なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

がんばれ じゃがいも」 みんなの声

がんばれ じゃがいも 作:トビー・スピード
絵:バリー・ルート
訳:那須田 淳
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年
ISBN:9784062621953
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,600
みんなの声 総数 11
「がんばれ じゃがいも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • アメリカらしい(^^ゞ痛快さ

    表紙からしてなんだか楽しそうな雰囲気
    遊園地で遊んでいるのかな?
    個性的なじゃがいもだなぁ〜

    ディズニーの「トイ・ストリー」の
    ジャガイモのおもちゃみたい

    あらら・・・
    なんだか大変なことに
    キザミッチョ!!
    この和訳になんとも感激
    怖いなぁ・・・
    きざみ方が迫力あり過ぎます

    それに対して
    じゃがいも達の協力の凄さ
    すごいんです!!

    あらら・・・
    キザミッチョ大丈夫かな?
    と、心配になる位

    最後にちゃんと出てくるけどね(^^ゞ

    痛快なお話でした

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダレを応援したらいいのやら…

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    野菜たちが野菜スープにはなりたくないといって
    じゃがいもを中心にしてコックのキザミッチョから逃げ出します
    しかも過激にも煮えている本来野菜たちが入るべき鍋に
    キザミッチョを入れてしまいます
    そうして野菜たちは逃げるのですが
    いつもおいしい料理になれてうれしい!と野菜たちは思っているはずと当たり前にとらえていただけに料理されるのをこんなに嫌がっているなんて。。。とショックすら感じました
    誰に感情を移入したかといえば、逃げるジャガイモではなく
    鍋にいれられてしまったキザミッチョでした
    でも生きていてよかったぁ

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • パワー

    子供が、危機一髪って時には親は、もの凄いパワー全開になるものだと思いました。仲間が協力しあうってことは何でも出来るんだと思いました。微力同士が結束すれば、強力な武器になるんだと改めて思いました。仲間っていいなあって、助けてくれるのも仲間なんだと思いました。野菜の襲撃にあったキザミッチョさんの、「今日は、閉店。特製魚スープのために、魚を釣りに行ってきます。 コックの キザミッチョより。」に爆笑した私でした。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさいたちの逆襲

    絵は暗くて恐い感じだし、話も長いので、
    3歳の娘にはどうかなぁ…と思いつつ・・・。
    「じゃがいも」だしいっか〜☆(←食べ物好き)
    と、図書館で借りてみました。
    特別食いつく感じでもないけど、不思議な雰囲気は
    真剣に見入ってました。
    じゃがいもがシェフをやっつける設定も新鮮(?)
    おいしいお料理を作ってくれるシェフが、どうみても
    「悪人」なので、食育的にはマズイかも(苦笑)ですが、
    野菜たちにも、意思はあるんだぁ!ってことで☆

    不思議な雰囲気は、異国情緒たっぷりです!

    掲載日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャガイモ版トイストーリー!?

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    ぱっと中を見たら、じゃがいもに顔があって手足があって、なんだか愛嬌たっぷり。

    じゃがいもたちの顔が、生き生きとしていて、今にも絵本から跳びでてきそう!

    スープにされそうなところを、みんなで力をあわせてやっつけるお話は、トイストーリーを思わせます。しかも、時は真夜中で、まさにぴったり。

    なかなかダイナミックで夢があって、映画みたいな雰囲気の絵本です。

    掲載日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • キザミッチョ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    品評会で表彰されたじゃがいもたちは、
    その夜、ご褒美とばかりに、遊園地へと繰り出します。
    ところが、そこに目をつけたのが、野菜スープの仕込み中のコック、
    キザミッチョ。
    間一髪でじゃがいもたちの反撃が始まります。
    正直、第一印象は怖かったです。
    暗い夜のシーンから、キザミッチョの狂気に満ちた様子など・・・。
    でも、もう一度読んでみると、じゃがいもたちの様子も味があります。
    遊園地のシーンなどは、一見グロテスクでもありますが、楽しい様子が伝わってきます。
    朝日の中を行進する野菜たちなんて、絵本ならではの面白さ。
    「いつも頑張るじゃがいもさ♪」
    なんて、大人も元気付けられそうです。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャガイモの表情が豊か

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    品評会で優勝したジャガイモたちが、遊園地で遊んでいると

    野菜スープに入れるジャガイモが欲しいシェフのキザミッチ

    ョに見つかったから大変です。

    キザミッチョは本当に悪の顔で、スープに料理されようとし

    ているジャガイモ達が正義という構図です。

    最初にジャガイモのこどもが鍋に入れられるその時に、ジャ

    ガイモの反撃が開始されます。

    別に料理される訳だから、正義も悪も無いはずなのに、妙に

    この構図から感情移入してしまって、思わずジャガイモを応

    援してしまいました。

    ジャガイモたちは、決して可愛らしい表情をしている訳では

    ありません。

    でも、それぞれの顔に特徴があってどれ一つとして同じ表情

    をしていないものだから、見れば見るほど引き込まれてしま

    うのでしょう。

    本当に空想の世界へと誘ってくれる絵本らしい一冊だと思い

    ます。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴツゴツ顔ぉ〜

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    絵本を読んでるときゃぁ可哀相〜なんて声が聞こえてくるかも。
    普段食している野菜とて
    こんな風に表情が描かれると感情移入しそうですよね。
    コックに刻まれている姿は涙....。
    品評会で優秀賞を受賞したポテト群が
    遊園地で遊んでいるところへ料理の材料のポテトが足りぬと
    コックがやって来て誘拐!
    でもこのまま黙って料理にされてはたまらないと
    ポテトの反撃が始まります。
    一致団結する姿は仲間と助け合う心を持って欲しいとの願いかもしれませんね。
    正直とてもじゃないけど可愛いとは言えない
    イラストなんですがそこが又、
    ポテトのゴツゴツ感がよく出ていて圧倒されます。
    申し訳ないけどこれからもしっかりと
    野菜は食べさせてもらいます....。

    掲載日:2007/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いコックから にげろー

    品評会で 表彰されたじゃがいも達。皆で おまつりひろばで 遊んでいる様子が可愛かったです。
    町外れのレストランで 野菜スープを作ろうとしているコックさんの野菜を切る様子に 子供達は危ないものを感じていました。コックさんからにげる為 力を合わせるじゃがいも達に 子供も加勢しながら読んで行きました。ゴツゴツしたじゃがいもの顔もユニークでした。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • パワフルおじゃが♪

    品評会で受賞したジャガイモたちが、
    だ〜れもいない夜のお祭りひろばで大暴れ!!

    さてさて、所変わって・・・
    町はずれのレストランでは、特製スープを作ろうと
    野菜達を乱暴に刻み込んでるキザミッチョの姿が・・・
    どうやら、特製スープに欠かせないジャガイモが無いので
    困ってる様子。

    早速ジャガイモを物色する傲慢なキザミッチョ(名前からなんとなくイメージつくよね!)
    に見つかってしまったジャガイモ達!!
    さあ、どうなる??
    野菜達の表情も細かく見てみるととてもおもしろい!

    ジャガイモ達の戦いぶりがあっぱれ!って感じで
    とてもチームワークもよく、とっても勇敢!
    子どもたちにも、“仲間”のありがたさを伝えてくれる。

    でも、折角受賞したほどのジャガイモ達に
    宝石の様に輝いたトマト、その他のおいしそうなお野菜達。
    そんな野菜達のおいしい特製スープもどんな味がするのか
    感想を聞きたかったかな?
    きっとおしかっただろうな〜♪ってことで、★4つ!!

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット