なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おおきなペットたち」 みんなの声

おおきなペットたち 作・絵:レイン・スミス
訳:江國 香織
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1993年
ISBN:9784593502943
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,943
みんなの声 総数 5
「おおきなペットたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うきうきわくわくした感情!

    • ちょびこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳、女の子3歳

    おおきなペット・・・・・・例えばでっかいセントバーナードやゴールデンレトリバー?
    大きな亀とか、大きな金魚とか?

    この中に出てくる大きなペットはそれよりも大きいんです。
    だって子どもが余裕で背中にのってその上で跳ね回れちゃうくらい!

    小さな子供たちは大きなペットたちに乗って夜になると遊びに出かけます。
    主人公は大きな猫と小さな女の子。
    この1人と1匹はミルクの池にお出かけするのです。
    他にも大きな犬に乗った小さい男の子や、
    コオロギとたたずむ男の子なんかが登場します。
    なんせ最後の方に出てくる、見開きの天の川に1人と1匹の、
    「楽しくってしょうがない!!」オーラが炸裂しています

    この本を読んだとき、子供の頃に思っていたことを思い出しました
    それは
    「私は絶対トトロに会える!ネコバスが迎えに来るんだ!」
    って信じてたこと。
    そうしたらなんだかウキウキするような優しい感覚になりました
    きっとみんな一回くらい思ったことありますよね、ね?
    でも、今でもちょっぴりそう信じている自分がいたりして・・・・・・
    子供の頃の夢物語を、ふっと思い起こさせてくれる絵本です。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストが丁寧で素敵です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    レイン・スミスの作品は、「三びきのこぶた本当の話」しか読んだことなかったけど、「みんなの声」を読むと、ほかの人たちはレイン・スミスの作品をいろいろ読んでいますね〜。(う〜ん。勉強不足で、皆さんの声にうんうんと、うなずくばかり…)

    とにかく絵がすごく丁寧で細かいのが素敵でした。
    子どもは、その絵本に登場してくる子どもたちの顔が、みんな笑顔なのが良かったのか、いろいろなペットを飼えてうらやましいと思ったのか、静かに聞いていました。
    私は、みんなで化石発掘してるシーンが好きでした。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かでとても詩的

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    最近レイン・スミスに注目しているので、よく読みますが、一緒に借りてきた『イカはいかようにしてもイカだ』とは、がらっと変わって、こちらはとても静かな絵本です。

    猫や犬やハムスターや昆虫など、大きなペットと、子どもたちの静かで親密な時間を描いています。
    物語というより、長めの詩に豪華な挿絵がついているといった感じです。

    子どもよりも大人が気に入るような本ではないかと思いましたが、思いがけず、次男がじっくりと聞いていました。
    「『おおきなペットたち』だから、子どもが小さいんじゃなくて、ペットが大きいんだよね」と一見至極当然な、でもなんとなく不思議な感想を洩らしていました。

    彼は、気に入っている昆虫が大きかったら、と考えていたようですが、私はちょっとそれは・・・という感じです。

    掲載日:2007/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想の世界

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    独特のタッチの絵に、江國さんのこだわりのある訳がマッチしています。
    江國さんの訳は、子どもにはむずかしいですが、子ども扱いしていないところが好きです。
    この独特な雰囲気をこわさないように工夫されていると感じます。
    選ばれる漢字にもこだわっています。
    子どものとき、このような漢字に出会ったとき、とても新鮮で、ちょっと大人の世界をのぞいたような
    くすぐったい感じを思い出します。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • レイン・スミスさんって、奥が深いよ!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    これもやっぱり、五味太郎さんの『絵本を読み続けてみる』で紹介されていた絵本です。

    同じレイン・スミスさんの絵本ですが・・・
    先日読んだ『たのしいホッキーファミリー』は、私の(というか、我が家の)ツボにみごとにはまったけど・・・以前読んだ『算数の呪い』は、個人的にだめでした〜(汗)。
    で・・・また、全然違った雰囲気のこれは、どうなんだろう?!と、読んでみたくなったわけです。

    ロマンチックなストーリーで詩的。
    絵がいいです。

    でも、訳が、難しいなあ。
    綺麗な言葉なんだけど、この言葉が、子どもたちの耳に入って、理解されるかは、微妙な気がします。

    大きな大きなペットたち。
    犬やねこなら飼ってみたいけど、ヘビや虫はごめんだわ〜(汗爆)。

    それにしても、レイン・スミスさんて、奥が深いなあ。色んな顔があるって、単純明快な私からすると憧れます!

    掲載日:2006/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット