ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

マリーおばさんと 7ひきの ねこ」 みんなの声

マリーおばさんと 7ひきの ねこ 作:ジェリ・クロル
絵:アン・ジェームズ
訳:木本 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784062626095
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「マリーおばさんと 7ひきの ねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現代の社会問題が絵本に

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。ねこ5匹と一緒に住むマリーおばさんは、近所にねこのことで問題を起こしてしまい、役所から引越しさせられてしまうという現代の社会問題を取り上げた絵本です。おばさんが引越しさせられてしまっても、ねこたちはそのまま住み続け、おばさんを待ち続けます。おばさんはねこたちを心配して元の家まで行き、元気であるねこを見て、自分だけがねこたちをかわいがっているわけではないことに気づき、ねこの新しいオーナーを探そうと思う、というお話です。読み続けているうちに、もしかしてとてもさびしいエンディングになってしまうのではないかと思うくらいちょっと心配もしましたが、濁してあるものの、その心配は不要です。社会問題としてとりあげるだけではなく、ちゃんとひとつの解決策を提示されているので、いい絵本だとは思いますが、子供には難しすぎたみたいです。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族

    マリーおばさんの出した決断にちょっとびっくりしています。ねこたちの幸せを思っての潔い決断だと思いました。7匹のねこのお世話をすることでいつまでも生き甲斐があるから身体も動かしていけると思う私なので家族は一緒にいた方がいいと考えてしまう私なのでした。市役所からの専用住宅では、きっと生活の便利で明るい場所、なにより古くて危険だからとマリーおばさんのことを思ってのことだから仕方ないのだと思いました。ねこたちの新しい家族に可愛がってもらえるからと、ねこたちの幸せを一番に考えてるマリーおばさんの決断だからよかったんだと思いました。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいおばさんの感動します。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    どんなお話かは、ちょっと読めてしまうところもございますが・・・・・・。
    猫好きの方にとっては、マリーおばさんの気持ちや7匹の猫たちの愛らしさに共鳴する作品だと思います。
    イラストも色鮮やかで、ブルーが印象的なだったのですが、マリーおばさんの優しい姿と1匹1匹個性があって、可愛い猫ちゃんたちの仕草や表情を見ると、誰しもが、放ってはおけなくなるに違いない!そんな心のあたたか〜くなる絵本でした。

    掲載日:2006/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット