大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

海のおっちゃんになったぼく」 みんなの声

海のおっちゃんになったぼく 作:なみかわみさき
絵:黒井 健
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784861010576
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,785
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 海を育てるお話

    このお話は、男の子が海から拾ってきた小さな海を育てるお話でした。この海は毎日どんどん大きくなっていくので、この男の子の手におえない感じになってきて海へ帰していました。海へ帰すまでに、生き物を育てる責任をお父さんに教えられて心動かされている男の子を見て、読んでいるこっちも素敵な親子関係に感動しました。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 高校生の感性

    大好きな海に向けて、飾り気のない気持ちを表したした絵本です。
    登場人物は僕とお父さんと海。
    海で見つけたビー玉は海の子どもでした。
    持ち帰ってコップに入れたら、どんどん成長してしまった海。
    もてあまして捨てようとしたら、怒ったお父さん。
    高校時代の感情は粗削りでストレートですが、振り返ってみるととても印象に残っているのでしょう。
    絵本に出てくる父親は作者にとって原像があるのではないかと思います。

    『ぼくのうちに波がきた』という、波を家に持ち帰るメキシコ作家の絵本がありますが、ストーリーといい絵といい全く対極にある絵本だと思いました。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泉州弁がきいてる

    「おっちゃん」という言葉が楽しくて「おっちゃんおっちゃん」と
    何度も言っていた娘です。
    でも「おっちゃん」って「おっさん」ではなく「おとうさん」って
    いう意味だったのですね。
    泉州弁で書かれた文章が効いています。標準語で書かれていたら
    ちょっと雰囲気変わって印象が薄くなったかもしれないなあって
    思うもの。私は関西の人間ではないので、イントネーションなど、
    うまいこと読むことができたかどうかはわかりませんが・・。
    ぼくは、「海」を飼っていたのですね。
    読んでいて私はそんな風には思えなくて、どんどん育っていって
    しまう海が、ちょっと怖かったです。
    作者は海の近くで暮らして、海に親しみを持って生きてきた人だから
    海なし県に長いこと住んでいる私とは海に対しての気持ちが全く
    違うのだろうなあ。
    娘もやっぱり少し怖がっていて。
    「ビー玉の中が水みたいだったら拾ってこなければよかったのに」と
    言っていました。

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海を見たくなる本です

    海が好きな少年が、海からもらった不思議なビー玉。どんどん水が増えていく。でも海は、大きく深く育っていって…やっぱり飼えないんですね。ちょっと切ない感じが後に残りましたが、同時に海の壮大さと不思議さを感じることができる絵本だと思いました。黒井健さんの絵は、ほんわかしていてステキです。この絵本を読むと、海に行きたくなります。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • この世界観、好きです

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    美しい青い表紙がまず目に止まりました。私も、海のそばで生まれ、いつも近くには海があったので、当然のように手にとって開きました。
    海が大好きなぼく。ある日、海からビー玉が・・・?持ち帰ってコップに入れると、ぱちん!と海が生まれた。その日からどんどん成長していく海。ジョッキでも、金魚鉢でも、ビニールプールでも入りきらなくなって、とうとう捨てようと思ったとき、お父さんに見つかりました。そのときのお父さんの言葉にドキリ。もし私が主人公だったら、きっと同じ行動をしたと思うから・・・。まるで子供のように、絵本の中のお父さんに叱られた気分でした。
    読後感はすごく晴れ晴れとしています。海に会いに行きたくなりました。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒井健さんの作品だったのでこの絵本を選びました。海の美しい色がしっかりと表現されている表紙が気に入りました。主人公の気持ちがストレートに方言で表現されているのが良いと思いました。私の心にもしっかりと気持ちが届きました。海が大好きな気持ちをずっど持ち続けられる主人公は素晴らしいと思いました。

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読後の余韻が心地よかった作品

     表紙絵の青色に目が行き手に取りました。
     黒井健先生の絵でした。
     
     開いて、瞬く間にこのファンタジーの世界に引き込まれました。
     どんどんどんどん大きくなっていく飼っている「海」が大きくなっていき、どうするんだろうと思ったら、お父さんが諭す言葉にドキリとしながら感動しました。
     「海」の最後の場面で、主人公の男の子の大きいほうの海への語りかけも素敵でした。
     ビー玉・「海」・恐竜すべてまさしく「海のメルヘン」でした。
     読後の余韻が心地よかった作品です。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 責任を持つということ

    海の変化に、こちらまで心配で不安になってしまいました。
    ドキドキしながら読み進んだので
    お父さんの大きさには男の子と一緒にホッとしました。
    男の子が「みんな」と呼びかけるところは
    直接語りかけられているような錯覚に陥るくらいでした。
    自分のかかわった事柄に対して責任をもつということの
    厳しさや大切さを感じます。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きいお話

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    男の子が海で拾った、ビー玉、それは実は海で、家出飼う事にしたが、ずんずん海は成長して、大きくなるので海に戻そうとすると、お父さんからカミナリが落ちます
    そしてお父さんと一緒に「海のおっちゃんやけど・・・」と自分の育てた海を、仲間の元に返しに行くというお話
    作者は高校生のときに大好きな海を主人公に創作したのだということです
    スケールの大きさに驚きながら、現実味があるのは、泉州弁が程よい働きをしているのでしょうか・・・
    黒井健さんの挿絵も頼りがいのあるお父さんのイメージがぴったりで良かったです
    よみ終えた後にもお話が続きそうで、親子でゆっくりと読み聞かせに向いていると思います

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • さりげなく・・・

    男の子が海で拾った「小さな海」を通してお父さんと
    息子の信頼関係だとかお互いに認め合うことをさりげなく描いてます。
    こういうお父さん、なかなかいないな〜って思いつつ
    おはなしが関西弁口調になってるので柔らかな感じでお話しを進められるところも
    分かりやすいし、海という場面を通してお父さんと主人公のぼくのスケールの広い
    心遣いや人間性を感じます。

    息子がもうすこし大きくなったら、2人で読んでみたいな〜と主人も感心しまくった絵本です!

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット