ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版
イースターってなあに? たまご探しと楽しいパーティー!?

絵巻えほん 動物園」 みんなの声

絵巻えほん 動物園 作:多田 ヒロシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784772101097
評価スコア 3.75
評価ランキング 30,082
みんなの声 総数 3
「絵巻えほん 動物園」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二作目

    実は絵巻えほん、二作目です。

    別の絵巻えほんに魅了されて、こちらも読みました。

    すべてを広げて読んでもいいし、

    通常の絵本と同じように1ページずつ

    めくってよんでもいいです。

    細かいところまで目をやりながら、

    親子で見つけたものを教えあいながら読みました。

    寝る前に読んでしまうと楽しくて興奮してしまうので

    別の時間がいいと思います。

    知ってる動物だけじゃなく、いろんな人も注目しながら

    読んでいくと、あっという間に時間がたちます。

    大人もはまってしまう絵本です。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • このスケールがいい。

    11ぴきのねこマラソン大会と同様、すごいスケールの絵本です。細かく書かれていて、読み聞かせと言うよりはじーっと一緒に眺めて、色んな発見をして楽しむ絵本ですね。
    最近動物園でもやっと反応しだした1歳半の息子は、色んな動物を指差して「あっ」「あっ」と言って喜んでます。
    一緒にぽさーっと見るのが楽しい絵本です。

    掲載日:2007/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが遊べる絵本

    絵巻絵本・・・つまりは絵巻物みたいにすべてのページがつながっていて広げると一枚の絵になるというものです。
    普段は絵本のサイズでジャバラ状に折ってあります。
    あんまりこういう絵本ってないんじゃないでしょうか?

    小さいころ、廊下に広げてはじっくりと
    眺めて遊んでいました。絵が細かいので 
    「あっこんなところにキリンさんがいるぅ〜」
    「あっ女の子が泣いてるぅ〜」
    いろんな発見をしては喜んでいました♪
    この道を通ってまずペンギンをみて、次にゾウをみて・・・・
    のように自分がその動物園に言ったようなつもりになって
    遊んでいたこともあります。

    読み聞かせ向きというよりは
    子ども自身が眺めて楽しむというタイプの絵本ですね。
    あっでもまだ小さいお子さんだったら
    一緒に○○がいるねぇ〜などと楽しんでみても
    楽しいかもしれません♪

    想像力が豊かにしたり 遊びをひろげたりするのに
    とってもいい絵本だなぁと思います(*´∀`)
    また「絵巻の絵本」というめずらしさもまた
    子どもには魅力的だと思います。

    掲載日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / おおきくなるっていうことは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット