雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

くずのはやまのきつね」 みんなの声

くずのはやまのきつね 作:大友 康夫 西村 繁男
絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784834024302
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,086
みんなの声 総数 12
「くずのはやまのきつね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心温まるおはなし

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    むかし、くずのはやまのふもとの小さな村があった。

    みんな田や畑を耕して暮らしているから、天気に恵まれて天災にも遭わずに豊作な年になることを願って暮らしている人たちだ。

    言い伝えに、くずのはやまのきつねが嫁入りする年は豊作だというのがあって、みんなが今年はどんなものかと気にしているのだ。

    きつねの嫁入りとは、またどうして?と思うが、言い伝えなのだから本当のところはだれも知らないのだろう。

    そんな言い伝えが残る村が、まだ日本にもあるのかなあと思うと、訪ねてみたくなります。

    私たちは文明を築くだけではなく、そういう自然を子供たちに残していかなければならないと思います。

    そして、こういうお話をみんなが読んでくれたら、みんなも私みたいなきもちになってくれるのではないかと思います。

    掲載日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねのよめいり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳からとあったのですが我が家の3歳2ヶ月の子供には難しかったかなという印象です。
    子供が一生懸命田植えや子守等の仕事をしていてそれが当たり前だったんですね。今とは違うなー。
    きつねのよめいりがあると豊作というのは初めて知りました。
    きつねはかみさまのような扱いなのでしょうか。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べることは生きること

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    日本の昔の暮らしぶりが伝わってくる本です。
    まさに生きるために、食べ、食べるために田畑を耕し、働くという人の暮らしの原点が描かれています。食のありかた、お米のありがたさが幼児にもストレートに伝わる絵本ではないでしょうか?

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お米が食べられる幸せ

    昔の日本の暮らしを知ることのできる絵本です。
    田や畑を耕して暮らし、米ができなければあわやひえを食べ、それもなくなると草や木の根を食べた。
    そんな生活、今の子には想像つかないでしょうね。
    もちろん私自身も経験したわけではないので、知識としてしかありませんが。
    飽食と言われる今の時代に、「米」を食べることの有難さ、食べるものがあることの幸せに気づかせられます。
    昔は子供たちも一緒になって田んぼや畑で働いていたんですよね。今はなかなかそういう光景、見ることがありませんが、昔の人はそうやって小さいころから食べ物の有難さを感じながら暮らしてきたんでしょうね。
    自分たちで食べるものは自分たちで作る、食の原点が描かれています。
    不作のときはひもじいでしょうが、念願かなってたわわに実ったお米は嬉しさもひとしおだったでしょう。白いお米をほおばる子供たちの嬉しそうな表情がとても印象的でした。

    昔の暮らしを伝える、貴重な絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の子供たちにも伝えていきたいお話

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    なんだか見覚えのある絵、なんだか見覚えのあるタイトル。でも内容は思い出せず、図書館で借りてきてゆっくり読んでみました。きつねの嫁入りのシーンなどは、フラッシュバック!やはり私、子供の頃、読んだはずです。でも恥ずかしながら、内容はあまり覚えていませんでした。こんなお話だったんですね。しみじみ。
    食に困ることのない現代っ子の共感はなかなか得られないのかもしれませんが(私も含め)、昔はこうして、皆で協力しながら米を作ったこと。不作の年は正月に飯も食べられなかったこと。嵐から身を挺して田んぼを守っていたこと。伝えていかなければいけないことだと思いました。
    結構長いお話ですが、4歳の息子と一緒に、2歳の息子もずっと真剣に見つめていました。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな大群のすずめ、最近見ません。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    これも、昔話ではなくて昔話っぽい創作でしょうか?
    〈こどものとも・コレクション〉には、なにも説明が書いてないので、判断できませんでした。
    まだ、人が、自然や不思議な生き物(妖怪や神)と共に生きていたころのお話です。

    主人公のたみぞうとごさくがすずめを追うシーンがあり、これを見て思ったのですが、
    最近、町中で見るのはカラスの大群ばかりで、すずめをほとんど見ませんね〜。こんな風にすずめがばぁ〜っと飛び上がるシーンを、子どもの頃はよく見ていたような気がします。

    不思議な「きつねの嫁入り」は、ラストのラストで描かれているので、そこまでは実に淡々と農家の家の生活が描かれているので、読むことで、刺激がほしいお子さんにはちょっと物足りないかもしれません。

    掲載日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねの嫁入り

    「キツネの嫁入り」・・・・なんだか、とっても懐かしい思いがします

    子供の頃に使っていた言葉の響き、懐かしくてそおっとしておいてほし

    い・・・・。

    キツネの嫁入りの行列の最後尾に、赤ちゃんキツネがお母さんに抱かれ

    て眠っているようで、微笑ましかったです。

    着物姿の女の子のキツネもいたからとても温かく感じられてよかったで

    す。豊作になり、腹いっぱいのお米が食べられてほっとしました。

    貧しくても、ご飯が食べられる現在に感謝したいと思いました。贅沢な

    んて言ってられないと思いました。昔の田んぼも、風景もとても絵がよ

    かったです。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい日本の農村といいつたえ

    少し地味な作品かも知れませんが、子どもたちに昔の農村を伝えたい絵本です。
    農業は自然に抗えない作業ですが、村という仕組みが共同体であったこと、自然に対して人はどうしていたのか、凶作の続いた時の生活…、様々に教えてくれます。
    西村繁男さんは非常に「はらっぱ」や「ぼくらの地図旅行」など、風景、家屋を克明で現実的に描くので好きな絵本画家ですが、農家の姿、田圃がきれいに区画されていないところ、今では創造できない昔の話かと思います。
    苦しみも、収穫の楽しさも村落では共有します。家族の結びつきの原型があります。
    「きつねのよめいり」。
    この言葉の響きも懐かしい。
    様々な伝承があって、生活の中に座を占めていました。
    読んでいながら、自分で納得してしまいました。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な作品

    創作民話とでもいうのでしょうか。

    「きつねのよめいり」をモチーフにした幻想的な作品だなあと思いました。

    絵が西村繁夫さん。空の青と田んぼの緑のコントラストがとても印象的です。

    日本の田んぼって遠目に見るととても美しいのですが、季節の移り変わりもよく感じられると思います。

    ご飯が食べられないぐらいの貧しさは、私の子どもの頃も今の子どもたちも経験したことはないと思いますが、そんな時代もあったこと、知ってもらえたらいいなあって思いました。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 西村繁男さん

    西村繁男さんの作品だったのでこの絵本を選びました。方言が使われてたのですんなりと物語の世界に入っていく事が出来ました。昔の言い伝えをとても臨場感たっぷりな文章と迫力のある絵で表現しているのが素敵だなと思いました。特に金色の根が実る所が圧巻でした。狐の嫁入りは初めて見ましたがとても美しかったです。特にお嫁さんの衣装が素敵でした。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット