モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

のぞく」 みんなの声

のぞく 作:天野祐吉
写真:後藤田 三朗
絵:大社玲子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784834022049
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,785
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 覗いたら

    このお話は、いろいろな物を覗きながらそこから見える景色や感じることを描いたお話でした。うちの子はこの絵本を聞きながら「僕も学校で空き缶の中覗いたことあるよ!!」もう、この絵本を実践してたのに笑えました(笑)男の子には身近な事だったみたいです!!

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 写真がとってもいい

    穴があれば、のぞきたい。
    どうして?と言われても、なんとなく、そういうものです。
    どうなっているのかな?そんな好奇心を刺激されますよね。
    この「のぞく」は写真絵本です。
    何かをのぞいている人たちの写真が実に楽しい。
    のぞいているのは穴だけではありません。
    ダンボールの家の窓から、高い塀の上から、防波堤の向こうから、窓の外から・・・
    全部まったく違う種類の写真なのに、「のぞく」というテーマで並べると、こんなに楽しいものが出来るんだ、と驚きです。

    掲載日:2011/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 穴があったら、のぞく派?

    トビラの視力検査表が、子どもの心をしっかり捕まえてしまいました。
    写真と絵と楽しい文章。各ページの小さな穴から見える景色。
    遊びながら楽しめる絵本です。
    写真は20年前ぐらいの東京?街を歩く人の服装や、走る車に、懐かしさを感じます。
    子どものときに、公園のトンネルが、異世界との連絡通路のように感じた感覚がよみがえってきました。

    掲載日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何だか好奇心

    穴があったら覗く、気になることがあったら覗く、とにかく人は好奇心のかたまりです。
    写真と変な絵と、絵に施された不思議な穴ぼこが、不思議な感じです。
    こうして見ると、子どもも大人も、好奇心のかたまりですね。

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「のぞく」とは・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    日常のいろんな「のぞく」が映された白黒写真と、
    「のぞく」をテーマにして描かれたいろんな絵で構成されている絵本。

    写真のほうは、「これ、撮影許可とったのかな?」と
    思わず思ってしまうほど、日常の一コマです。

    絵の方は、???ですが、
    最後の解説を読んで、納得。

    息子はむしろ解説を読んで絵を楽しんでいたようです。
    一番気に入ったのはイギリスのレディ・ゴダイヴァの伝説。

    「のぞく」は古今東西、好奇心の現れなんですね。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • のぞくのって楽しい

    小学校4年生の娘が、図書館で見つけて熱心に見ていました。
    写真あり、イラストあり、楽しいしかけあり、セリフありという、ひと味変わった絵本です。
    いろんな場所でいろんなものをのぞいているひとたち。その姿はなんとなくかわいくて笑えました。
    さらにこの本は、仕掛けによって本当にのぞくこともできます。子どもと一緒に、思わず私ものぞいちゃいました。これは楽しいです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真と文章とあそび心と

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    これは!?
    絶対おもしろいに違いない!!

    だいたいにしてコラムニストの天野さんの
    文章ということですし

    「のぞく」行為は
    なんとも不思議な人間の行動ですよね
    興味があり過ぎ?
    ちょっと下心?あるから?

    写真を使っているのか
    そういう写真を選んだのか

    とにかく、想定外!のページが
    次から次へと・・・

    今度のおはなし会で
    是非、紹介してきます!!

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「穴がある」仕掛け絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    今タイトルの絵本が出ていること事体知りませんでした。
    なんとなく写真絵本を検索していて見つけました。

    シャッターのすき間から中に入り込む5,6歳の男の子二人。それも白黒写真で、「のぞく」というタイトルの下に星形に切ったメガネのような方が貼り付けられている表紙でした。
    この表紙を見ただけでも、いったいどんな絵本なんだろうと。わくわくしてきませんか?

    中は「のぞく」ことができるような仕掛け絵本になっていました。
    ちょっとした片貫された場所から何がのぞけるのか、読者はドキドキしっぱなしです。
    中表紙には視力検査表のようなものもあって、読んだり遊んだりできます。
    穴があることでイマジネーションが広がります。
    ぜひ、皆さんも「のぞい」てみてください。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついつい見てしまう

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    穴があったら、他の人が何かを見ていたら、ついつい見てしまいたくなりますよね。
    そんな人間の心理が絵本になっていました。

    写真も興味深いものばかり。
    穴あき絵本でもあり、その穴の形も凝っていて、ページをめくると、なるほど!となります。

    大きくなっても楽しめる絵本。
    大きくなってからが楽しめる絵本。
    どちらでもあると思います。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親も子も好奇心がくすぐられます

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子9歳、女の子7歳

    「のぞく」というタイトルに「なにをのぞくんだろう?」と、私がわくわくして借りてきました。

    意味が深く、子供には少しわかりづらいかなと思うところもありましたが、のぞき穴付きの絵と個性的な白黒写真がフォローしてくれてます。

    子供には好奇心をもって、いろんなものを見たり感じたりしてほしいと願っているので、この絵本をじっくり読ませることができてよかったです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット