キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

アベコベさん」 みんなの声

アベコベさん 作:フランセスカサイモン
絵:ケレンラドロー
訳:青山 南
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784579403752
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,128
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • とにかく子どもに大受け!

    アベコベさんの家では、いつも 起きるのは真夜中です。
    起きたらパジャマに着替えて、2階の寝室で朝ごはん。
    ・・・ちょっと面白そうでしょう?

    こんな調子なので、ページをめくる度に、子どもたちが大笑い!
    「お風呂じゃないところにお湯がある〜!」
    「逆立ちしてテレビ見てる〜。変だね〜!」
    ・・・という具合。

    そんなアベコベさん一家が、お隣のプラムさんの家でお留守番を
    頼まれたから、さあ大変!
    ぐちゃぐちゃな(?)プラムさんの家の中を、アベコベさん風に
    きちんと片付けてあげる様子がまた痛快!
    あれれれ? 何がどうなっちゃったの!?・・子どもは一生懸命
    もとの絵と見比べて、キャッキャッと大笑い。。。
    そこへ、どろぼうが入ってきました。さて、アベコベさん一家は
    どんな対応をしたのでしょうか・・・・?(お楽しみ!)

    最後にアベコベさんのお父さんが言うセリフ。
    「世の中には いろんな人がいるんだ」

    ここ毎晩「読んで〜」とせがまれている絵本です。
    ぜひお試しあれ!

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • ユーモアすぎる

    こんなに面白い絵本は久々!
    何もかも徹底してあべこべなアベコベさん一家が、お隣さんのお留守番を頼まれたからさぁ、大変!笑
    お部屋も片付けて?泥棒をもてなして?子供はとにかく笑ってツッコミ入れて、楽しんでいました。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ここまでアベコベって、すごいです!!

    外に出るときはパジャマ
    起きるのは夜
    食事は寝室
    フォークで食べたら怒られちゃう
    絵は壁に描くもの

    などなど、全てがアベコベ。
    息子は、「デザートはごはんの前に食べる」っていうのが羨ましそうでした(笑)


    どのページを見ても斬新で、親子で笑える絵本です。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごくおもしろかったです

    すごくおもしろかったです。

    なんでもはんたいになるからです。

    よるにおきてべんきょうしたりあそんだりしているからすごいなあと思いました。

    おとうさんはどんなしごとをしているんだろうと思いました。

    なんでもあべこべだとおもしろそうだと思いました。

    掲載日:2009/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 笑いました

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    アベコベさん一家は、なんでも世間とあべこべ。真夜中に起きてごはんを食べだしたり、パジャマに着替えてお出かけしたり・・・。そんな一家が隣の家でシッターをすることになります。
    なんでもアベコベで読んでいても絵を見ても「えーっ」って感じでおもしろいのですが、アベコベさん一家の人柄もほのぼのしてておもしろいのです。自分たちとは違うお隣さんのことも「いろんな人がいる」とおおらかに受け止めています。自分と違うからと排除したりしない・・・素敵なことだと思います。
    絵本にしては、わりと長いですが、とてもおもしろいし、絵も隅々までみたいくらい楽しいので、おすすめです。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活感覚が“アベコベ”な一家

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    ありえないことを当然とやってのけてしまう。タイトル通り、「感覚」が“アベコベ”のおかしな一家のおはなしです。
    原作が出版されたのが1995年。日本で出版されたのが1997年の作品でした。
    「むかし……」で始まっていますが、昔話ではなくて創作です。
    絵柄がはっきりしていて色彩も明るく遠目がききます。

    一般的な生活様式全てが“アベコベ”の感覚を持っているのを抜かせば、とても楽しい気立ての良い一家です。
    気になったのは、こんな素敵な一軒家に住んでいて、お仕事は何をされているのかな〜ということ。
    パジャマ姿で出勤はできませんもんね。IT関係の仕事で、自宅でやってたのかもしれません。
    楽しい絵本で、読み聞かせにももお薦めですが、
    個人的には、面白いはなしだからと、年齢に関係なく読むより、“アベコベ”の生活を“ふつう”だと思って生活しているんだ。ということを理解できる年齢以上のお子さんたちに読んであげてほしいです。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り!!

    5歳の息子が、かなり気に入った1冊です。
    私たちの常識や感覚で「いい」とされていることが、
    このアベコベさん一家ではまるで違うことがとても面白かったよう。
    そして、それを描くお洒落なイラストも、たのしかったみたい。
    爆笑だらけでした。
    作家の方々のセンスが光ります。

    またいいのが、私たちの感覚で普通の人のことを、
    アベコベさん一家は決して非難したりせず
    「いろんなひとがいるのよ」で済ますところ。
    いろんな価値観をこんな風に認める寛容さを
    私も息子も含め、皆が持つことができたら、、
    とこのご時世に思ってしまいました。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなに受けるとは!

    こんなに笑って読むのも珍しいくらいに、大笑いしていました。
    何度読んでもおもしろくてたまらない様子です。

    そのおもしろさを人に伝えたくって、家の他のひとに、ページを開き開き、紹介していました。

    自分の感じたおもしろさを人に伝えたい意欲の芽生えを感じ、うれしい一冊でした。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でも反対な家族

    このお話は、何でも普通とは反対のことをする家族のお話でした。お昼に寝て夜に起きたり、汚いほうがきれいと思っていたりしていました。うちの子はこの変わった生活スタイルの家族を見て「こんな生活面白そう〜!」って言いながら見ていました。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアあふれます

    そのタイトルのとおりアベコベにする変な家族のお話。
    夜に起きて、逆立ちしてテレビ見たり、パジャマで外出したり…。
    やってることをすべてアベコベにしたら、こんなふうになるんだと滑稽です。
    そんな家族が隣の家の人に留守番を頼まれて…。
    ピンチのときもいつもどおりにしてるだけで泥棒は驚いて…。
    というユーモアたっぷりのストーリーです。
    大人が読んでも面白いです!

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット