雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

ひよこちゃん」 みんなの声

ひよこちゃん 文:ますだ ゆうこ
絵:あおき ひろえ
出版社:そうえん社
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784882644156
評価スコア 4
評価ランキング 19,440
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぷりぷりぷりりん

    まぁるいシルエットがとってもかわいい、ひよこちゃんですね。
    子供も、一目で「かわいいね」と言いました。
    そして、「ぷりぷりぷりりん」という、おしりを振る響きは
    面白いやらかわいいやら。
    親子で、笑顔になりました。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児にはちょっと情報量が多いかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    幼児絵本です。明るくて楽しい「ひよこちゃん」のはじめてのおでかけ。でしょうか?
    明るいのはいいのですが、ちょっと画面に書き込み(思いが詰まりすぎ)で、小さいお子さんの目に与える情報量としては多すぎるかな?と、感じました。
    絵本に慣れている幼児のお子さんには楽しいかもしれません。
    1歳から4歳くらいの幼稚園前くらいのお子さんにお薦めです。
    ひよこちゃんと一緒に小さな冒険に出てみてください。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぷりぷり ぷりりん

    孫のおしりも、「ぷりぷり ぷりりん」と、ひよこちゃんに負けないく

    らい可愛いのです。「ぷりぷり ぷりりん」とお尻を振るひよこちゃん

    が可愛くて無邪気で純真なひよこちゃんをへびさんが食べなくてよかっ

    たです。ひよこちゃんに負けないくらい、ピンクのちょうちょさんの絵

    も、まあるい蛙さん、ヘビさんもあひるさんもちょっとでぶっちょだけ

    ど、そこがとても可愛いと思いました。「ぴょん ぴょん ぴょん」

    「にょろにょろ〜」といつまでも擬音語が大好きな孫でした。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット