うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

北の魔女ロウヒ」 みんなの声

北の魔女ロウヒ 作:トニ・デ・ゲレツ
絵:バーバラ・クーニー
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年
ISBN:9784751519943
評価スコア 3.87
評価ランキング 28,807
みんなの声 総数 14
「北の魔女ロウヒ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 魔女ロウヒにすっかり魅せられました!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ひとまず私が黙読して、あんまりよかったので、すぐ下の子に声をかけ「聞いて、聞いて」と、読み始めました。
    二人してサイコーに盛り上がりましたよ。
    うちの下の子は、ファンタジーの中でも魔法(魔女)が出てくる物語が特に好きですから!
    そこに住む人たちにとっては大変迷惑な悪さですが、孤独な魔女にとっては可愛いいたずらだったのではないでしょうか?

    原作はトニ・デ・ゲレツですが、この「ロウヒ」の世界を確かな形にしてくれた(絵本を描いた)のは、バーバラ・クーニーです。

    ページを捲って1ページ目。
    暖かい暖炉のある部屋で起きたての、長い白髪の頭の魔女・ロウヒ。
    今日は何をしようかと考えて、このセリフをつぶやきます。
    「いやいや、どれもあたりまえで、つまらない。
     なにしろ、わたしは魔女なんだからね」
    もう、この1ページ目ですっかり魅せられてしまいました!

    物語自体は長く感じられますが、意外と簡潔に終わっている話ですし、
    文字が比較的大きなロゴで撃たれているので読み語りに使っても、読みやすいと思います。
    小学校の高学年くらいから、特にお薦めです。

    魔女ロウヒの孤独感や哀愁、かわいらしさを堪能してください!!
    宮崎アニメが好きな方は結構、感じるものがあるかと思います。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 魔女のイタズラ

    私は好きなお話だったのですが、星マークを一つ減らしたのは、子供はあまり好きではなかった様子なので。
    私が読む前に、子供が読んでいたのですが「あんまり面白くなかった」と言っていました。
    私は、お話も絵も好きな感じですが・・・

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北国らしい

     フィンランドの叙事詩、カレワラをもとに描かれた絵本です。表紙からもう、北国感がいっぱいです。
     魔女だから、なんでもできると思いますが、まさか太陽と月を隠してしまうなんて、、、。でもあわてて太陽を返すロウヒが、なんだかにくめません。ロウヒがスキーしているのも、フィンランドらしいなと思いました。
     
     最後のページ、太陽がもどってきて、緑あふれるしずかな村の場面がすてきです。ロウヒの家の中や動物たちの表情など、ていねいに描かれたクーニーさんらしい絵に、見入ってしまいました。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北の国の物語

    バーバラ・クーニーさんの絵が好きなのです。
    クーニーさんが絵を描いているものなら、気になってしまい
    手に取ってしまうのです。
    この絵本もまた。
    やっぱり素敵でした。
    ちょっとアイヌの物語に似ているなあと思いました。
    訳者あとがきをみてみたれば、この物語は、フィンランドの
    民族叙事詩を下敷きにしてつくられたのこと。
    北の大地に伝わる物語というものはきっと似たような雰囲気にも
    なるのだろうなあと納得です♪
    これからどんどん寒くなる季節。
    こんな季節に読むのにぴったりな気がします。

    娘は、私がクーニーさんが好きなことを知っているので
    「バーバラ・クニィ:さく・え」の絵本を作ってくれました(笑)。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • イタズラ好きな幼稚園〜かな

    クーニーが大好きなのでずっと気になっていました。
    太陽と月を隠すというスケールの大きさに、娘も私も期待をしすぎたのか、「あ、そうなんだ〜」と尻つぼみに感じてしまいました。
    魔女のイタズラはわかるんだけど、あまりに根も葉もない、なんでこんなことしたの?という部分に、お互い納得が出来なかったのだと思います。

    ということで、幼稚園児くらいと読むと楽しいかなと思いました。
    お話じたいは決しておもしろくないわけではなかったので。絵も迫力満点だったし。

    太陽を隠したら真っ暗になるのは、日本神話みたいだと思ったら、フィンランドとは。
    白夜とかそういった関係なのかなぁ?

    掲載日:2010/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • スキーで空を飛ぶ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    バーバラ・クーニーの作品なんですね
    本当に絵が素敵です・・
    北海道好きの私には、雪景色を見ただけで、嬉しくなってしまいます
    それにしても月と太陽って盗むことが出来るんだ!
    実際による月を見たときに「なるほどとれるかもしれない」と本気で思っちゃいました
    訳者の後書きによると、フィンランドの民族抒情詩がもとになっているお話だそうです
    その中でのロウヒはもっと邪悪な魔女のようですが、絵本のロウヒはお茶目で、子供にはなんとなく親近感があるようです

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お茶目な魔女

    随分とスケールの大きいいたずらをしたわりには
    (この場面は驚きました)かじやさんのところに
    こっそり様子をうかがいに行ったりしてお茶目な魔女です。
    ロウヒはちょっと人を驚かせたかっただけなんですよね。
    それにしてもこの雪景色のうつくしいこと!
    そして最後のページを眺めていると
    昼と夜があること季節があることの素晴らしさが
    すっと心に入ってきます。

    掲載日:2009/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読みたい絵本

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」をもとに書かれた絵本だということで、物語の面白さが味わえます。また、魔女のいたずらっぽさ、情景の美しさがバーバラ・クーニーの絵によって素晴らしく表現されています。
     鍛冶屋が悪い魔女を引っ捕らえるために、鉄の首輪と鎖を作っていると知り、大あわてで太陽と月を返す魔女がいたずらっこのようでした。民話のこわい、つめたい印象はなく、優しい絵と物語でよかったです。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しい‥

    バーバラ・クーニーの絵はステキ!なのですが‥、
    大人が読んでも、「ふ〜ん!」と思うような絵本。
    子どもに読んでみましたが、わけがわからないといった表情でした。

    原典が、フィンランドの民族抒情詩とのことで、
    なじみがないものなので、余計に難しいように感じたのかもしれませんね。
    でも絵本を通して、いろいろな国の文化や歴史に触れられるというのは楽しいことですね。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きなおはなし

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    フィンランドに昔から伝わる叙事詩を基づいたおはなしです。

    魔女がちょっとしたいたずら心で、月と太陽を隠してしまいます。
    魔女のブルーの目が印象的です。
    なんだか憎めない気の小さい魔女がおかしいです。

    絵がすばらしいです。
    北の国の美しさに見とれてしまいます。
    この風景をぜひ見てもらいたいです。

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット