庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

こころのやさしいかいじゅうくん」 みんなの声

こころのやさしいかいじゅうくん 作・絵:マックス・ベルジュイス
訳:楠田 枝里子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500703
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「こころのやさしいかいじゅうくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どこからでも読める本

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    かえるくんシリーズが有名なマックス・ベルジュイス。このかいじゅうくんも、この他に「ぬすまれたかいじゅうくん」が出ています。
    ラフに描いたようで実は綿密に、細かいところまで描かれている絵は、まずその大胆さに目をひかれ、2回目に読むときには端々までじっくり見せる魅力があります。
    と、難しく書きましたがとにかくかわいい!
    描き込んだところとそうでないところ(余白)、文字のあるページとないページの絶妙なバランス。
    どのページを開いてもそれぞれが1枚の絵として成立します。
    絵のことばっかり書きましたが・・・
    ストーリーは、ちょっと強引なハッピーエンドかもしれませんが、かわいいイラストですべてが許されてしまいます。

    掲載日:2008/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとってもかわいいのです。

    なんといっても、絵がかわいいのです!!
    人間なんかは、ブロックのおもちゃのようです。
    自分の好きな絵は、なんだか子供にも見せてあげたくなります。

    訳は”楠田枝里子”とあるので、あの楠田枝里子さんなのでしょう。

    かいじゅうと人間とのやり取りの物語です。
    タイトルである「こころのやさしいかいじゅうくん」。
    火を吐いたり、畑をあらしたり、あんまり、心が優しいとは感じられません。ちょっと、ストーリーは、強引かな・・・と思う所もあります。

    でも、最後には、自由も仕事も尊敬もすべてのものを手に入れ、ハッピーエンド・・・となっています。
    手に入れすぎですよ・・・うらやましい

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット