だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ママにあかちゃんができたの!」 みんなの声

ママにあかちゃんができたの! 作:ケス・グレイ
絵:サラ・ネイラー
訳:もとした いづみ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784062626163
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,490
みんなの声 総数 10
「ママにあかちゃんができたの!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しい家族を迎える準備

    1か月、2か月、3か月……。あかちゃんは、ママのおなかのなかですくすく大きくなっていきます。ママもすこしずつ、あかちゃんをむかえる準備をしています。その様子をおねえちゃんがレポートします。
    幸せな家族が描かれています。

    ママのおなかに赤ちゃんができたら、上の子に読んで聞かせたい絵本です。家族みんなで新しい家族を迎える準備をするって素敵ですね。
    うちの娘は、おねえちゃんになる予定もないけど、楽しく読んでいます。


    掲載日:2012/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妊娠経過がわかりやすい!

    3歳の娘に対して、赤ちゃんができたと伝えた後、
    この絵本を一緒に読み始めました。

    妊娠中のお母さんの様子、お腹の中の赤ちゃんの様子、が
    おねえちゃん目線で描かれていますが、
    とっても参考になり、娘は実感が湧いたようです。
    妊婦が頻繁にトイレへ行くことなんかも描かれていたりします。
    4歳になった今、
    「もう9ヶ月になった?」「もう10ヶ月になった?」と
    もうすぐ生まれる赤ちゃんを楽しみにしてくれています。

    つわりの辛さは描かれていませんが、
    (多分、夜中にトイレに立っているママは
     つわりで苦しんでいる絵だと思うのですが…)
    そこはもう現実に苦しんでいる母親を見て気遣ってくれていたので
    特に絵本で辛さを描く必要はなかったのだと思います。

    分かりやすい、かわいい、楽しい、ということで、
    とても良かったです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんに興味津々

    待望の二人目妊娠中の私。
    でも、その前にだめになったりもしていたので、
    なかなか娘に伝えられず、安定期に入ったので
    ようやく教えてあげることができました。
    そして、そのあと読んだのがこの絵本。
    まだ細かいことはわからないみたいだけど、
    赤ちゃんがお腹に来たらすぐでてくるわけではなくて、
    お腹の中で少しずつ大きくなって
    やっと出てくるんだっていう過程は理解できたよう。
    最後のページの、月ごとの赤ちゃんの大きさのイラスト
    (原寸大ではないですが)を見て、
    今、ここだよと教えたら、興味津々。
    何回も読んでは、「今このくらいなんだよね」と
    聞いてきます。
    いろいろ赤ちゃんや弟妹関連の絵本を探して
    読んであげようと思います!

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外国って感じのポップな妊娠生活

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     今は産まれている長男がまだおなかの中にいるときに、胎児や妊娠の様子を描いている絵本が娘達のブームになっていました。
     その中で彼女達に一番ヒットしたのが、この絵本でした。

     とにかく絵本の中のお姉ちゃんのレポートが、我が家の娘達と一緒で、でも、やっぱり日本人の子供と視点が違うのが面白いらしいです。

     とくに、ママが「デカデカブラジャーを買った」とか「デカデカパンツを買った」という記述がヒットしたらしく。確かに日本人の子供が、お母さんがそういう妊娠用下着にかわっていくことを観察しているのは珍しいかも?なぜかしら?でも、日本の絵本では、見たことない気がするし??などなどいろいろと私も考えて発見でした。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    カラフルな表紙が素敵だったので魅せられこの絵本を選びました。赤ちゃんの誕生を家族がいかに心待ちにしているかを感じられる絵本でした。主人公がとても解り易く御母さんのお腹の中の赤ちゃんの様子を解説してくれるのが良かったです。物差しがついているのもとても配慮があって素晴らしいと思いました。生命の誕生の感動を感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストが気に入りました

    外国の絵本の雰囲気がたっぷりのイラスト。
    私はかなり気に入りました。

    ママのおなかの赤ちゃんの様子を、女の子の解説で
    進められていくところが、子どもたちにはとっても
    分かりやすかったようです。

    赤ちゃんのお話って、子どもたちは興味津々。

    このお話も、かなり入り込んで聞いていた子どもたちでした。

    2人目が産まれる友達がいたら是非、プレゼントしたいな〜って
    思いました。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴったり!!

    • びかママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    ママのおなかに赤ちゃんができてからの10ヶ月、それぞれのママと赤ちゃんの様子を、お姉ちゃんになる「わたし」が教えてくれます。

    妹がお腹の中にいたときのことを思い出したのか、うちのお姉ちゃんが『おもしろーい!!』と大喜びで読んでいます。
    実際の経験ともピッタリで、途中でママがデカデカブラジャーを買ったりデカデカパンツを買ったり・・・、トイレが近くなったり。
    子供の目線で見るとこんな風なんだろうなって、親子で大笑いしながら読みました。

    今から赤ちゃんが生まれる家に限らず、こんなだったよねって親子で楽しみながら読める本です。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろ思いだします

    娘が赤ちゃんの本を探してきてというので図書館で探してきた本です。お姉ちゃんのレポート形式でおなかのあかちゃんの大きさやお母さんの近況(ブラジャーやパンツが大きくなったこと)まで教えてくれます。私はこの本を読んでそうだったそうだったと思い出すことも多かったので妊婦さんのつらさが思い返されました(つわりがひどかったので)娘は赤ちゃんのことがいろいろ知りたかったみたいでお母さんのことにはあかちゃんほど興味がなかったみたい。

    掲載日:2007/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの大きさがよくわかる

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    長女がひとりで見つけてきて、とても気に入っている絵本です。

    1ヶ月の赤ちゃんは豆粒くらいなんだって〜
    3ヶ月の赤ちゃんはガムくらいの大きさなんだよ。
    と自慢げに教えてくれます。

    そうなのよ〜 こーんなにちっちゃかったあかちゃんが
    10ヶ月で生まれてきて・・・今ではこんなに大きくなっちゃった!!
    って言ってぎゅっと抱きしめています。

    絵本の赤ちゃんを迎える一家がからっと爽やかで
    悪戯っぽい笑いをたたえる女の子とママが可笑しい。
    その女の子の目線で、赤ちゃんのいる10ヶ月をレポートしています。

    でかでかブラジャーとでかでかパンツ。とかの表現もいいんです!

    一生懸命男の子の名前を考えているパパが妙に浮いていて
    男の人の存在感を実に上手く表現しているなぁと感心します。

    もうすぐお姉ちゃん、お兄ちゃんになる子には必見かも。

    掲載日:2006/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出すな〜

     なんとなく最近の私は、「あかちゃん」だの
    「誕生」という話題の本に惹かれてしまう。
    もうそろそろ・・・3人目が欲しくなったのかも??
    それはさておき、ピンク色の表紙で裏表紙に
     「1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・・・。
     あかちゃんは、ママのおなかのなかですくすく大きく
     なっていきます。
     ママも少しずつ、あかちゃんをむかえる準備を
     しています。
     そのようすを、おねえちゃんがレポートします!」
    のキャッチコピーに興味をそそられ、衝動買いしました。

     読んでみると、ホントそのとおり!おもしろおかしく
    愉快にレポートしてます!パパが考えるあかちゃんの
    名前は、男の子の名前ばっか!!すごくおもしろかった
    のが、ママが出産までに買った物。それは・・・でかい
    ブラジャーとパンツ。思い出しますね〜。娘も息子が
    おなかにいるとき私が買ったHカップのブラジャーを見て
    なぜか喜んでましたね〜。パンツなんかも自分にあてて
    みたりして♪娘も一緒に読んで思い出したのか、笑って
    ました!!

     さて、産まれてきた赤ちゃんは男の子?女の子?
    ドッチかな?それはナイショ!!

     出産を控えてる友人にプレゼントしたいですね〜♪

    掲載日:2006/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット