十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

アルどこにいるの」 みんなの声

アルどこにいるの 本体価格:\0+税
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「アルどこにいるの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なものを捜す絵本です

    主人公と犬が遊んでいるとき、犬が人ごみの中で主人公とはぐれてしまいます。
    心配で食事も喉を通らない主人公の男の子。張り紙を貼ったり、あちこち探し回って、ついに犬と再会します。

    出てくる文章はとても少なく、大半が絵によってストーリーが進んでいきます。
    まだ、片言の2歳の息子には、とても内容がわかりやすく、お話がすんなりと入っていったようです。

    掲載日:2006/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこにいったのぼくの犬

    この絵本が、なんで子どもたちをこれほどまでにひきつけるのか最初分かりませんでした。プレゼントで頂いた時に、兄は1歳半くらいだったと思います。ぱっと見て、私は絵も好みでないしと勝手に思っていたのですが、子どもが本棚から読んでと持ってきたので、読んでみました。字は少ないので、少しアドリブを加えて読み進めると、ジーッと最後まで聞いているのです。そして、もう一回読んでとアンコール。私には、その面白さが分かりませんでしたが、それ以降も繰り返し持ってきて弟も今でもよく読んでいる本です。
    今になってみると、左に主人公が描かれ、右に犬の様子が描かれていて、どこに犬がいったのかを子どもたちは主人公になって探しているのではないかと思うのです。何度も読んでいるうちに、私もこの本のとりこになってしまい、この作者の大ファンになりました。
    絵本は、親の主観で決め付けるものでないなぁと考えさせられた作品です。

    掲載日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット