おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

聖なる夜」 みんなの声

聖なる夜 作:ピーター・コリントン
絵:イロン・ヴィークランド
出版社:ラトルズ
本体価格:\1,880+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784899772057
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「聖なる夜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあちゃんが語るクリスマス物語

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    『ニルスのふしぎな旅』の作者、セルマ・ラーゲルレーヴ(スウェーデン)による作品。
    自身が祖母から聞いたお話によるものだそうです。
    それは、クリスマスの聖なる夜のお話。
    口承なので、よく知られているストーリーとは少し違います。
    ある男の人が、妻が出産したので、火を分けてもらおうと出かけるのです。
    何とか探し出した羊飼いは無愛想でしたが、目の前で起こる不思議な出来事に心を動かし、
    やがて、優しい気持ちが芽生えるのです。
    心に満たされた幸福感の光景は、きっと祖母から女の子に伝わったでしょう。
    不思議なお話になぜ?を連発する女の子を諭しつつ、話を進める祖母の様子が、
    口承の素晴らしさを実感させてくれます。
    もちろん、私たちには、絵本という形ですが、伝わってきます。
    この伝承のありがたさもしみじみ感じました。
    そして、祖母の死の様子もきちんと描かれています。
    そのあたりのことも感じ取ってほしいですね。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット