うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

サムぼうやのボール」 みんなの声

サムぼうやのボール 作:バルブロ・リンドグレン
絵:エバ・エリクソン
訳:あきのしょういちろう
出版社:童話館出版
本体価格:\800+税
発行日:1993年
ISBN:9784924938038
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,854
みんなの声 総数 4
「サムぼうやのボール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんてことない内容なのに楽しい

    某ブッククラブから届きました。

    登場するのは、サムぼうやと猫のキティとボールだけ。猫もボールも大好きだった息子はすぐに内容に馴染めたようです。

    淡々とボールをめぐるサムとキティのやりとりが描かれており、どこか懐かしさのようなものを感じる絵本です。

    友達と一緒に遊ぶ方が一人で遊ぶより楽しい、この絵本からそんな教訓を引き出そうとしたらきっと楽しめません。

    誰にとっても大切な子供時代をじんわり感じることのできる絵本です。

    ちなみに息子は表紙に描かれている車が気になるようです。お話の中では登場しないんですが。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの何気ない日常を描いた絵本

    • まゆくらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子1歳

    子ども(サム)がボール遊びをしたり猫と遊んだりする
    何気ない日常を描いた短い、シンプルナ作品です。

    大人が読んだら「えっ?だから何なの?!」と思いたくなる内容ですが
    ボールは子どもが好きなおもちゃ、猫は子供が興味のある生き物
    そして主人公のサムは子ども自身と重ねることができるので、子供が共感しやすい内容に仕上がっています。

    娘は思い出したかのようにこの絵本をもってきてリクエストしてきます。
    ご飯で言うと、メインディッシュではないけれど、箸休めの様な存在で
    ちょっとつまみたい絵本とでも言いましょうか。

    あまりにも素朴すぎるので、音の出る絵本やしかけ絵本に慣れている子には
    物足りない感が強いと思いますが、いい絵本だと思います。

    小さな絵本なので、集団での読み聞かせには向きません。
    1,2歳くらいの子が親とマンツーマンで楽しむ絵本です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール遊びが好きな子に

    サムと子猫がボールで遊ぶお話です。

    ボールで遊んでたサムが、子猫のキティにボールを取られます。

    最初は怒ったサムですが、結局一緒に遊ぶことに。

    自分の子供と同じような行動をするサムに
    思わずにっこり。

    小さいサイズでかわいい絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが猫好きになる本です

    最初はボールの取り合いをしていた男の子と猫が、
    最後には一緒に仲良く遊ぶという内容の絵本です 。

    元々仲良しの息子と我が家の猫ですが、この
    絵本の主人公たちに自分を重ねて読んでか
    ら、猫が更に好きになりました

    掲載日:2006/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット