十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛」 みんなの声

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛 作:桂三枝
絵:黒田 征太郎
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784861930171
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,013
みんなの声 総数 6
「桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 桂三枝だ!!

    この絵本の著者を見てびっくりしました!!桂三枝さんが書いていました。落語だったので、お話も長かったですし、絵も一場面をとらえたものがページごとに一つずつだったのでうちの子は最後まで聞いてくれるかなって思っていたのですが、落語独特の語り口調が気に入って楽しんでいました。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大将、『ギンギロ』カッコいいぜ〜!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ある魚料理専門店の「いけす」の中のお話です。
    黒田征太郎さんのイラストの鯛が、ものすごくお噺のイメージに合っていて、その表現に笑ってしまいました。
    特に表紙絵は、この噺に登場する大らしさが強調されているような気がします。

    まんま桂三枝さんの創作落語ですから、将来落語家になりたい人の練習には(もしかしたら)もってこい(?)かもしれません。
    親分肌のいけす歴20年という大将『ギンギロ』と、新入りだけど入ってそうそう人の網から逃れた生きのいい真鯛の『ロク』との会話のやり取りは、ポンポン弾んで小気味よかったです。
    ラストにはちょっと悲しい事件が起きるのですが、
    カッコいい親分肌の『ギンギロ』の活躍は最後まで、一貫してカッコ良くて、目が離せませんでした。

    この絵本はそうとう練習して、噺の落語的要素をうまく出して読まないと、だらだらとしたつまらない絵本になりそうです。
    なので、大勢の前での読み聞かせにはどうかな?と、思いますが、
    お父さんお母さんがお子さんと向き合って、声に出して読んであげる分には楽しい1冊となりそうです。

    「いけす」や「鯛」という魚の種類がわかる年頃の方が面白く感じると思うので、お薦めは6,7歳以上かな?もちろん、大人が読んでもめっちゃ楽しいです!

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いけすの鯛

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    桂三枝の落語絵本シリーズ。
    落語らしいオチが散りばめてありますから、
    やはり、ある程度の年齢でないと、本当の面白さがわからないかもしれません。
    お客さんの前のいけすからすくった魚を料理するお店が舞台。
    そのいけすの鯛の会話で話が進みます。
    新入りのロクと、先住のヤス、それに、重鎮のギンギロはん。
    鯛ならではの愚痴が延々と続きます。
    ギンギロはんのウンチクには重みがありますが、
    ラストはちょっと、ホロリ、です。
    やはり音読で味わいたいです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年〜大人向きかなぁ・・・

    現代落語らしいお話で、テンポも落ちもいいのですが、やっぱり子どもはハッピーエンドを期待して聞くので、高学年以上でないと楽しさは理解できないかも・・・。6年生に「どういうこと?」と何度も聞かれたり、中学生でも「ラストが気の毒」と言いました。
    しかも絵に対して文の量がすごく長い(1冊分声に出して読むと15分以上かかりました)ので、本来読み聞かせ向きではないと思います。
    でも、中学生〜大人には「ちょっと!この本面白いよ!」と読ませたくなること請け合いです。
    このシリーズは、子どもに聞かせるためなら、対象は高学年以上で「考える豚」か「ワニ」をお勧めします。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホロリ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    桂三枝さんの落語絵本シリーズ。
    すっかりハマっていろいろ読んでいます。
    この絵本では、居酒屋のいけすにいる鯛のお話です。

    落語ならではのテンポのよさ、ダジャレの豊富さには毎回楽しませてもらっています。
    でも今回はそれだけじゃなかった・・・
    ラストにちょっとホロリとさせられてしまいました。

    それはこのいけすの主、ギンギロはんの精一杯の優しさ。
    何とも人情味(魚情味かな?笑)に溢れています。

    この絵本を読むと、魚の活け造りはちょっと手が出せなくなりそうです。
    痛いのかな??
    きっと目の前にしたら、そんな思いが頭をかけめぐると思います。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴりかわいそう。。

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    料亭のいけすの中のおはなしです。

    いけすの主の鯛が、新入りの鯛にいろいろと指南します。
    その内容が、思わず唸ってしまう生きるための裏技です。
    でも、新入りを助けて、主は捕まってしまいます。

    このシリーズは、読み聞かせは残念ながらできません。
    なぜなら、関西弁が話せないから。。
    ネイティブな関西弁でないと、このおもしろさは伝わらないです。

    あーー!関西弁、話せるようになりたい!

    掲載日:2006/08/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / きょうふのわすれものチェック!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット