もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

美しいお姫さまとかしこい大臣」 みんなの声

美しいお姫さまとかしこい大臣 作・絵:ハセン・S・アバーエフ
訳:田中 泰子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,194+税
発行日:1989年
ISBN:9784593502332
評価スコア 3.33
評価ランキング 37,633
みんなの声 総数 2
「美しいお姫さまとかしこい大臣」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カザフスタンのおはなし

    火事のときに、メスのガチョウはヒナを守って焼け死んだのに、オスのガチョウは自分だけ逃げた・・・。

    それを見て男性不信になったお姫さま。子どもを大切に思うのは女だけ!信じられるのは女だけ!と、女友だちとつるみ、決してお嫁にいこうとしない。

    隣の国の大臣が、自分の国のハン(領主)とそのお姫さまを結婚させようと知恵をしぼります。

    大臣は、「私の国のハンは、子カモシカを守って溺れ死んだオスカモシカと、自分だけ逃げたメスカモシカを見て女性不信になった。子どもを大切に思うのはいつも男のほう、と思っている」などと嘘をつき、まんまとだまされた姫は、その人と結婚したい!と言い出す。

    大臣はお見事だけどさ、このハン、夢を見てる途中で起こされただけで、腹を立てて刀で切りかかるような男。その「夢」ってのが、美人といちゃついてる夢だよ。最低!

    大臣は、ハンを姫と結婚させることができたおかげで首をはねられずに済んだけど、果たして「めでたしめでたし」なのか? この夫婦、うまくいかなそう・・・。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カサブ(ソビエト)の民話。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    冒頭から強い衝撃を受けさせて頂いた作品でございました(☆o☆)
    女性でしたら、このお姫様の心境に共感する方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    無事に男性不信を克服されたお姫様ではございましたが、これって、騙した事にはならないのでしょうか?と嘘をつかれた事に更に男性不信になってしまうのでは・・・・・・と思ってしまった、ワタクシなのでございました(..;)
    お姫様が、その後、幸せに暮らしたであろう事を願わずにいられない作品でした(o^_^o)
    心に残る作品です。

    掲載日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット