おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

ジャミパン」 みんなの声

ジャミパン 作:江國 香織
絵:宇野 亜喜良
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784901006811
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,688
みんなの声 総数 1
「ジャミパン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ジャミパン」が「ジャムパン」のことだと分かった時、この不思議な物語が始まります。
    父親を知らない娘とシングルマザー。
    母親の弟を父親として「やりくり」した子供時代。
    娘から見る母親は、親という言葉を飛び越えて肉感的です。
    不思議な生活の中の、断片が描かれています。
    もとは短編小説だったという説明ですが、娘の感性のひだが隅々まで張り巡らされていて、少々投げやりな性格、自分の境遇のニヒルに見つめている姿勢、ちょっと「絵本」の世界からは離れているかもしれません。
    そこに宇野亜喜良さんの感性的で詩情感たっぷりの乾燥した絵が加わって、かなり背伸びした絵本になりました。
    江國香織ファンのためのヤングアダルト絵本。
    成長期の少女の感覚に響くのではないでしょうか。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット