ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

恐竜」 みんなの声

恐竜 絵:平沢茂太郎
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1992年
ISBN:9784092090026
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,752
みんなの声 総数 1
「恐竜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐竜を知るきっかけに

    • だるまさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子4歳

    長男が恐竜好きになるきっかけになった本です。

    当時住んでいた地域の図書館で借りたのですが、
    本屋さんで見かけることはなく、
    最近古書店でようやく手にいれることが出来ました。

    いわゆる『図鑑』と少々違い、
    『絵本図鑑』と副題がついているように、
    物語的な要素が盛り込まれています。
    だからなのか、当時4歳だった長男は
    ショートストーリーを聞く感じで、
    「じゃあ、ステゴサウルスがケラトサウルスをやっつける
    話を読んで!」と場面リクエストをしていました。

    さらにこの絵本図鑑を親しみやすくしているのが、
    平沢茂太郎さんの描くイラストです。
    迫力のある、臨場感溢れるイラストには
    恐竜の吐息まで聞こえてきそうです。

    この絵本図鑑をきっかけに長男は恐竜にのめりこみ、
    本格的な図鑑から
    黒川みつひろさん作の『トリケラトプス』シリーズまで
    読書の幅を広げ、未知だった世界を知ったのです。

    恐竜を知るきっかけにオススメの絵本です。

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

よるくま / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット