まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

かいくんのおさんぽ」 みんなの声

かいくんのおさんぽ 作:中川 ひろたか
絵:荒井 良二
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784265034512
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,259
みんなの声 総数 29
「かいくんのおさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 国籍不明のシュールなお話。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    必ずしも相手の方が望んだ物ではない物に変貌を遂げてしまう、かいくんからのプレゼント。これがこのお話のおもちろい所ではないでしょうか。この親にしてこの子あり。私も是非この夕飯の席に混ぜて欲しいものだと思いました。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鼻にイカが!

    中川ひろたかさんが大好きで、調べていたら、
    この絵本と出会いました。

    実はあまり荒井良二さんの絵が好きではないのですが、
    この絵本は、文と絵がとても合っていて、すてきです。


    かいくんがおさんぽしていると、何かが飛んできて、
    かいくんの体にくっつきます。
    それを通りかかった動物たちが「いいね」と褒めると、
    かいくんは気前よくそれをあげてしまいます。

    動物たちがもらった物は、やがて動物の体の一部にくっつき、
    かっこよくなった動物たちが満足して去っていくというストーリー。

    そんなやり取りが続くのですが、
    息子は、ライオンの鼻にイカがついたシーンが大好き。
    「らいおんのはながね、イカになるんだよ!」と大騒ぎ。

    そして最後に、動物たちがほしがったのは・・・。

    ぜひお父さんと一緒に読んで欲しい作品です。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に大ウケ

    かいくんがお散歩中にいろんなものと出会います。そしてとっても不思議なことが。魚がねこのしっぽになったり、ドーナツがきりんのネックレスになったり、おもちがあしかのはらまきになったりと、予想もできない楽しい展開に、子供たちは大ウケでした。
    最後に登場するギターを持ったおとうさんが素敵です。動物たちが欲しいと言ったものはなんでもあげてしまったかいくんですが、おとうさんだけはダメって断っていて、かわいかったです。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハチャメチャお散歩

    かくんの散歩はとっても面白かったです。物がどこからかやってきて、かいくんの体にくっついて、それをっであったほかの動物たちが欲しがるのであげると、とんでもない形に変化していました。うちの子はこのお散歩がとっても面白いって言って、自分もこんな散歩したいな〜って言っていました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ?へんな本

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。とても仲のいいお友達に「かいちゃん」がいたのに引っ越してしまったので、読んでみました。ところが、ちょっとヘンなお話で、なにがなんだか・・・。

    お散歩をしているかいくんに色々なモノがひっついてきます。ドーナッツやおもち、いかなど・・・。それを欲しがる動物もいるのですが、あげるとかいくんにひっついていた方法とは異なる方法でひっついて行きます。そこでひとこと・・・これはだじゃれ?最後には、かいくんのパパも登場して、かっこいいパパに連れられてご飯を食べにいきました。

    なんだか脈絡もストーリー性にもかけた本で、3歳の息子にはもちろんだじゃれ?がわかるはずもなく、私もそのだじゃれがおもしろいとは思えず、とても中川ひろたかさんの絵本とは思えず、唖然。個人的にはあまりおすすめできない本でした。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒井さん

    荒井さんの作品だったのでこの絵本を選びました。独特な愛らしい雰囲気の描き方にうっとりしました。主人公が色々な動物にとても気前よく接しているのが素晴しいと思いました。登場人物も様々な個性を持っていて細部まで楽しめる絵本でした。主人公が父に抱く愛情が以下に大きいのかを思い知らされ感動しました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かいくん

    今年の卒園生に、「かいくん」と言う男の子がいました。

    孫はお友達の名前を覚えるのが得意で、やっぱり、「かいくん」のこと

    は覚えているみたいです。

    人が大すきな孫だから、お友達のことも覚えれるんだと思います。

    内容は理解していなくても、「かいくん かいくん」と言って喜んで

    いる孫です。なんでも出会った動物さんたちに気前よくあげてしまう

    かいくんですが、おとうさんだけはやっぱり断ったかいくんです。

    当たり前といえばそうですが、おとうさんをあげないかわりに、皆を

    夕食へ招待したのがかいくんのおとうさんらしいと思いました。

    私ならきっと食べ物なんだから、自分で食べてしまいそうです。

    素敵な持ち物へ変化していくのが面白かったです!

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいナンセンス!

    シュールです。
    ナンセンスです。
    笑えます。
    荒井良二さんの挿絵が最高です。
    遠近感もへったくれもないです。
    不思議な世界です。

    繰り返される散歩中のできごと。最後は一体どうまとめるのだろう?と思ったら、そうきましたか!「ぼくたちもそのおとうさんがほしいな」で吹き出しました。
    娘の感想は…「かいくんのお母さんはどこ?」

    子供と大人では、きっと感じるところが違うと思いますが、親子での会話もはずむ楽しい絵本です♪

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくほのぼの

    • まめ太さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子0歳

    次は何がとんできちゃうの〜?とわくわくしながら読んでしまいます。
    文のリズムがよいのと明るい色調のおかげか、5ヶ月の息子もいっしょうけんめい最後まで見ています。

    動物たちに次々と気前よく物をあげちゃうかいくんも、大好きなおとうさんはあげられませんよね。
    ほのぼのした絵の最後のページまで大好きです。

    夫は読み聞かせながら「このおとうさん自由人でいいなぁ」とつぶやいていました・・・。
    ほんと、なんの職業しているのか気になる、はじけたおとうさんです。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • それで・・・?

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子14歳、女の子13歳

    感想のタイトルが否定的に見えるかも知れないけど
    オススメなんです。

    だって本当に「それで?」って終り方なんですよ。

    そして、おやじギャグ満載。
    え〜!ってギャグが出てきて面白いんです。

    でも、わたしのお気に入りは本編とは関係のない(と思われる)
    隅っこにいろんな登場人物(動物も)がいるんです。
    小さいんですが、よく見ると、手を抜かずに細かい描写で
    これがいいんです。

    もうひとつ、お気に入り
    ライオンです。見たことないライオンに巡り会えるは・ず(^。^v

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット