庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かくれんぼ」 みんなの声

かくれんぼ 作・絵:スズキ コージ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1999年
評価スコア 3.7
評価ランキング 29,953
みんなの声 総数 9
「かくれんぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スズキコージさんの描くかくれんぼははんぱではありません。
    穴の表裏は別世界。
    景色が動物になったり、服になったり、いつの間にか見ている私もかくれんぼに参加していました。
    なんともミステリアス。
    でもボンちゃん、女の人のスカートに隠れるなんて反則わざですよ。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なセカイのかくれんぼ

    不思議なセカイのかくれんぼです。
    穴あき(のぞき穴)の仕掛けもあって楽しいのですが、やっぱり普通じゃない!
    なんといっていいかわかりませんが、単純に、どこかなどこかなみーつけた、というかくれんぼではないです。
    好き好きかもしれませんが、おとなも子どもも楽しめます。
    スズキコージさんの本は、子どもは奇妙がるかな、と時々思うこともありますが、うちの子は大好きすぎるくらいで、いつも楽しんでいます。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • アートです

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    読み聞かせにどうだろう…?って思って
    図書館でお借りしましたが、向かないだろうな…。
    ご家庭で手元で楽しむ本だと思います。

    スズキコージさんの本は、好き嫌いはわかれると
    思いますが、内容じゃなくて、アートなんだなぁと思います。
    穴が開いていて、しかけ絵本っぽいけど、
    かくれんぼするための穴じゃなくて…。
    私にはちょっとよくわからないんだけど、それでも手にとって
    しまって、何度もめくってしまうのが、スズキコージさんの
    パワーなんだなぁ…と思います。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な絵!

    スズキコージさんの絵は、とっても斬新な感じ
    がして、なぜか目を奪われてしまいます!
    この「かくれんぼ」も題名はなんだかおだやか
    なのに、中はなかなか濃いって感じなんです。
    でもちょっとしたしかけもあり、色も鮮やかな
    ので、0歳の娘もよく見てくれています。
    不思議な魅力を感じさせてくれる絵本ですので、
    ぜひ一度読んでみてください♪

    掲載日:2012/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここはどこ?

    かくれんぼして、見つけます。
    穴あき絵本です。
    でも普通と違うのは表紙を見てすぐわかります。
    一体ここはどこなんでしょう?
    置物か、生き物かもわかりません。
    不思議な世界。こわいような楽しいような。
    そんな空想の世界。
    もしかして現実かしら?
    いろんな気持ちになるスズキさんの絵本です。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いやですよ」

    「こんな町行ってみたい?」と何げなく聞いたらば、しばらく考えて
    「・・・いやですよ」との答え。
    でも穴は気になるみたいで、しばしば本棚から出してくるのでした。
    特に最後のボンちゃんが気に入ってぼろぼろになってきました。
    しかけに無理が無くてすごいなぁと思います。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特!!

    子ども達がかくれんぼをするお話です。

    子ども達が見つかるまでの過程を描かれているのですが、穴あきの仕掛けがあるので、とても面白いと思いました。
    また、スズキコージさんの独特のイラストや世界観が十分に堪能できる絵本だと感じました。

    スズキコージさんのファンにとっては、オススメの一冊です☆

    掲載日:2008/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこどこ?

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    文章が少なく込み入ったカラフルな絵の中から
    かくれんぼをしている皆をさがしていく
    少しウォーリーを探せににているかも・・

    ストーリーは単純。かくれんぼそのもの
    穴が開いていて探す為のヒントになっていたり、ただの穴だったり  でもその穴が絶妙な場所にあり子供の目がグルグルと
    本の上を穴を探して動きます
    探す事に夢中になります

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術的な穴あき絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    話の内容云々よりも、「初めに穴あき絵本ありき」というような絵本です。作者のスズキコージさん自身が、本当に楽しんで作りました!というような感じが伝わってきます。
    5人の子ども達が(名前が、カンちゃん、クンちゃん等「かくれんぼ」からとっています)、街の中でかくれんぼを始めて、全員が見つかるまでを描いているのですが、街の様子が「ここは一体どこなんでしょう?」というくらい奇抜です。それを眺めているだけでも、充分楽しめます。
    また、穴が一見どこにあいているのか分からないくらい絵の中に溶け込んでいるので、ページをめくった時に、「こんな所に穴があったんだ」と新鮮な驚きがあります。
    私の手元にあるのは、こどものとも年少版ですが、3、4歳児は、この穴と街の様子を面白いととるか、スズキコージ独特の絵のおどろおどろしさを怖がるか両極端に分かれるような気がします。

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット