十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おとうふさんとこんにゃくさん」 みんなの声

おとうふさんとこんにゃくさん 作:松谷 みよ子
絵:西巻 茅子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1991年
ISBN:9784494001149
評価スコア 3.93
評価ランキング 28,557
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 言葉遊びぽい

    よんでみて、まず感じたのはリズムが良くて読みやすいということでした。
    読みやすい文章は自然と楽しくなります。
    展開も読めなくてワクワクと読み進めました。
    ただ、オチがちょっとわかりにくいので、息子は「え!?終わり?」と驚いていました。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外ななやみ

    小学1年生の息子が週末の読書の宿題にちょうど良い長さかなと
    思って図書館で借りました。(読むのが苦手なので良い長さでした)

    内容は少し使い慣れない言葉もありますが、その辺りは一緒に説明しながら読みました。

    こんにゃくさんが病院に到着して、大根さんやごぼうさんのいきさつを説明した後、突然泣き出すとうふさん。

    息子は絵を見て「なんで泣いちゃったの?」ときょとんとしていました。
    でも続きを読んだらなるほど納得!

    とうふさんにもこんにゃくさんにもこんな悩みがあるなんて。

    ちょっとせつないようなクスッと笑える1冊でした。
    オチがわかるのはあかちゃんというより大人の方でしょうけど
    文章のリズムはとても聞き心地がいいですね。
    裏表紙ではごぼうさんと大根さんも用事を済ませて到着したのかな?

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆腐とこんにゃく

    豆腐とこんにゃくが主人公の絵本は、初めてです。
    食卓では脇役になりがちですが、この本の中では、かわいいものです。

    二人とも四角い形ですが、硬さの違いがあります。
    やわらかいゆえに、おとうふさんは怪我をして入院します。
    お見舞いにいこうと考えた、こんにゃくさん。
    だいこんさん・ごぼうさんも誘いに行きます。

    それぞれ個性的なキャラクターでお話を面白くしています。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本は,なんだかかわいらしい内容の
    絵本です。
    読んでいると,リズムもあって,なかなか
    楽しい絵本でもあります。
    こんにゃくさんの,せつない悩みが
    最後に描いてあるのですが,
    それがまた,せつなくなっちゃうんですけど,
    かわいらしいんです。

    松谷さんの本は,昔から語り続けられているものが
    多いので,ずっとずっと先の世代まで
    語り継いでいきたいと思います。

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    あかちゃんのむかしむかしと副題がついているのですが、
    言葉遊びがあるので、幼稚園児くらいからでないとわかりにくいような気がします。
    おとうふさんが、全身打撲で入院、こんにゃくさんがお見舞いに行くおはなし。
    「今夜食う」と「こんにゃく」をかけてあるようですが、
    やはり少しレベルの高い言葉遊びですよね。
    言葉使いもやや古風なので、その古風な言葉使いの響きを楽しむのなら
    いいかもしれません。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の顔ばっかり見ていた思い出の一冊

     〈あかちゃんのむかしむかし〉シリーズの一冊です。
     わが家の本箱にはもうありませんが、息子が喜んだ絵本です。
     なぜかって、ははがゲラゲラ笑ってしまい、その声の大きさとははのこんなリアクションを見たことがなくって、つられて笑っていました。

     お豆腐さんの入院の理由。
     大根さんの入念なおめかし。
     お豆腐さんがさめざめと泣きながら言う台詞。
     “まめ”に、「豆」と「まめまめしい」を掛けているシャレ。
     極めつけは、こんにゃくさんの切羽詰まった食材として抱いている恐怖感。

     この絵本は、「読んで」と持ってきては、絵本より私の顔ばっかり見ていた思い出の一冊です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかおもしろい

    おとうふさんとこんにゃくさん、というキャラクターの設定もおもいしろいし、イラストも、なんだかかわいい本です。
    おとうふとこんにゃくときいて、どんな話なのかな・・・と想像も膨らみます。
    予想外の内容ですが、それがまたおもしろい。
    なんで入院?なんで泣く?
    親子で笑ってしまうお話です。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イマイチ・・・

    お豆腐とコンニャクの昔話です。

    お豆腐さんが棚から落ちて全身打撲で入院するといった、なんともシュールな内容でした。
    人それぞれなので感じ方は異なると思いますが、シュールな絵本が好きな方にはオススメです。

    対象年齢が2歳〜となっていますが、まだまだ乳児さんには内容が難しいように感じました。

    幼児さん向けの昔話絵本としては、オススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松谷みよ子さん

    娘が小さい頃松谷みよ子さんの絵本をよく読んだのでとても懐かしく思いこの絵本を選びました。でも、読んで見ると以前娘の頃には無かった絵本だったので斬新でした。とても面白い絵本なので娘にも読んであげられたら良かったのにと残念でした。(娘が小さい頃には未だこの絵本は発売されていなかったのです)西巻かやこさんの絵が他の作品と作風が違うのが斬新で面白いと感じました。特にこの絵本では色使いが賑やかな所が私の好みでした。洒落も効いてて一捻りある言葉がさすが松谷さんの絵本だなと感心しました。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今夜喰う

    わたしはこのお話を聞いたことありませんでしたが、
    昔話というか、まるで落語みたいです。

    現代風に描かれていますが、
    文章は言葉遣いが丁寧で、
    7・5調なところが多くてリズミカルです。
    多少長くても退屈しません。
    娘はおそらくオチなどわかってはいなかったと思いますが、
    一所懸命聞いてくれました。
    幼稚園に行くぐらいにならないと、理解は難しいかも。

    「今夜喰う 今夜喰う」と言われたら、
    そりゃ生きた心地もしないでしょうね(笑)

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.93)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット