おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ノアのはこ船」 みんなの声

ノアのはこ船 作・絵:ピーター・スピア
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1986年
ISBN:9784566002616
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,643
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵が語っています

    旧約聖書にあるノアのはこ船は、映画でもスケール大きく描かれていましたが、この絵本も説明や文章を廃した事によって、壮大な物語になっています。
    表紙の楽しそうな絵とは裏腹に、大洪水を乗りきった方舟の中での生活はとても大変でした。
    色々な動物たちがどうであったか 、細かく描かれていて、何度見ても感じるところがあります。
    方舟に乗れなかった動物たちも描かれていて、選ばれたものとそうでなかったものの対比が、ちょっとつらかったです。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何かのひょうしに我が子が「ノアの箱舟」のことを知らないと聞いてびっくり。でも確かに耳にする機会は少ないかも・・・
    ということでこの本を手に取りました。

    読んでから気づいたのですが、こちらの絵本はお話は1ページだけであとはイラストだけ。予備知識が何もなかった子供はちょっと戸惑った様。
    そこで私がおぼろげな知識で説明を加えながら一緒に読みました。
    おおまかな流れがわかるととても楽しかったようで興味津々でイラストに見入っていました。説明がないので1つ1つのイラストの意味を想像しながら親子で読んでいったので読みごたえがあり。

    子供が自分で読むならあらかじめ大まかな話を知っていたほうがいいと思います。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    旧約聖書の一説のノアの箱舟について描かれた絵本です。
    旧約聖書にふれることがないこども達は、なかなか知ることのないノアの箱舟について、万物創生について、知識を得ることができる作品として、お勧めです。わたしも改めてノアの箱舟について再確認しました。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が物語る絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ノアの箱舟」は、沢山の絵本が出版されています。
    一番印象に残っているのは、今年2月に邦訳されたリスベート・ツヴェルガーの描いた「ノアの箱舟」。
    リスベート・ツヴェンガーは、グリム、アンデルセン等の世界的名作を、繊細で独特の画風で描き、国際的に評価を得ており、思う存分に彼女の描く絵の魅力が溢れているものでした。

    今回のピーター・スピアーによる「ノアのはこ船」は、1978年にコールデコット賞を受賞しました。
    ピーター・スピアは、1962年にも「きつねのとうさんごちそうとった」で、コールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    この作品の特徴は、文章が殆どないこと。
    最初と最後に1行の文と、大洪水の詩の転用があるだけです。
    後は、絵が物語るという作品なので、ノアの箱舟の文章を一度は読んだことがないと、理解が難しいかも知れません。
    何せ、絵だけですから、解説を入れつつの読み聞かせが必須の作品です。

    それでも、ピーター・スピアの絵は、魅力に満ち溢れたもの。
    船には、選ばれし者しか乗船できなかったのですが、船の入り口が閉ざされ、船外にいた多数の動物が洪水の中に消え去るシーンは、その象徴的な絵です。
    だんだんと船内が汚れていくシーンや、ノアが思い悩むシーンなんて、実に忠実な絵だと思います。
    また、甲板から大量の水が溢れさせながら、大海原を漂う船の絵は、何度見ても心に響くものではないでしょうか?

    文章はいらないと言える位、絵が物語る作品です。
    ノアの箱舟の絵本は多かれど、一度は読んで欲しい作品としてオススメします。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけでも生き生きしている本

    絵だけでも、ノアの箱舟のストーリーが、絵でしっかり描写されていて、とても生き生きして感じられます。子供も気に入っていました。絵だけだと文字があるより子供が好きに読みやすいので一人で与えておいても勝手にセリフをつけて読んでいて、想像力アップしそうです。ただ、うちの場合は、最初だけは理解しやすいように絵本を見ながらママがストーリーを説明していきました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「7日間」も洪水に流されて…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    最初の聖書の1文以外、ず〜っと絵だけで語られている絵本でした。
    スピアーならではのち密な物語の世界を堪能できた気がします。
    他の方が感想に書いていますが、
    動物の好きなお子さんは、楽しめると思います。
    そのほかにも絵の勉強をしている中高生にも、お薦めしたいですね。

    私が読んで、スピアーは聖書に書かれていることだけでなく、ちゃんと物語を紡いでいるな、と感心したところは、
    ノアがほ小舟の中で、動物たちのえさやりをしたり、糞の後始末をしたりしているシーン。
    そして、最初はきれいだった船の中が、「7日間も」大洪水に流されていたため、船の中は日に日に汚れがひどく、ノアもだんだん疲れた姿に描かれています。

    子どもが読んだら、また違う目線なのでしょうけど、私はスピアーという絵本作家の面白さをこの絵本で見せてもらった気がしました。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心正しくいきたいものです

    心けがれた人間にうんざりした神が大洪水をおこします。

    しかし、ただ一人心正しきノアとその家族を助けるために
    ノアに大きな箱舟を作らせ、
    その中に動物を乗せます。

    大洪水は何日も続きますが、ある日
    一つの希望を見つけます。


    子供にとってはちょっと怖いお話かもしれませんが、
    動物がたくさん出てくるので最後まで見ていました。

    現実味はにないですが、正しく生きていくことは
    とてもいいことであると少しでも伝わるといいです。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物好きな子どもにも。

    こんなノアの箱舟は初めてでした。洪水の間の動物たちの暮らしぶりや
    ノアの様子が丁寧に描かれていて楽しめました。
    ただ世界が水に沈む場面、動物たちの後ろ姿にとても胸が痛みます。

    息子は動物が好きなので、たくさんの動物のでてくるこの絵本が
    大好きで何回も見ています。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2才の息子も気に入った!

    本棚にある洋書版を探し出してきた2才の息子
    何故かこの本が大好きになりました
    彼はまだ、たくさんの動物の中に
    自分が知っているものを探すのが楽しいようですが、
    それでも おふねのったね〜 と
    動物たちの安否を気にしながら 楽しんでいます。

    ノアが箱船を作り、動物たちをつがいで乗せ
    世界を覆う嵐の中を 箱船の中で暮らす様子が
    本当によく分かります。
    動物たちが船を下り再び陸に戻った時の
    船の中の、草などがちらかった荒れた様子で
    レクリエーションで船に乗った訳じゃないと伝わります。

    スピアの絵の素晴らしさでしょう
    お話がなくったって、
    ノアの箱船のお話がうろ覚えだって大丈夫
    だって 全部 絵に描かれているんですもの

    こどもと一緒に 絵を見ながら
    色々お話を作りながら読んでいけば良いのだと思います。

    そしていつかノアの箱船の話しを知った時
    このスピアの絵の的確さが 確認されるのだと思うのです。

    美しい絵は、それだけでストーリーを
    伝える力があるのですね。

    掲載日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけだけど伝わります。

    絵がかわいらしいのと、絵を見ながら大人が語りかけができるのがいいと思いました。子供たちは絵本が大好きなので自分たちで「○○してるんでしょ?」とかお話を覚えていて、復習?みたく見られるところもよかったです。

    掲載日:2007/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット