意味深いのです。
    教会には赤い靴を履いていってはいけない。
    いわれればその通りですが、カレンは赤い靴に魔法をかけられてしまいました。
    それは、まるで覚せい剤のようにとても恐ろしい世界。
    赤い靴に踊らされて、みなしごとなったカレンを育ててくれた恩人の奥さまを見殺しにしています。
    悲しくてならないのに、カレンは魅せられたように踊り続けます。
    そして自分を取り戻すために自分の足を切り落としてもらいます。
    カレンにこれほどの罪を感じないのですが、教会の決まりごとを守らぬ恐ろしさなのでしょうか。
    カレンは許されて天国に召されます。
    それにしても後味の悪さを感じた絵本でした。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 怖いお話です。。

    アンデルセン童話の赤いくつのお話。
    たくさんの方々が書かれ出版されているので,それぞれのイラストや文章で雰囲気や味わいを読み比べてみるのも面白いですね。
    お話の内容は,正直とても怖くて恐ろしい。
    いわさきちひろさんの優しくも柔らかいイラストが,カーレンの人生を悲しく儚くも感じさせていました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖かったね

    娘が学校の図書館から借りてきました。
    「どうしてこの絵本を借りてきたの?」と訊いたら
    「あかいくつの歌を知っていたから」と。
    娘が想像していたような「あかいくつ」の歌とはまるで
    違った世界の物語でした。
    いわさきちひろさんの挿絵がとても美しいけれど、哀しい、
    いや、おそらく小さな子どもにとっては怖い物語だったのでは
    ないかしら。
    じいっとだまったまま聴いていました。
    教会や信仰などがモチーフになっているからこその物語なので
    しょうが、日本人で、そういった信仰心とは無縁に生きてきた
    私にも、よく理解できない感じがしました。ここまで・・に
    なってしまうのかなあと。自分の暮らしと照らし合わせると理解
    できないのではありますが、信仰の違いや、文化の違いを伝える
    ことができるのかもしれません。

    掲載日:2013/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 罪の代償

     とても有名なお話なのに、あまり読みたいとは思わないお話です。
    罪の代償が重すぎて怖いです。だからこそ読まなければいけないのかもしれませんが、、、。

     ちひろさんの描くお話の中にひきこまれてしまいます。カーレンは罪をつぐなって、精神的には幸せになったのでしょうか。
     誘惑にさからえない気持ちは、カーレンだけでなく、誰にでもあることなのかもしれないと思いました。
     

     

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作

    「あかいくつ」のお話は知っていましたが、まさか本当のお話はこんなこととは!!

    赤い靴に魅せられたカーレン。
    教会へもはいて行き、踊り狂います。

    恩人が亡くなったり、足を切り落としたり、カーレンが天国へ行く結末であったりと、子供に向けたお話にしては、少々残酷な場面があります。

    日本の昔話でもそうですが、長く伝わるお話は、どこか恐ろしさというものがあります。

    宗教に関する記述が多いので、あとがきなどから補足してあげると良いでしょう。

    他の方のレビューに「赤い靴は覚せい剤のよう」というコメントがあって、同感しました。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンゼルセンのあかいくつのお話にピッタリの岩崎ちひろさんの絵がステキでした!

    カーレンという貧しくお母さんを亡くした かわいそうな女の子
    あまりにかわいそうに思って 信仰心の深い奥様が育ててくれます
    神様の救いでしょうか?

    しかし あかいダンス靴をはいて 教会に行きみんなからとがめられますが・・・・女の子は、嬉しくてたまらず、お祈りをする事さえ忘れていました。
    神様は この女の子に罪を与えたのでしょうか?
    赤い靴を履くと いつまでも踊り出し止められないのです。
    優しく育ててもらった奥様が病気で死んでしまったのを見て初めて女の子は、罪の意識を感じ 自分の足ごと赤い靴を切り落としてもらうのです。

    そして 神に召されていくんです。
    なんと かなしい お話でしょう。
    人間の犯した罪に対して、アンゼルセンは あかいくつのお話を通して 
    私たちに 人間がどういう気持ちで生きるべきかを 考えさせてくれているように思いました
    深いお話でした。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かさと 真剣な気持ちと

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    いわさきちひろさんの挿絵がホントに素敵な絵本です。
    扉からしずかなおごそかな雰囲気が終始一貫して漂っています。
    結構にぎやかなことが大好きな娘なのですが 
    最初からとても静かにきいていました。
    笑うこともなく 真剣にきいていました。
    絵本を閉じた後 ホッとしたように息をつきました。
    第1声は 「こわい」 でした。
    おびえさせちゃったかな・・とも思ったのですがただ単純に怖かったのではないようです。
    怯えさせて 何をさせようという絵本ではないのです。
    娘にもそのことは 伝わっているようです。
    何度も 「読んで」と持ってきます。
    わたしは敢えて親としての解釈をそのまま娘に伝えるつもりはありません。
    娘がその時々に 絵本から何かを感じてくれるといいのかなと考えています
    挿絵の美しさと 雰囲気に だからこそいろんなことを考えることができるのかもしれないな・・と母は思いました。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙

    表紙に見とれてこの絵本を選びました。女の子がとても上手にバランスを取っているので曲線美をとても感じる事が出来、なおかつ靴の色がとても良く冴えていたので、構図のうまさと色の配置にうっとりしました。”さすが岩崎ちひろさんだな”と思いました。内容はその絵の美しさとは反対でちょっと悲しい内容でした。でも内容と絵のギャップがあるからこそ、人々の心に残り教訓になるのだと思いました。アンデルセンさんの他の作品に興味がわきました。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかいくつもういちどよんでみたい

    子供の頃に読んだ、アンデルセンのあかいくつ。
    懐かしくて、もう一度読んでみたくて、図書館から借りてきました。
    最近、中日新聞にも、あかいくつが掲載されていました。
    やはり、この絵本は、いわさきちひろの絵なので、新聞とは、違った魅力があります。同じ内容でも、翻訳、絵によって楽しみ方まで左右します。 わたしは、いわさきちひろファンですから、いうまでもありません。水彩画で、ぼや〜と幻想的なところが大好きです。
    赤い靴をはいた貧しい少女の運命が、あまりにも悲しいのでかわいそう。。。。
    罪深いカーレンも、最後は、天国にいけてよかったとしか、感想文のかけない私がなさけない。。。。。
    あまりにも名作です。一度は手にした事のある本だとおもいます。
    大人になってからも、また読んでみたい本です。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のころのお気に入り

    • コギタマさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    アンデルセンらしく詩情あふれる物語。目に見えるような情景が浮かんでくるところが素晴らしい。いわさきちひろさんの絵も、いい味を出しています。あかいくつを履いてしまったため、踊り続けなくてはいけない少女。自分は説教じみたお話というのが嫌いで単純に空想にひたりたい子供だったので、そのような子供にはぴったり。どっぷりと空想にひたれる哀しくも美しい、今でも大好きなお話です。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット