ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

おばけのもり」 みんなの声

おばけのもり 作:石津 ちひろ
絵:長谷川 義史
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784097261810
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,763
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • おばけいっぱい

    おばけの絵本読みたーい。と息子が選んだ一冊です。
    長谷川義史さんの絵本も好きなので、表紙でまず食いつきました。大好きなたこ焼きをおばけが「あつあつでっしぇー。」とおおうけ。
    中身ももちろん。いろいろなおばけが登場するし、なんだかおもしろいアイウエオ作文?楽しみが満載です。
    夏にまた読みたい一冊です。
    おばけ好きにおすすめです。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名前詩を作ってみるのもいいですね

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子9歳、男の子7歳、女の子3歳

    たこやきから始まり、妖怪の一つ一つ登場するごとにその名前から生まれる詩。
    子どもと一緒に作ってみたくなりました。

    妖怪の登場の仕方もまた、読み手をワクワクさせてくれます。

    3歳頃から楽しめる絵本と思いますが、この絵本を参考にものの名前を使って詩を作ってみることをやってみたりすると、小学生ももっと楽しめる絵本です。

    掲載日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの世界へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おばけの世界へ行ってしまったヒロシくん。
    おばけといってもくいしんぼうだったり、ぞうさんのうたをうたっていたり、ユーモアがあって怖くないおばけたちです。
    だいだらぼっちとかろくろくびとか子どもは知らなかったかも。妖怪の勉強になりました。

    掲載日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけに詳しくなりました

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    とにかくおばけたちの絵がかわいい。
    怖いというよりはついつい笑ってしまうおかしなおばけです。
    そして幼稚園生にも
    小学生にもとっても役立つことばあそびで構成されています。
    ろくろっくび
    ひとだま
    やまおに・・・と面白おかしく読んでいるうちに
    おばけの種類に詳しくなってしまうような絵本です

    掲載日:2015/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけのことばあそび

    おばけの本が大好きな娘に、とにかくおばけの本を
    読み聞かせしているのですが、この絵本は、おばけ
    もたくさん出てくるし、そのおばけの名前で、
    あいうえお作文のような言葉遊びになっているので、
    とっても楽しく読むことができました!!
    覚えやすいフレーズもあり、一緒に声に出して
    言ってくれるページもでてきて、ふたりで楽しく
    読んでいます。
    言葉遊びをしていくなかで、あいうえおを覚えてくれ
    たらいいなと思いました。

    掲載日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても楽しい

    最近おばけに興味津々の娘に。
    読んでみるとなんだかとても不思議な世界。
    おばけの名前がアイウエオ作文みたいになっててなんだか笑える。三歳の娘にはちょっと難しかったかな。
    でも絵が可愛いのでじゅうぶん楽しめます。
    夜寝る前に必ず読んでってもってくるお気に入りの一冊になったみたいです。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    最近おばけに興味津々の3歳の娘に。
    おばけの名前がアイウエオ作文みたいになっててなんだかとっても不思議な世界。ちょっと3歳の娘には難しかったかな。でもお話自体は理解できる内容で、絵も可愛いので怖がらずに楽しんでます。
    よーくみるとどのページにも小さなたこ焼きが1個隠れてます。
    結構難しくて娘とどこ?どこ??あっ!あったーー!とかなり盛り上がりました。1ページずつ隅から隅まで見てるとクスッと笑えるポイントがあり飽きることなく何度も読み返せます。
    寝る前に読んでってもってくるお気に入りの1冊になったようです。

    掲載日:2014/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ大集合♪

    友達と出かけた神社のお祭り。

    買ったたこやきころころ転がり、追いかけていくヒロシくん。

    辿り着いたのは不思議な不思議な世界の入り口。

    さてさて、何が待っているのかな?

    たくさんのおばけが大集合です。

    息子はこわいと言いつつ見るのが好きな様で、私に脅かす様に見せてきたりもします。

    ろくろ首を、絵に描いていた事も。

    そこまでイラストに恐怖感は感じないので、小さい子への読み聞かせは安心してもらってよいかと思います。

    あくまで私の主観です。

    暑い夏の時期におばけの絵本、なかなか楽しいですよ^^

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度見ても楽しめる

    3〜5歳児に読みました
    お化けにはまっている子どもたちは、またまたお化けの絵本に興味津津
    これはヒロシという男の子がタコ焼きを食べようとしたら、転がって、追いかけていると、不思議な世界の入り口に・・・・
    石津さんの言葉遊びがイラストとマッチしているのが面白い!
    そしてどこまでいっても「たこやき」があるんですね〜
    子どもたちの視力に脱帽です!
    タコ焼きだけを探す競争するぐらい、この絵本だけで色んな読み方で盛り上がってしまいました
    墓にも前のページにいたおばけが隠れていたり、へんな赤い天狗のような生き物がいたりと、何度見ても楽しめる絵本です
    読み聞かせにもお勧めです

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  •  ちいさいお子さんの中にもおばけファンはいますよね。
     “こわいもの見たさ”さから思わず手を伸ばしてしまいそうなコワ楽しい作品です。
     
     主人公のヒロシくんは、年に一度の神社のお祭りで、たこ焼きを食べていたら、ポロンとたこ焼きが飛び出して、ボールのように跳ねたたこ焼きを追いかけて、入って行ってしまったのが不思議な世界。

     出てきます。出てきます。
     怖いものがたくさ〜ん。
     食いしん坊なおばけ・透き通った歌声のひとつめこぞう・おしゃれなゆうれい・献血好きなきゅうけつきetc,

     学校嫌いながいこつの家庭を眺めて大笑い。
     終盤のみんな揃って大パーティは、怖いと言うよりもなんか楽しそう。
     怖がりな読者さんも、各見開きの主人公の名前の言葉遊びをしているうちに、コワイもの好きになってしまいそうです。

     近々行われる地域市民センターでのお話会のブックタイムのために持参しようと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット