大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

しまふくろう」 みんなの声

しまふくろう 作:山本 純郎 神沢 利子
写真:山本 純郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\757+税
発行日:1992年
ISBN:9784834011036
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
「しまふくろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しまふくろうの生活

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    しまふくろうの写真としまふくろうの生活の様子が紹介されています。物語ではありませんが、写真を見て、しまふくろうはどこにいるでしょうと読むと「あっ!いた!!!」と楽しそうでした。
    えさを追う様子や、失敗してもあきらめないこと。ここでは「○○(子供の名前)はあきらめるの早いよね〜」などと談笑しました。

    読み終わった後、どうだった。と聞くと、楽しいお話じゃなかったけど、勉強になって面白かったと言っていました。

    私もふくろうのことなど生活の中で気にも留めていませんでしたが、この本で少しだけ興味を持ちました

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくろうのフォームって、カッコいいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    タイトル通り、ふくろうについての科学絵本なので、
    自然界で生活しているふくろうの姿がたくさん写真で載っています。
    なかなか普通に見れないものとしては、ふくろうのあくびのシーン。これ、可愛かったですよ。
    あと、水辺で魚を捕まえようとしているすごいシーン!見応えがありました。フォームがとってもきれいなんです。
    とてもまとまっていて文章も読みやすくてよかったです。
    ただ、何分ふくろうは夜行性なので、特殊なカメラを使っているとはいえ、バックは暗く、大勢いるところでこの本を読んだら、少し離れている子には見えないだろうな〜と、思いましt。

    内容的には小学校の読み聞かせにもお薦めしたいところですが、もしも読み聞かせに使うなら学童さんとかでテーマを決めてやるといいかもしれません。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい写真と文章

    写真の美しさと迫力に、見入ってしまいます。

    北海道の森で生きるしまふくろうの暮らしを紹介している写真絵本です。

    実物大のしまふくろうの顔とか、魚を捕まえる瞬間とか、迫力満点の写真に子どもたちも興味津々でした。
    雪の上に残った狩りの跡なんか、「ネズミがこう歩いてて、しまふくろうがここで…」と想像したりして…。

    文章は平仮名で書かれているので、小さい子から読めますが、高学年の子どもたちにもよくよみきかせします。
    淡々として簡潔で美しい説明の文章は写真にぴったりで、なんだか大人っぽい感じです。

    厳しい自然の中でのしまふくろうの営みのひとつひとつに感動しました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないことがたくさん。

    本当はこんなところに住んでいたのか。と
    改めて動物園の狭さを思いました。
    食べた獲物の消化されなかった部分は吐き出すなんて
    知りませんでした。ずいぶん大きなものを出すんだなあ
    なんて感心してしまいます。
    意外と親子が一緒に過ごす時間が長いのも興味深いところです。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真ならではの迫力

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    この写真を撮るのにどれだけの時間をかけられたのか、気の遠くなるような時間だと思います。
    貴重なシーンが写真だからこそ、説得力があります。

    ふくろうはあまり身近な動物ではないので、いろいろな面を興味深く見ることができました。
    かがく絵本は、知らない世界を分かりやすく知る事ができていいですね。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神秘的

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    ふくろうって、絵本の中では賢いアドバイザーとしてよく登場しますよね。
    でもふくろうの事というと、夜行性ってことしか思い浮かばないです。

    そこで、この絵本を読んでみました。

    顔の大きさを比べてみると、うん、目の幅はヒトと同じぐらい。
    思っている以上に大きい!
    その隣のページは…うんち?と思ったらうんちではなく、口からはきだす
    羽や骨などのかたまりでした。ペリットと言うらしいです。

    写真の質を見ると、ちょっと古い絵本だなと感じるのですが、
    しまふくろうが魚を捕る時の足の伸びや、雄雌で鳴き合っている様子が、
    臨場感たっぷりで、すごく良かったです。
    狩りの跡の写真も、ねずみがどう動いたか、どうしまふくろうがおそったか、
    想像するとゾクゾクしました。

    神秘的で、かっこいいしまふくろうの事がよくわかります♪

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきらめないその気持ち

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    これは 絵ではなく 写真の本です。
    「しまふくろう」の生きていく様子が文と一緒に紹介されている。
    ここには しまふくろうが何時間も餌をとることをあきらめない事がかかれていた。
    我が子は 今あきらめてしまう事が多い・・・
    「だって 時間がないんだもん」
    「だって わからないんだもん」って・・・。
    何に例えても この しまふくろうのあきらめない粘り強さを子供に教えたい。
    何度も何度も読んであげる・・
    そのうち しまふくろうの強さ、子供の心に通じるといいな。

    掲載日:2006/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くだもの / たまごにいちゃん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット