おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ききみみずきん」 みんなの声

ききみみずきん 作:木下 順二
絵:初山 滋
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1956年
ISBN:9784001151183
評価スコア 4
評価ランキング 18,695
みんなの声 総数 5
「ききみみずきん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1956年初版作品

    勤めていた保育園にあったような・・・
    なつかしい感じの絵に
    図書館で手に取りました

    あぁ・・・
    こういう感じだったかな
    文章も落ち着いていて
    文字も多いような気がします
    でも、読み始めると
    滑らかな言葉の世界に
    入っていきます

    こういうおはなしだったかな・・・
    とも思いました

    絵も独特です
    落ち着いていて
    素敵です

    「うりこひめとあまんじゃく」も
    ちょっと日本らしくなく
    絵が不思議な感じ

    とりたちの活躍もあったんですね?
    ちょっと知っている話とは
    違う感じもいたします

    「ききみみずきん
    同様、言葉がとてもきれいです

    小学生でもOKかと思われます

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい昔話

    昔話が二話収録されています。

    「うりこひめとあまんじゃく」、息子は「あまんじゃく」が何なのか今一つわからなかったようです。妖怪のようなものと理解していいのでしょうか。それともざしき童子のようなもの?

    「ききみみずきん」はいかにも孝行息子といった感じで優しいお話だなあと思いました。

    自然の音が聞こえるずきんというのはいいですね。

    初山さんの絵は静かですが幻想的でもあり、お話にマッチしていてよかったです。

    岩波子どもの本シリーズはいい作品が多いですね。すべて読んでみたいです。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲しいけど怖いかも

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    人間以外の生き物たちの声が聞こえる「ききみみずきん」
    このずきんで、藤六は長者の娘を助けます。

    我が家では犬を飼っています。
    一度でいいからこの犬とお話がしたい・・・そう思っていた私には、夢のようなずきんです。
    でも今の時代、このずきんをもしかぶる人がいたら、どんな声が聞こえてくるでしょう。
    ちょっと怖く感じるのは、人間のやっていることにやましさを感じているからでしょうか。

    他にもあまんじゃくのいたずらを描いた「うりこひめ」も収録されています。
    とてもひどい悪さをするあまんじゃくですが、憎みきれない何かがあります。
    そこに寂しさを感じるからかもしれません。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話って楽しいな

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    「ききみみずきん」「うりこひめとあまんじゃく」の二つの昔話が入っています。
    “ずきん”って単独ではほとんど死語になっていますが、“怪傑黒頭巾”とか“赤ずきんちゃん”とか別の単語と連結して固有名詞に使われると、俄然輝きだす不思議な言葉です。この“ききみみずきん”も素晴らしい名称です。

    おとうさんの形見のずきんをかぶり、鳥や木の言葉を聞くことができるようになった藤六は、見事に長者の娘の病気を治し、さらに村にも幸せをもたらします。
    これは、もしかしたら、自然の声に耳を傾けることで、上手に暮らしていくという、自然と人との共生の物語なのかもしれません。
    初山滋さんの絵は、淡い色彩のユラユラした感じの絵で、昔話の泥臭さはないのですが、とてもお話に合っています。
    ただ、最後のおかあさんだけ妙にリアルに描いてあるので、私は小さい頃なんだか怖かったことを覚えています。

    「うりこひめとあまんじゃく」も楽しいお話ですが、うりこひめは大五郎カットですし、あまんじゃくは、雨だれ風の頭をした影のような姿なので、ちょっと普通のお姫様物語とは様子が違っています。
    結局あまんじゃくってなんだったんでしょう。精霊なのか山の神の家来みたいなものなのか、ちょっと不思議な物語です。

    掲載日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語の美しいお話。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    おじいさんおばあさんから代々語りつたえられてきた日本民話のなかから、「ききみみずきん」「うりこひめとあまんじゃく」の2話からなる絵本です。
    「ききみみずきん」は、病の母と働き者の息子のお話なのですが、ある日、父の形見の頭巾を被って仕事へ行くと・・・・・・。心温まる作品でございました♪
    「うりこひめとあまんじゃく」は、あまんじゃくの存在が、イラストを拝見しても宇宙人のようで、うりこひめではなくても、とても怖かったです(>_<)
    あまんじゃくは、一体何者なのでしょうか・・・・・・。怖い、怖い(>_<)
    日本語の美しいお話でございました♪

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット