おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ベンの見た夢」 みんなの声

ベンの見た夢 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,456+税
発行日:1996年
ISBN:9784309262833
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,808
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  翻訳者である村上春樹さんに「字が一字もなくてもこの絵本は成立してしまう」とまで言わしめてしまうC.V.オールズバーグの絵本ですが、この作品はモノクローム。
     しかも、ほとんど文字がないので、村上春樹さんのいうことを実践するのに適した一冊です。
     これがなかなかいい。
     昔のモノクロームの映画が見ている感じがします。
     最近の映画はちょっと色が跳ねすぎて、目が疲れます。
     その点、この作品はそうではない。

     この作品で良くわかるのが、動きです。
     とても動きのある絵が続きますから、まるでアニメーションを見る感じで読めます。
     はじめにこの物語の主人公の二人、ベンとマーガレットが自転車をこいでいます。
     最初は野球をしようと思っていた二人ですが、マーガレットが明日の地理のテスト準備で家に帰るというので、ベンもつまらないので家に帰って地理の教科書を広げます。
     ベンの夢がここから始まります。

     絵本というのは、書かれている言葉にこだわらなくてもいいと思っています。
     読んであげる人が自由に言葉を変えてもいいのではないか。
     相手の表情や心に合わせて、言葉を変えていいのではないでしょうか。
     特にこの絵本のようにほとんど文字がない作品は、その自由度が増えます。
     だから、読み聞かせなんかにはとてもいい。

     村上さんが「字が一字もなくてもこの絵本は成立してしまう」といった気持ちがよくわかります。
     字がない分、絵をいっぱい楽しむことができます。隅々まで楽しめます。
     この絵本には最後に絵をいっぱい楽しんだ人にしかわからない仕掛けがあります。私は残念ながらページを逆戻りして、その仕掛けを見つけるはめになりましたが。

     そういえば、村上春樹さんの最近の長編小説といえば『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』でしたが、まさかこのオールズバーグの絵本がヒントになったってこと、ないですよね。
     村上春樹さんの小説のファンだったら、翻訳絵本も絶対はずせません。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あのセリフを読んだら、前のページを確認

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    これはまた、すごくこだわりのある手法で描かれています。
    パッと見、まるで木彫りの版画絵みたいです。でも、たぶん版画ではなくて、細かい線画かな〜って、気がします。
    最初と最後の方だけに文章があり、ベンが夢を見ている間には文はありません。
    夢の中のどのページも、見ごたえのある歴史的有名な建造物などが登場するので、文字はなくてもゆっくりじっくり眺めて楽しんでほしいです。
    最後の最後に面白い謎かけみたいなセリフがあるので、それを読んだら、ほとんどの人が前のページをめくって、確かめたくなるんじゃないかな?
    かくいう私もつい、確認してしまいました。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 様々な可能性を見せる初期作品

    オールズバーグの初期の作品だそうですが、様々な作品につながる可能性を感じさせてくれました。
    オールズバーグといえば独創的な「夢の世界」を描いて印象的なのですが、この絵本には夢の中の世界が拡がっています。
    オールズバーグといえば「どこかぶきみさ」を見せる作品が多いのですが、この絵本に描かれている世界各地の名所に描かれる顔の表情が、オールズバーグだなって感じです。
    オールズバーグといえば、どの作品にも「緊張感」があって、「オチ」があるのですが、この作品も単純ではありません。
    オールズバーグの絵にはいくつかのパターンがあるのですが、この線画の延長に『2ひきのいけないアリ』につながり、次のモノクローム世界や、カラーの世界が広がっているのでしょうか。
    いずれにしろ、オールズバーグのファンには楽しい絵本です。
    読み聞かせには向かないかもしれません。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力あります

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    よく怖いものなんかを見たときに、「夢に出てきそう」なんて言ったりしますよね。
    ベンの見た夢も、怖いものではありませんでしたが、それと似た感じのものでした。

    世界の名所が次々と水にのまれていくシーンは、かなり迫力があります。
    そんな中、チラッと気になった人影。
    その場ですぐ前のページに戻って確認してしまいました。
    やはり、そこがオチに繋がるわけですね。
    ベンの最後の行動に、不思議な体験がとてもさわやかに感じました。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり、最後にオチが…

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子17歳、女の子14歳、女の子13歳

    モノクロで描かれたオールズバーグ初期の作品との事なので、「さあ、犬になるんだ」や「まさ夢いちじく」から見ると緻密さはないかなという印象を受けます。
    でもそこはさずがにオールズバーグ。
    そこにある世界の名所はいきいきと描かれ、絵葉書では見ることのできないアングルに感心します。

    マーガレットと野球の約束をして別れ、家で地理の勉強をしながら眠りをしていたベンは、外の変化に気付いて目を覚ますと、そこは海?
    家ごと流され流されて世界を回ります。
    マーガレットに起こされ、夢と気付いたベンでしたが、彼女の口から出た言葉にベンはにやり。
    読み終えた後、またページをめくり直して見ること間違いなし。
    多数ある作品の中でも、あまり考え込まずに読める作品だと思いますが、中心のページは挿絵のみである事、派手さや盛り上がりのある筋ではないので、高学年向きでしょうか。

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な余韻が残ります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    注目すべき初期の傑作とあるように、1982年のクリス・ヴァン・オールズバーグが33歳の時の作品です。
    今と画法が異なっており、「2ひきのいけないアリ」と同じ手法で描かれています。

    主人公のベンとマーガレットが、午後の野球の約束まで時間があるので、お互い明日の地理のテストの勉強をするので、自転車で家に戻るシーンから始まります。

    ベンは、地理の教科書を開いていたら睡魔におそわれ、気づくと家が水に浮かんで世界の名所を巡っているのです。
    文字のないページが続きますが、見開きを使った大きな構図に引き込まれてしまいます。

    そして、マーガレットに起こされるて夢から覚めるのですが、エンディングでは驚愕の事実がわかり、果たしてそれは夢だったのか?不思議な余韻を残して物語は終わります。

    果てることのないオールズバーグならではの不思議な世界が展開します。
    彼の作品を知る入門書として相応しい作品だと思います。
    世界の名所を知らないと物語に馴染めないので、地理好きの小学生高学年くらいからが対象かと思います。

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初期の作品の味わい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    不思議な味わいのオールズバーグの初期の作品ならではの、
    シンプルな味わいですね。
    ベンは明日の地理のテスト勉強をしていると睡魔に襲われて・・・。
    世界の名所の暗記と言うことで、なんとその名所が、次々と出現するのです。
    これはやはり、あ、これはスフィンクス、万里の長城・・、
    とわかる年齢からではないと楽しめません。
    ということで、思わず中二の長男に薦めてしまいました。
    実は昨年の学習発表会で、彼のクラスは世界遺産の展示発表でしたから、
    さすがに苦笑いの長男。
    来週の中間テスト、頑張ってね!(範囲は違うけど。)
    それにしても、最後のオチもシンプル。
    ということで、私はむしろ、女の子と野球に行く、
    というシチュエーションの方に、驚いてしまいました。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢でよかった!

    毎回、頭の中に不思議な世界を描かせてくれる
    オールズバーグの作品。
    たくさんの作品に目を通してみたいと思い、図書館で探してみました。

    表紙の絵もとても不思議な感覚。

    明日のテストに控えて世界中の名所を覚えるベン。
    その世界が目の前に訪れたらみなさんならどうする?

    線の集まりで描かれた挿絵が妙味印象的で神秘的な雰囲気を感じさせ
    現実なのか?夢なのか?
    不思議な世界に入り込んでいきます。
    またまた、オールズバーグの不思議な世界に魅了するばかりで
    他の作品も読んでみたい!と思いました。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むのがむずかしい!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    明日のテストのために、地理の本を読んでいたベンは、いつの間にか眠ってしまいます。そして・・・。
    最初3ぺージと最後の3ページだけ文章がついています。肝心の「夢の内容」には文章がなく、迫力のある絵だけで話が進んでいきます。充分に語っている絵ですし、内容的にも、読者がそこから自分で物語を読み取っていかなくては面白みも半減してしまうのかもしれません。
    でも、あまりにも文章のないページが多く、しかもそこがポイントなので、なんとも読み手泣かせの本なのです。
    子どもは結構自分で楽しんで見ているのですが・・・。
    「夢の内容」だけでなく、最後のオチもなかなか面白いものがあります。オールズバーグの本は本当に最後まで気を抜くことができません。

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット