だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

たまご」 みんなの声

たまご 作・絵:ガブリエル・バンサン
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1986年10月
ISBN:9784892389566
評価スコア 4
評価ランキング 18,561
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 訴えたかったことは?

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    読み終わった後、また最初からページをめくりました。

    「アンジュール」でガブリエル・バンサンを知ったことから、別の作品もと思い、手に取りました。

    「アンジュール」では、ストーリーがすっと浮かんできましたが、「たまご」では頭の中が?でいっぱいになりました。
    きっと、私は頭でっかちの状態で読もうとしていたのでしょう。
    いったいどんな意味があるんだろう、ということばかり考えてしまい、わからない、わからない、わからない・・・と何度も読み直しました。

    そんな中、4歳の娘が「私も読む〜」と近づいてきました。
    彼女も夢中でペラペラとページをめくっています。

    思わず、娘に「ねぇ、これってどんなお話なの?ママにはわからないんだけど」
    と聞くとあっさりと答えが返ってきました。
    娘の解釈によると・・・

    卵 → カラスのたまごだよ!
    雛 → 生まれてきたのに死んじゃったんだよ。
    なぜ死んだのか → 小さい人がみんなでいじめたからだよ。
    なんで最後に卵がいっぱいあるのか
            → ひとりじゃ寂しいからだよ。

    そうか、そうなのか・・・と妙に納得してしまいました。

    ガブリエル・バンサンが何を伝えたかったのかはよくわかりませんが、この絵本を通して、自由に想像することのおもしろさ、難しさを知った気がします。

    頭をまっさらにして、自分なりのストーリーを作るというのは大人にとって必要な時間かも。
    何人かで読んで、それぞれの解釈を聞くのも楽しいですよね。
    ストーリーを押しつけられず、自由な発想ができるとてもよい作品だと思いました。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • たまごが持つ意味

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    これこそバンサンといえる、絵コンテのみによるモノクロ画で描かれた、字のない絵本です。


    とある町外れに巨大なたまごが出現。

    一体なぜ?だれが?

    黒山の人だかりができ、やがて人間の手によって柱が取り付けられ たまごは人間のものとなる。卵は割れひなが生まれるが・・・


    そこに現れたのは巨鳥。クワっと睨みを利かし、更に卵を産み落として飛び去っていく。


    読者によって「なぜ卵を産み落としていったのか」を考えさせる結末となっています。

    生命の源であるたまごを人間は興味本位でしかとらえない。軽々しい扱いに対しての動物の怒りを描いたのでは。


    バンサンのデッサン力は素晴らしいですね。
    字が書かれていない分、逆に説得力があります。
    【読者対象:小学校高学年から】

    掲載日:2007/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像の翼を広げて!

    自分で読む分には、勝手に想像の翼を広げて毎回違うストーリーを考えて楽しむことが出来るので楽しいと思いました。孫に読んであげるには私には苦手です。文字があって読むほうが楽だからです。白黒もなんか懐かしく白黒テレビを思い出して勝手に自分一人の世界に入ってしまった私です。観光地化されていくのが、鳥にとってはやっぱり迷惑で静かにそっとしてほしいのが本音かなあと思いました。でも、人間は興味本位満々で(私も一緒ですが)ほっておかないでしょう・・・・・・・

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に残る1冊

    せりふもなく、色もなく、
    展開もはっきりわかるのではないのですが、

    なにやらヒナが可愛そう、人間が自らの利益のために
    他の生き物を利用していそう、でも悲しく思っている人もいそう

    などと、子供でも感じることができる本です。

    3歳の息子に読み聞かせるたびに説明が変わるのですが、
    そこもまた面白いのか、真剣に聞いいています。

    子供には、かわいい楽しい絵本や面白い展開の絵本を
    読んであげてしまいがちでしたが、
    こういうしみじみと感じることのできる
    シリアスな絵本も良いなあと思いました。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無声映画のような絵本。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ガブリエル・バンサンという人は、絵本というよりは、画家のライフスケッチのような形で、本を作っているのではないかと感じました。
    この絵本には文字がなく、無声映画のように物語は進行していきます。

    表紙だけ見ると長谷川摂子さんの「おおきなおおきな」の無色版?みたいな印象があります。

    中学生の上の子は「ふ〜ん」と、ページをめくって1人読みしていましたが、下の子は表紙を覗いただけで見ようとはしませんでした。
    なので、ナビのお薦め年齢では小学校5、6年生からとありましたが、私はどちらかというと、大人向けの絵本かな。と感じました。

    絵本の途中で登場したのは、きっとたまごの母親なんですよね。
    それがどこに行ったのかと思っていたら、数ページ後に倒れていて、さらに数ページ後にははりつけにされていて…。
    ガブリエルは熱心なキリスト教徒だったのでしょうか?この絵に何か宗教めいたイメージを見たのは、私だけでしょうか?

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い!!

    字がない分、考えさせられました。
    現代の世の中を何か物語っているような気がします。

    絵は大人なタッチですね!

    話の筋だけを考えると、現実にはありえないと私は思います。
    そのありえなさが、子供にはうけるかも?

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バルバルさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット