ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

絵本・ムーミン谷から1 ムーミン谷に春がきた」 みんなの声

絵本・ムーミン谷から1 ムーミン谷に春がきた 作・絵:トーベ・ヤンソン
訳:岡村美恵子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1988年
ISBN:9784062685016
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「絵本・ムーミン谷から1 ムーミン谷に春がきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はじめて読みました

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    ムーミンをアニメでしか見たことがなかったので、
    まずはこの絵本をと思い、読んでみました。
    ムーミン谷に住むみんなが、優しい心の持ち主で、それでも、おもしろいこと好きで、楽しい生活を送っていることがよくわかりました。
    ほんとに、こんな妖精たちが森に住んでいて欲しいなあという気持ちと、いつかムーミンのいるフィンランドに行ってみたいなあという気持ちがゾクゾクと高まっていきます。
    もっと、このシリーズを読んでみたいなって思いました。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ヤンソンの世界

    私はムーミンアニメの世代で、実は原作を手にしたのは初めて。

    フィンランドのものだとは知っていましたが、(原作はスエーデン語)子供の頃に海外旅行のお土産にもらったムーミンクッキーのイラストは正直怖かったです。

    このお話もアニメ版で大好きだったので読んでみようと思いましたが、全然違いますね。

    これがトーベ・ヤンソンの世界か、と思いました。

     冬眠からさめたムーミンが山の頂上で不思議なシルクハットを拾ったことからお話が始まります。実はこの帽子、不思議なものだったのです。。

     シンプルな色彩とイラスト、自由な発想が素敵な絵本。異国のものに触れるのっていくつになってもドキドキしていいものです。軽いカルチャーショックを味わうことが出来ます。
    ストーリーが始まる前のページにあるキャラクター紹介も楽しいです。

    掲載日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふしぎな帽子

    このお話は、ムーミン谷に落ちていた真っ黒の不思議なシルクハットをムーミンたちが見つけるお話でした。この帽子の中に物を入れると他のものに変わってしまうという者です。最初はみんな楽しんでいたのですが、ムーミンが入ったら他の生き物みたいに姿が変わってしまったのを最後にこの帽子を捨てることに。でも、ムーミンとスナフキンはこの帽子を拾って隠したのです!!うちの子はこの展開を見て、「また大変な事になるかも〜!」と新たな冒険の予感にドキドキしていました!

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムーミンたちの不思議で自由な生活

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    長い冬の眠りから目が覚めたムーミン。
    スナフキンやスニフと共に岩山にのぼると、黒いシルクハットを見つけました。
    そのシルクハットのおかげで次々とおかしなことが起きていき…?!

    『ムーミン谷のふしぎな夏』で、飛行おにのシルクハットのことが書かれていて、
    それ以来ずっと気になっていたお話だったので
    読めてよかったです。
    子供たちも、途中で「こんなお話だったんだ〜♪」と言っていました。

    娘たちはムーミンが変な姿に変身してしまったのが一番面白かったそうです。
    そして「秘密の場所ってどこだろうね?!」と、言っていました。

    シリーズで順番に読み進めていくとお話がわかりやすいと思います。
    ムーミンたちの、不思議で自由な生活が楽しいシリーズですよ(^^)☆

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの本のようで5冊のうちの1冊です。

    ムーミンは冬の間眠っているのですね。春になり目が覚めたところからのお話です。山のてっぺんで黒いシルクハットを拾い、自宅に持ち帰るとことから、不思議な出来事ばかりおこります。

    素敵な帽子をムーミンパパがかぶって、ミラーに映している絵がとてもかわいいです。想像ができて、笑ってしまいました。

    好きなシーンは、ムーミンパパには大きすぎた帽子をゴミ箱にして、卵の殻を捨てたらゴミ箱がどんどん膨らみ、雲になりムーミンが雲に乗って遊ぶところです。わくわくしたので。

    まだまだ不思議なことが起こるので最後までどうなるの?と楽しく読めます。もう少し絵が沢山あるといいなと思いますが、小さなサイズの絵本なので仕方がないのかなと思います。

    掲載日:2012/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 異国情緒を感じてください。

    ムーミンは小学生のときによく読みました。
    小学生の私には長くてちょっと大変な本でしたが、ギュッと凝縮してシンプルになっていて、これはとてもよかったです。
    ちゃんとムーミンとそのほかのキャラクターができあがっていて、原作に忠実だなと感じました。
    日本の絵本にはあに異国情緒があります。ラストもこんな終わり方でいいのかな?と思ってしまいますが、それは日本人だから。フィンランドはこれでいいんです。きっと。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット