ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

スケッチブック」 みんなの声

スケッチブック 作・絵:植田真
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784902257076
評価スコア 4
評価ランキング 18,327
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    子どもたちがみつけたスケッチブック。
    中身を見ていろいろな想像がひろがります。
    絵だけでこんなに言葉が出て想像ができるって素敵だなーと思いました。
    スケッチブックには名前があるようですし、何ページかしっかりと絵が描かれているようなので持ち主はきっと取りにきてくれますよね。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーティスティックな作品

    3人のこどもが、木の下で拾ったスケッチブックに描かれた絵について、いろいろ話すという設定。
    たくさん描かれた鳥の中で、一番好きなのはどれとか、この人は何をしてるとか、そんな感じです。

    スケッチブックを見ているのは、双子の女の子と、ひとりの男の子。
    女の子と男の子の絵のとらえ方が、この年ごろのこどもらしくて、微笑ましかったです。

    不思議な空気感で、心地いいです。
    想像を広げるのって、楽しいなとも感じました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 砂糖菓子のよう

    まるで短い小説のような、そんな絵本です。

    どこが良いのかと説明するには、すこし難しい。
    でも、眺めているだけで、文章を読んでいるだけで
    こころが落ち着いたのは確かです。

    絵本の中で、ゆっくりと時間が流れているのを感じました。

    砂糖菓子のようなイラストが、
    忙しい毎日に休息を与えてくれたようです。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散歩の途中に子どもたちが見つけたスケッチブックには、いろいろなメッセージが詰まっていました。
    風に吹かれて、鳥たちを眺めて…、文中にある英語の手紙は誰にあてて書かれているのでしょうか。
    そして、スケッチブックに描かれているのは、人間と鳥たちの世界。
    絵にはテーマがはっきりと見えないので、悩んでしまいました。
    でも、スケッチブックをのものがテーマなのですね。
    本の後半に落ち葉のスケッチがありました、そのあとの水色のシミは涙かもしれないと思いました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち着きます!

    とても繊細で美しい風景に魅せられました。絵を眺めていると、とても気持ちが落ち着きました。美しい鳥たちに、鳥のさえずりさえ聞こえてくるようです。大人の絵本のような気がしました。気持ちが落ち着くし穏やかな気持ちになれるから、お薦めします。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳥の絵がすごくうまかったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    ストーリーよりも『絵』重視。という感じがします。
    1ページ1ページとても見ごたえがありました。でも、作家の絵の性質的に、遠目はちょっときかないようです。
    一人か少人数で、じっくりゆっくり黙読する方がいいと思います。
    この作品の中にはたくさんの鳥たちが描かれているのですが。どのページのどんなところに登場する鳥たちも、とても美しくて素晴らしい描写でした。

    お薦めの年齢は小学校の高学年以上です。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ????って感じ、でもなぜか惹かれる

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    率直にいうと実はよくわからなかったです。
    紹介文のところでは、自分で考え、かきたしていける余白があるということでした。まさにその通りだと思うのですが、うちの子だけでなく私も何も書き足せなかった……(残念)
    規格内の発想しかできないのかしらん、とちょっとショックを受けつつも、確かに何か惹かれるお話で、読み終えた後、とっても穏やか〜な気持ちにさせられました。とても「静寂」という言葉がふさわしい絵本だと思いました。
    まだ、うちの子供たちには、早すぎたのかしら…
    そして、私には遅すぎたのかしら?

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青いかたまりからイメージ

     誰のかわからないスケッチブックを見る、なんてちょっとどきどきします。私も絵本の中の子どもたちといっしょに、のぞきこんでる感じがしました。
     鳥や葉っぱのスケッチは図鑑のようです。拡大してじっくり見ました。

     最後のページに描かれていた、青いかたまり。これからイメージして、あなたがなにかを描いてごらん、という作者からのメッセージのようにも思えました。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にスケッチブックをのぞいている自分

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    スケッチブックをめくる3人の子どもたちと一緒のきもちになって、次のページには何が描いてあるのだろうと、自分もページをめくってしまいます。
    そして、彼らが絵から想像したことや感じたことを、自分も絵の細部まで目を凝らして確認しながら、自分の心のなかでも想像して、読みすすむのです。
    まるで3人と一緒にスケッチブックをのぞいているかのようです。

    淡いクリーム色の紙に描かれた植田さんの繊細な絵に、どんどん惹かれていきます。何も描かれいないところから、この絵本のもつ雰囲気が伝わってきます。

    静かでいて、しかし、子どもたちの声や、風の音がきこえてくる、しあわせな気分をあじわえる絵本です。

    小学校低学年から読めると思いますが、中高学年の子どもたちに味わってもらいたいと思った一冊です。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット