十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

木のきもちカタツムリのきもち」 みんなの声

木のきもちカタツムリのきもち 作・絵:菅原 たくや
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1993年
ISBN:9784579403295
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「木のきもちカタツムリのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ものすごく道徳的なものを伝えたがってる?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    作者は本業は≪漫画家≫さんです。なので、絵本として作られれていますが、なるほど!と、思いました。

    かわいらしい動物たちのキャラクター。
    はっきりした線で見やすいですし、言葉も簡潔で分かりやすかったです。
    ただ、根底に道徳的な、はたまた宗教の教えみたいな荘厳としたものが見えてくるので、今どきのお子さんたちには掴みにくいストーリーかもしれません。

    一つの作品としては魅力的なので、哲学的な内容にも理解と興味が持てる小学校高学年以上、中学生・高校生くらいのお子さんたちに紹介してみたいです。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • カタツムリさんの思いやり

    絵が、かわいらしく、マンガのようで子どもが親しみやすい感じでした。

    シンプルなお話の中にも奥が深く、子どもなら子どもなりに、大人なら大人なりに色々受け取れると思いました。

    悲しいお話になるのかな、と心配していたら、最後の展開にほっとしました。生命力の強さ、大丈夫という言葉の心強さを改めて感じました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きるためには 森が大切!

    どうしたわけか 森の木が枯れて 一本の木だけが残った
    こんな書き出しでお話が始まります
    絵が お話をしてくれます

    森の生き物たちは 木の恵みで生かされています
    いきんが為に奪い合い 強いもの 弱いものが それぞれが奪い合うのです

    小さな カタツムリは たべるものがないの・・・・
    ちょっとかわいそうだな〜
    弱肉強食の世界に生きている生き物たちの宿命かしら

    このお話の木は えらいな〜 みんなのために 実をならし食べさせてあげる(これは木の役目かもしれませんね)
    木のおかげで生かされている(私たち人間もそうですよね!)

    木とカタツムリのきもちそれぞれ違いますが 木は優しい! カタツムリは木のおかげで 生かされ良かったね!
    木に感謝です!(私も)
    森を守りましょう! 

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深いです。

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    枯れた山にのこった1本の木とそこにいる動物達の
    お話でした。
    その動物達のために一生懸命実をつける木や
    分け合わない動物達の姿に子供達は残念な思いに
    なったようでした。

    ちょっと深すぎて我が家の子供には???な思いが
    残ったようですが、題名通り木やカタツムリの気持ちが
    少しでも伝わるといいな〜と、思いました。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったね!と温かい気持ちに♪

    漫画家の菅原さんの絵本作品です。
    そのため、絵はやっぱりマンガっぽいのですが、お話にすごく惹かれました。
    森の緑が全て枯れた中で1本残った木。
    赤い実をつける木に動物達が群がり、弱肉強食の世界!
    手にすることが出来なかったカタツムリは動く元気もなくなってしまいます。
    動物達が去った後に1つだけ残った実を見つけるのですが、、、
    自分も辛いのに、木を思いやることが出来るカタツムリの優しさが心に染みました。
    最後の結末に、ホッとほんわかした気持ちで絵本を閉じました。

    掲載日:2008/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にくるものがある!

    言葉数は少ないけれど、短い絵本の中には心に
    ぐっとくるのもがあり、なかなか深い絵本だと
    思います。
    木のきもちも、カタツムリのきもちも、とっても
    すばらしいと思います・・・

    掲載日:2006/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット