もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ロバートのふしぎなともだち」 みんなの声

ロバートのふしぎなともだち 作:マーガレット・マヒー
絵:スティーブン・ケロッグ
訳:うちだ りさこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,150+税
発行日:1979年
ISBN:9784593600823
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
「ロバートのふしぎなともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カバがいっぱい

    学校帰りにカバがついてきて
    日に日についてくるカバが増えてくる。
    すごく驚きます。
    両親も心配で、相談する相手が魔女なんて。
    現実離れしたお話なのに違和感を感じません。
    線がのびのびしていて窮屈なこともない。
    魔女や動物が出てきて素直にわくわくします。
    ほのぼのして、ゆったりと読みたいです。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん増えていくカバ

    学校の帰り道、ロバートの後ろについてきたのは、なんとカバ。
    しかも、日をおうごとに、どんどん数が増えていくカバ。
    カバってあまり一般的な動物ではない(と思うので)なぜ、カバ?と思うけれど、このついてくるカバたちの実にやさしそうな、おだやかそうな表情がいいです。
    で、どんどん増えていくカバに困ったお父さんが、考えたことがまたユニーク。
    「魔女に頼んで、おまえがカバにすかれないようにまじないしてもらうしかない!」
    そんな考え、なかなか浮かばない...
    そして、これまた、やってきた魔女の品の悪さに、またびっくり。
    なんだか、不思議な展開のお話ですが、最後もちゃんとオチつきで、うちの子もそうだけど、動物好きな子供たちは、きっと喜ぶだろうな。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの〜

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     ロバートという男の子が学校から帰ろうとすると、1ぴきのかばがついてきます。一緒に家へ帰り次の日には4ひき、次の日には・・・と増え続けとうとう43びきに!増えたかばに困ったおとうさんとおかあさんは魔女をよび、かばはいなくなるのですが・・・
     動物の好きな子供さんにおすすめです。
    学校帰りについてきて、増えていく・・・喜びます。
    魔女が出てくるのもどうなるんだろうと期待感たっぷり。
    1ぴき1ぴきのかばの表情がいきいきしています。風景の色合いも暖かくなんともいえずほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
     娘は1ぴきでも大きいかばが増え続け、家の庭にいるのがおもしろいらしく喜んでいました。後半かばがいなくなってがっかりした後に出てくる動物(こちらも表情がよくって素敵です。)に大喜び。一緒に家に帰るロバートたちに大喜び。裏表紙が一番のお気に入りで、顔をなめてもらってるロバートにいいなあとうらやましい様子。裏表紙に魔女がいるのを見つけ得意げでした。

    掲載日:2006/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット