ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ブーアの森」 みんなの声

ブーアの森 作:せがわきり
絵:忌野 清志郎
出版社:TOKYO FM出版
本体価格:\1,333+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784887450691
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,697
みんなの声 総数 10
「ブーアの森」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブーアが暮らせるきれいな町をつくろう!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    森で遊んでいたしょう君は、木の精のブーア(ブルーアース)と出会います。
    ブーアの目は、嬉しいと青、悲しいと黄、命にかかわる状態では赤くなります。
    しょう君は、ブーアの目が赤くなったら森にかえす約束をして、
    ブーアを連れて帰りますが・・・。

    酸性雨、ゴミが廃棄された池、森の木の伐採と環境問題を扱った物語ですが、
    何よりも忌野清志郎さんの絵に、強いメッセージを感じました。

    くるくるくるくるくるくるぱっ!
    ブーアの目の色が変わる場面が印象的。
    少し暗い気持ちにもなってしまうけれど、希望の持てるラストが良かったです。
    ブーアに、また迎えに行くと約束したしょう君に共感して、
    息子も、環境問題を自分のこととして考えられたようです。

    絵本のそでにある、メッセージなどからも
    子ども達に現状を知って欲しい、出来ることから一緒に始めよう!という大人達の真摯な想いを感じます。
    子ども達が環境問題に触れるツールとして、
    園児さん位〜小学校低学年のお子さんにおすすめです。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにおすすめ!

    この本は子供の通っていた小学校の読み聞かせで読んだ本です。インパクトのある、わかりやすい絵なので集中して聞いてくれました。後日、担任の先生から「あの後、みんなでブーアを探して学校の木を見て回ったんですよ。」と言っていただきました。絵も文も子供たちの中にスーッと入っていく本だと思います。わかりやすい言葉なので、小さい子供でも環境問題を考えるきっかけになる本だと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力の絵で語る環境絵本

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    癌闘病の末亡くなったミュージシャン忌野清志郎さんの作品。
    単なるタレント本かな、と思ったら、どうやら環境絵本らしい、ということでセレクト。
    予想以上に内容のある作品でした。
    木登りが好きなしょうくんが森で木の精と会い、出会ったのが、
    不思議な生き物、ブーア。
    ブーアの目は、危険に応じて青、黄、赤と変化するのです。
    連れ帰ったしょうくんは、自分の住む環境に目を向けます。
    とても迫力のある絵です。
    生前の奇抜なファッションに通ずるところがあるのかもしれません。
    遠目が利きそうだったので、おはなし会で読んでみました。
    テーマ的に難しいかな、とも思いましたが、
    ブーアという、親しみやすいキャラクターに子どもたちが惹き付けられて、
    しっかりと聞いてもらえました。
    やや重いテーマでしたが、そのメッセージがきっと伝わったと思います。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • くるくるくる…

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    表紙いっぱいの絵。
    題名の上には「忌野清志郎 絵」と書かれていました。
    どんな本なのでしょう。。ちょっと興味を引きました。

    力強い絵の中で、主人公のしょうくんやブーアはとてもかわいらしく優しい印象がありました。
    目の色が変わるブーア。
    その変わる様子が

    くるくるくるくるくるくるぱっ!

    これがまたいいリズムで、ちょっと怖い木の精の雰囲気などをおさえてくれている感じです。
    とっても気に入りました。

    しょうくんの涙のシーンでも、その強いメッセージを感じました。とてもよく表現されていると思いました。

    環境問題の本もいろいろありますが、
    子ども向けでとても理解しやすい。
    何よりも忌野清志郎さんの強いメッセージを持った絵がとても印象的で心に残りました。

    掲載日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の地球は、、、

    この絵本は知り合いからプレゼントしていただきました。
    絵は斬新で非常にインパクトがあります。
    内容は地球の環境保護を強く訴えかけています。
    訴え方も物語的に上手くまとめられています。
    2歳の娘にはまだ内容はわかりませんが、これから先、娘にはこの本を手に取って内容を理解してもらいたいなぁと。
    「自分さえ良ければ良い」という考えはダメなんだよと。
    (親を含めてですが、、、。)

    掲載日:2003/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブーアの目は注意信号

    ブーアの森、沢山の人に読んでもらいたい絵本ですね。
    そして、地球環境のことを真剣に考えて欲しい。
    からすの言葉に
    「すてるのはかんたんだが、ひろうのはたいへんなんだぞ」
    私の心にずきんと響きました。
    今、どこを見てもごみが捨てられている状況を、少しでもこの絵本を読んで、考えてくれたらと感じました。

    かわいいブーアがいつまでも生活できるような環境が欲しいね。

    掲載日:2002/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が斬新!!

    今までの子供の絵本と違って、その絵の斬新さにびっくりしました。
    うちの子も、その迫力に絵に吸いつけられたかのようにみてました。
    なので、まだ本が読めないお子さんでも大丈夫だと思いますよ〜
    もちろん、大きくなって、この本の内容に気づいてくれることを祈ってます。

    掲載日:2002/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブーアが生きられますように

    環境に対してとても興味深い一冊です。
    イラストも原色がきれいで子供もすっかり絵本の世界にはいりこんでいきました。

    掲載日:2002/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実!

    ブーアの森を読んだとき、凄く現実を感じました。
    今の時代緑も少なくなってきているのは、本当なんだと!
    ブーアを今の子供ではないかと感じられました。
    外で遊ぶといっても なかなか遊ぶ所が無いのが、現実。
    そんな、今を見つめ直す事が出来る1冊では無いかと。
    3歳の子供に読んで聞かせましたが、少し難しいかな?
    でも、いつしかこのブーアの森を理解してくれると思いますね。

    掲載日:2002/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今、自分がやるべき事

    地球の環境保護についての絵本です。今まで人間が出してきたゴミで地球が破壊されていく不安をこれからどのように解決していくべきなのか?と、作者は問いかけているようです。絵本は、森と動物と少年の会話成り立っているので子供にもわかりやすく書かれており、絵も色彩豊かで印象に残ります。子供たちの将来のためにも今、私たち大人が地球の環境保護のために何かしなくては・・・読んだ瞬間からそう思える絵本です。自分自身、環境のためにできるところから改善する毎日を送っています。本一冊で自分がこれだけ変われたのは初めてです。

    掲載日:2002/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / よるくま / たまごにいちゃん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット