ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ねむいねむいねずみ」 みんなの声

ねむいねむいねずみ 作・絵:佐々木 マキ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1979年06月
ISBN:9784569585970
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,693
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • まだ眠いのかい

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    一匹で旅をしているねずみくん,ぽつりと一軒建っている古い家にたどり着きます.おばけが出そうな不気味さなのに,おびえず入っていくこわいもの知らずのねずみくんです.そんなことより早く眠りたくてしかたないのかな.
    そしてやっぱりおばけがいるっぽいこのおうち,いくらびっくりさせられても出て行かず,眠れそうな場所を探すねずみくんに脱帽です.
    そんなねずみくんにおそれいったのか,朝ごはんを用意してくれたのはおばけさんなのかな.
    ちゃんと眠っておなかも満たされ,はりきって旅を続けるのかなと思いきや,またも眠ってしまうねずみくん,いったいどれだけ眠いんだ.笑っちゃいます.

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむいねむいねずみくんは ほんとのねむくて・・・・
    古い家の中で寝ようとするのですが・・・・
    一体誰の家だったのかしら 
    空き瓶のダンスパーティーがおもしろい

    お風呂で眠ったとき 水がわきだしてきたのに・・・・ねむり続けてるのんきな ねずみくん   しかも 夢の中でおかあさんに会えたなんて 

    お母さんに 守られていたのですねよね
    朝ごはんまで よういされていたなんて ラッキーな ねずみくん 
    のんきなんです

    旅は続きます

    どんな旅が展開するかたのしみですね

    佐々木マキさんの 自由奔放な気持ちがステキ! 
    ねむいねむいねずみくんの絵本になったのでしょうね

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠さは怖さに勝る

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    迷い込んだお化けがいそうなお屋敷。
    どうもいるみたい、でも眠いので寝てしまうネズミの話。
    佐々木マキさんの絵本です。
    たくさんシリーズが出ているみたいですね。

    不思議な感じを残したまま、終わる絵本です。
    眠いときは確かに寝てしまいそう、悪夢じゃなければ。
    用意された朝ごはんを見て
    やっぱり ここは おばけやしきなんだねぇ。
    ぼんやり言われ、ふつうに食べるネズミを見ると
    ちょっと素敵な出来事みたいなので変な感じです。

    掲載日:2014/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ただただ眠くて堪らないねずみ君のあらやこれやが、訳もなく楽しい絵本です。
    入り込んだ家の怪奇現象は夢だったのでしょうか?
    目が覚めたら、ご馳走が準備されていたなんて、何か意味ありげですよね。
    でも、ねずみ君にとってはどうでもいい事のようです。
    あまり深読みせずに、楽しい絵本ですが、見ている方も眠くなりそう…。

    掲載日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるなー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ねむくてねむくてたまらないねずみくんのお話。
    ねずみくんの気持ちわかるなー。
    幼い子供の世話をしているとなかなか思うように眠れません。
    夜泣きの時期は特にねずみくんのように眠くて眠くてたまらないです。
    でもさすがにおばけやしきだと私は目が覚めちゃうかな。
    ねずみくんの眠気は相当なものですね。

    掲載日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動じない・・・

    ねむいねむいねずみシリーズの、一番はじめの
    絵本です!!
    何が起きても、まったく動じないねずみくんに
    なぜかはまってしまいます。
    あまりの眠さで、不思議なことが起こっているのに、
    まったく気にせず、寝続けます。
    にこりともせず、寝ぼけまなこのままのねずみくん。
    いったいどれだけ、眠いんでしょうね・・・。
    このシリーズでは、いつもおかあさんの夢を見るの
    ですが、いつかおかあさんが登場するのではと、
    楽しみに読んでいます。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢かな?!

    ねむいねむいなずみくんが
    たどりついた家は一軒の古い家

    ベッドで寝ようとしたら動き出す。
    時計の中で寝ようとしたら追い出される!
    床でもお風呂でも!
    次々と不思議な現象がおこります。

    でもねむいねむいねずみくんは死ぬかもしれない状況でも
    そのまま寝てしまい、夢まで見てる!

    朝ごはんも食べて元気〜!
    とはいかずやっぱりねむいねずみくん

    こうしてまた旅を続けるのね。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむさが伝わる

    タイトルに興味をそそられ、借りてみました。

    旅に出ていたねずみサンが、誰もいない古い家でお休みすることに。

    気持ちよく眠りたいねずみサンの元に、次々と色々な出来事がおそいかかります。

    眠そうなねずみサンの目が可愛らしい。

    あるものが動きだすシーンや、あるものが踊りだすシーンは、体を動かしながら読んであげると子供は喜んでいました。

    度重なるハプニング、面白かったです。

    このシリーズ、色々あるみたいなので、ぜひ読んでみようと思います。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢?現実?

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    図書館のおすすめコーナーにありました。娘が「ぶたのたね」の大ファンなので借りて読みました。絵が今風なので新しい絵本だと思っていたのですが、1979年ということで、ずいぶんロングセラーなんだとびっくりしました。
    ストーリーは不思議です。ねむいねむいねずみがたどり着いた家はおばけ屋敷だったのかな?ねむいねむいねずみが見たものは夢だったのかな?なんだかオチがよくわからなくて、変な絵本だと思いましたが、娘はおばけブームということもあって、それなりに楽しんで読んでいました。おそらく子供心に訴える何かがあるんだと思います。だからロングセラーなんだと・・・。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネズミの表情

    「ぶたのたね」で大好きになった 佐々木マキさんの作品です。

    このシリーズ、「ねむいねむいねずみとおつきさま」を先に読みましたが、とっても面白かったです。

    眠そうなネズミの表情が、子供達は好きなようです。

    沢山あるシリーズ、早く読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット