すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ちいさなもののやすらぐところ」 みんなの声

ちいさなもののやすらぐところ 作:マーティン・ワッデル
絵:ジェイソン・コッククロフト
訳:おがわ ひとみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784566007925
評価スコア 4
評価ランキング 19,975
みんなの声 総数 4
「ちいさなもののやすらぐところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やすらかな夜

    とても素敵な絵です。
    子供にとっては、大人っぽいと思うかもしれませんね。
    物語は、キリスト誕生の夜の出来事です。
    そのわりには、あまり宗教色がなくて、信者でない私にも読みやすかったと感じました。
    クリスマスの時期に、いい絵本ですね。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • イエス・キリストの誕生

    とても優しい顔をしている動物たちに囲まれてる赤ちゃんの周りにたち込める光りに魅せられます。光りまで優しく画かれていると思ったら、イエス・キリストの誕生だったのですね!おうしの、「ここは、ちいさなものに用意された場所ですから」の繰り返しに心が安らぎます。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神々しく厳かな感じ

    表紙の文字が金色で、動物たちの真ん中に寝ている赤ちゃんにも光が降り注がれ、とても神々しく厳かな感じを受けました。

    途中まで全く気付かなかったのですが、キリスト生誕の夜が描かれたお話でした。

    おうしが住む牛小屋。そこは、来た物を拒むことなく受け入れる牛小屋でもありました。

    動物たちがやって来るたびに「ここは、ちいさな ものに よういされた ばしょですから」とおうしが言うのが、とても印象的です。

    息子は、キリストのことを知らないので、やって来たマリアとヨセフを不思議そうに見ていました。

    動物の絵が写実的でありながら、とても静かで優しさを秘めているのがとてもお話に合っていると思いました。

    クリスマスは、キリストの生誕の日であるということを改めて思いおこさせてくれるお話だと思いました。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聖夜に起こった、優しいお話です。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    寒い冬の夜、凍えた体を休ませる為に牛小屋へやって来る動物達、この場所では、大きい、小さい、強い、弱いは関係なく、寝床を与えて貰えるのです。
    この物語の牛小屋は、聖域なのでございます。
    牛小屋と言えば、ピンと来る方もいらっしゃるとは存じますが、小さな者が、この世に誕生し、美しく格調高いクリスマスの絵本です。
    動物達の姿が、印象的で素晴らしいイラストの絵本です。

    掲載日:2006/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット