もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もじと絵」 みんなの声

もじと絵 絵:黒田 征太郎
もじ:乾 千恵
出版社:アートン
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784901006514
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,381
みんなの声 総数 2
「もじと絵」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 書から思い描くこと

    書家とイラストレーターのコラボレーション作品です。
    正直言えば、組み合わせのちぐはぐさにスルーしかけたのですが、黒田征太郎さんのこの本ができた説明を見て踏みとどまりました。
    書家の乾千恵さんは脳性小児マヒで身体が不自由ながら、とてもダイナミックな書を書き、いろいろなイベントに参加する力強い方です。
    その力強い乾さんの一文字一文字から様々なイマジネーションがわき上がります。
    黒田さんはその乾さんの文字から思い浮かべたものを、黒田さんなりに形にしたのです。
    同じ文字をデフォルメして、茶化したわけではありませんが、黒田さんは乾さんの文字から軽快な世界を受け取ったのです。
    この発想はとても良いことだと思いました。
    乾さんの文字を見て、黒田さんの絵と言葉を見て、ナルホドと思うのもよし、イヤイヤと思うのもよし。
    そんな感覚で眺めると、楽しくなると思います。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気になるもじ

    子供にもわかる漢字が書かれているので、興味をもつかな、と思ったのですがあまり関心がないようでした。漢字を習いたての子供は、教科書のもじの方がわかりやすそうです。私は、このような絵文字がおもしろくて、ときどき書いて遊んでいます。でも全然うまく書けず、本のようなアートな感じにはなりません。自由にのびのび書かれているのに、やっぱりプロの方はちがうなーと感心してしまいます。今回、出版社からの内容紹介を読んではじめて、もじを書かれた乾さんのことを知りました。真剣な遊びの中から生まれた、力強い文字をみていると元気になってきます

    掲載日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット