もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ちいちゃな女の子のうた わたしは生きてるさくらんぼ」 みんなの声

ちいちゃな女の子のうた わたしは生きてるさくらんぼ 作:デルモワ・シュワルツ
絵:バーバラ・クーニー
訳:白石 かずこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年
ISBN:9784593501441
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,856
みんなの声 総数 10
「ちいちゃな女の子のうた わたしは生きてるさくらんぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真理なのかもしれません

    • まろやさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    「世界は自分の心持ち一つでいかようにも広がる」ということを、自然に身につけてほしい、と思い、0歳の時に購入。
    本棚に並べて置き、もっと大きくなった時、ふと手に取れる状況を作っておきたいと思ったのです。

    しかし先日、突然「読んで」とばかりに、ずずっと差し出してきたので読んであげたら、何かが響いたらしく、読み終わっても何度もせがまれました。
    それ以来毎日、ずずっと差し出されています。

    考えてみれば、この本の内容を本能で分かっているのは、赤ちゃんなのかもしれません。

    しかし、大人はかわいそう、という件は、同意しかねるので、何となーく流してしまっています。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • ポエムっぽい文章でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    バーバラ・クーニーの絵だったので探してきました。
    こんなお話にも挿絵を描いていたんですね〜。
    読んだ印象は、お話というより「ポエム」っぽいな、と感じました。

    ちょっとびっくりしたのは、主人公の女の子が最初の数ページ、裸で描かれているところでした。
    日本人的な感覚からいうと、何も裸で描かなくても?と、思うのですが、ここはキリスト教の考え方なら自然な流れだったのかな?と、気持ちを切り替えて読みました。
    でも、やはり多少はこういう表現に驚きますので、
    こういうことを揶揄したり、騒ぎ立てたりせず、自然に読めるお子さんにのみ、お薦めしたいと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クーニーさんの絵本大好き!

    はだかんぼで、「わたしは生きてるさくらんぼ」と歌う、ちいちゃな
    女の子の姿が、娘と重なります。
    まいあさうまれかわって、いろんなものになって。
    自由で、かわいらしい、この女の子も、娘も、この絵本も、ぎゅう
    っと抱きしめたくなると同時に「おとなになると みんな 子どもの
    ときのことわすれちゃうでしょ」と言われてしまう大人であることが
    寂しくなったりもします。

    この絵本、娘にも読んであげたのですが、なにせ、生きてるさくらん
    ぼの渦中にあるので、当然のことながらあまり興味を示しませんでした。
    これはずいぶん昔に生きてるさくらんぼだった、私みたいな大人の絵本
    なのだろうな。だから、ひとりで朗読しては楽しんでいます。

    朗読しながらも、さくらんぼな娘の幸福な子ども時代の記憶よ、どうか
    永遠に・・と願います。長い人生、楽しいことばっかりじゃないと思う
    けれど、子ども時代のこうした幸福な記憶を、ピーチのたねみたいに心
    の中にそっと持ち続けてもらえたなら、と。
    何気ない瞬間に、きっと甘い香りがふわっと浮かび上がってくるだろう
    し、いつだって、ちいちゃな女の子の時と同じように「わたしはわたし」
    と力強く立っていられると思うから。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瑞々しい感性

    女の子が裸の場面があるので、ドキッとしてしまいました。「まよなかのだいどころ」のミッキーが裸でも気にならなかったのですが、絵がクーニーだったのでちょっと意外な感じを持ったのかもしれません。

    人生賛歌だなあと思います。

    毎日新しい私で、何にでもなれるというのは子どもの特権というのか、女の子の瑞々しい感性だと思います。

    クーニーの絵も美しくて女の子のいきいきとした感じが出ていると思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 解放感

    とても勇気づけられるような清々しくなれるようなそんな絵本です。
    クーニーの絵がまた絶品で女の子の瑞々しさが余すところなく
    伝わってきます。
    考え方ひとつで こんな風に自由に生きられるのではないかと
    思わせられました。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強く、素直な気持ちで!

    わたしはさくらんぼ!毎日生まれ変わり、新しいさくらんぼになるの!
    ちっちゃな女の子が自然や家族の中で感じたこと考えたことを
    素直な気持ちで、力強く歌います。
    その歌は新鮮で、とてもいきいきとしていて
    希望に満ちあふれています。
    そして、それを色彩豊かな生命力のあるクーニーの挿絵で
    更に伝わりやすく描いてます。
    わたしはどんな物にでもなれるけど、わたしは私なんだ!
    最後のせりふもしっかりとして、
    希望に満ちあふれる女の子のようになりたい!と感じました。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の成長のそばに

    わたしはいつもわたしでしょう

    この言葉、子どもには、当たり前すぎてわからないかも知れませんね。
    でも、大人は、ハッとさせられます。
    自分に自信をもってもいいのかな、という気持ちになりました。

    女の子がかわいいです。
    むしろ、きれいと言っていいかも…。
    まるで妖精のような女の子です。
    きっと将来、自分に正直で、清潔で、凛とした女性になるんだろうな。と想像できました。

    女の子の成長のそばに置いておきたい絵本です。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がみずみずしいです

    私には、描かれている女の子が、それほど「ちいちゃく」は見えません。そして、どうして女の子が裸なんだろうと不思議に思いました。無邪気さと、無意識の大人へのめざめが混ざったような微妙な年ごろの少女のように感じました。

    「何色に染まっても自分は自分」と自覚するのは子供にしては、しっかりした考え方のような気がします。女の子は「大人になると、子供のときのことをわすれちゃうでしょ」と言います。忘れる、のではなく「子供のままでは、生きていけない」と知るだけなのだと思います。

    自然の中の女の子の絵が、みずみずしくて素敵です。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • うたが良いんです。
     
    わたしは 生きている さくらんぼと ちぃちゃな女の子が 歌います。

    まいあさ わたしは あたらしいものに なれるのよ
      
    絵が、すてきで 岩のほら穴ので女の子がいるの、ブッダが修行しているようですね。

    す〜っと入っていきます。どの絵も・・・

    大人になると みんなこどものときのことわすれちゃうでしょう
    わたしも 大人になるの みんなと同じにわすれちゃうと思うの。

    何だか 大人のわたしは 淋しい気がします・・・・

    なんと言っても 歌と絵が すごくステキで 大好きになりました。

      
    わたしは 赤 (なんて、いいんでしょう!)
    わたしは 青 

    わたしは いつもわたしでしょう 
     
    広い海と空 砂浜 とても良い具合に描かれて お話がそこから産まれてくるのが、ふしぎです。

    わたしは いつも あたらしくなるのよ  
    最後のことばが 子どもの 未来を感じさせられました。

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れかけた、子どもの世界。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    “わたしは 生きてる さくらんぼ”とちいちゃな女の子が、力強く、率直に輝かしく、子どもたちの世界を唄いあげる姿を、バーバラ・クーニーさんは、少女と印象的なカラーを用いた風景で、見事に表現されております(o^_^o)
    生きる喜びや自分を見失いそうになった時、この作品を開いてみると良いかも知れません。
    大人の方におすすめの作品です♪

    掲載日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はははのはなし / おこりんぼママ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット