もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

くらやみのくにからきたサプサリ」 みんなの声

くらやみのくにからきたサプサリ 作・絵:チョン・スンガク
訳:おおたけ きよみ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784901006743
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
「くらやみのくにからきたサプサリ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 火のいぬのずごさ!

    サプサリとは韓国固有の「貴紳みつける狗」のことだと知りました。
    くらやみのくにの王は 「だれか 火を もってきてくれさいすれば・・・・」

    その時、火のいぬが なのりでて北へと
    なんと 太陽にとびかかっていったのです!  
    この 迫力のすごさに驚きます!
    絵もすばらしい! 絵巻物を見ているようです 狗の迫力は マネのできないもののように思えます

    このお話の サプサリは 闘うときには決して逃がさない勇敢さを持っていると言われています

    また どんな環境にもよく耐え抜く忍耐力や いちど情けをかけてくれた主人のためには命も惜しまない忠実さを持っていると言われ 人々に愛される狗になったと言われています。(すごいな〜)

    玄武・朱雀・青龍・白虎 四神が現れその迫力も見応えのあるのです(韓国の歴史も学ばないと分からないな〜と思いました)

    狗は月にもかぶりつき凍り付くのですが、 不思議なひかりをはなつのです(この狗の顔がすごいのです)

    王の元にたどり着くと狗のぶきみなひかりにおそれを抱きがけの下へ落とすのです(ああ〜 かわいそうに・・・・)

    狗の忠信を信じてやればと思いました・・・(あとから火の狗よと叫ぶのですが・・・・あとのまつりです)

    しかし とおく うみのうえに まぶしい 太陽がうかんでいたのです
    「ああ、太陽だ。 あかるいくにだ!」
    火の狗の目から なみだが ながれおちました  
    狗は ひとびとに あいされるいぬ になったのです
    こう結ばれていますが
    なんとも言えない気持ちになりました・・・・

    狗のすごさ 忠信さに 
    なかなか難しいお話ですが すばらしい絵が 生き生きとしていて
    すばらしい絵本でした!

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大なおはなし

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    サプサリは韓国の狛犬のようなものでしょうか。

    この犬が、王様に頼まれて火を取りに行きます。
    北、東、西と行って、四神の玄武、青龍、白虎に出会います。
    最後は、朱雀が助けてくれます。

    このようなお話を読むことで、韓国の文化に触れることが出来ます。

    絵はとても変わった手法で描かれていて、どのページも美しいです。
    じっくりと子どもに読み聞かせながら、不思議な世界を旅してはいかがでしょう。

    掲載日:2007/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 玄武・朱雀・青龍・白虎が登場

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    韓国の絵本です。
    サプサリとは韓国固有の狗のことで、このサプサリの由来の物語です。
    玄武・朱雀・青龍・白虎も登場し、この四神とサプサリは、金糸の刺繍で描いてあるかのように、インパクトのある絵になっています。

    内容は、くらやみの国から火を探しに出かけた勇敢な犬が、様々な困難を乗り越えて、火の玉を持ち帰ったのに、くらやみの国では疎んじられてしまうという冒険と、英雄の受難の物語です。
    登場人物が壮大なので、スケールは大きいのですが、子どもにはちょっと理解しにくいところがあります。
    四神等はあまり馴染みがないので、読むときにはいちいち説明しながらでした。
    そういう難点はあったものの、今まで見たことのない系統の絵本だったので、物珍しく興味を引いたようでした。
    次男はいちいち「これなあに?」と聞きながらも、「面白かった」と言っていましたよ。

    掲載日:2007/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット