ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おおきなおおきなたね」 みんなの声

おおきなおおきなたね 作・絵:波佐間 明美
本体価格:\0+税
評価スコア 3.76
評価ランキング 29,414
みんなの声 総数 24
「おおきなおおきなたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 種の一生

    • てたさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    種の一生が色々な音で表現されていて、とても良い絵本だと思いました。
    絵本に引き込まれました。
    ページをめくる時に、次はどんな音だろうっとワクワクしてました。

    子供にも、分かりやすく種の一生や花はどうやって咲くのかを伝えられる素敵な絵本だと思います。
    もし、このおおきなおおきなたねの絵本が購入できたらなっと思いました。
    今度は子供と一緒にこの絵本を読みたいと思います。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色使いがとってもきれいです。

    テンポ良く、どんどん読む事が出来ました。
    温度を感じる絵も、なかなかいいと思います。
    擬音が多く響きに力があるし、絵も鮮やかなので、ストーリーを理解できない赤ちゃんにも選んであげられそうです。
    個人的には、主役である種が、もう少し種っぽかったらいいなぁと思いました。
    石のように見えたので…
    題材として扱っているのが「いのち」の様なので、種からもそれを感じたかった気がします。
    命が枯れてもなお続く、という題材自体はいいと思いました。

    掲載日:2006/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色使いがすばらしい

    命の粒である種の一生を描いたお話で、色使いがとてもすばらしく、メッセージ性もあり、楽しませていただきました。

    ただ、「楽しませよう」としてくださる作者の意図はすごくよく分かるのですが、
    個人的には、エクスクラメーションマークがない方が、物語の重みがよく分かったような気がします。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなイラストで綺麗でした

    イラストはページからはみ出さんばかり 色使いも綺麗ですが 内容が子供にはわかりにくいんじゃないかと思います。
    種から芽が出てて花が咲いて枯れてまた種ができて・・・そういうことが理解できるのは4・5歳くらいでしょうか?
    4歳の子には文章が少し幼稚だと思いました。

    イラストのテイストは大人向けではないでしょうか?
    大人用の絵本を描かれたら素敵な絵本ができそうに思いました。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 喜んでました

    擬音が楽しくて、勢いがありました。
    読んであげるとうちの子(2歳と4歳)も喜んで、もう一度読んで!と言ってました。
    親はなんだかアッサリしすぎて物足りなかったんですが・・・
    小さい子には、シンプルな方が良いみたいですね。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきいきとした絵本

    どんなかたちかな?と同じ作者さんなんですね。
    この作者さんは、色の使い方もとてもきれいですよね。
    この、おおきなおおきなたねも、
    色の使い方が自由でとてもきれいだと感じました。
    しかも絵の描き方がとてもいきいきとしていて、絵を見ているだけで元気になれた感じです。
    言葉が創り出すリズムも気に入りました。読み終わって、しばらくしてからも頭に心地よく言葉が残る、そんな感じです。
    子どもってこういう口ずさめるようなリズムのある言葉って好きなので、そういう意味からしてもいいって思います。
    いのちの意味は、そのときわからなくても、
    いつか成長して絵本を思い出したとき、ふとよみがえり、いのちの意味とつながりそうで、そんな余韻をあとで感じることができるそんな絵本なのかもなーと思いました。

    掲載日:2006/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どんなかたちかな」を読み、同じ作者の絵本と言うことで興味を持ち、見てみました。命あるものはやがて全て土に返る。大人の目線線から見ると、花の一生が人の一生と重なって見えます。しかし、子供にはもっとシンプルに自然が花を育てる、と言うメッセージが伝われば良いのかな、と思います。とすると、せっかく絵が充分に語ってくれているので、もう少し文章を少なくしても良かったのでは?と感じます。が、何より暖かい色使いの絵が、子供の気持ちをやさしくしてくれるのではないでしょうか。

    掲載日:2006/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色はきれいなンだけど

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    絵はとってもいいと思うんです。
    色使いもきれいでとてもすきです。
    でも、内容がいまいちよくわかりません。

    迫力のある絵にドキドキしながらページをめくっていくと
    あれ?なんだったんだろ?な感じに拍子抜けしてしまいました。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 唐突過ぎるようです

    おおきなおおきなたね・・・という言葉で、大きいんだろうな・・・とは思いますが、茎も花も種も他に比較するものが描かれたいないので、大きさが伝わってこないのが残念。

    最後に、種から、”いのちになりました”というのは、ちょっと、唐突過ぎるように思います。

    絵は、とってもきれい。実際に見てみたいです。

    掲載日:2006/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物の出す音というのがおもしろい

    自分の子供はもう大きくなってしまったのですが、幼児・小学生関連の映像の仕事をしています。種から芽が出たり、くきから葉っぱが出たり、つぼみが出たり、花が開いたりというときに音が出るという感覚は、子供だったら何となくわかるような気がします。何日もかかる植物の目に見えない動きを擬音によって子供が感じることのできる絵本だと思います。

    掲載日:2006/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / あーんあん / せんろはつづく / どんなかたちかな?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット