だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

お月さんももいろ」 みんなの声

お月さんももいろ 作:松谷 みよ子
絵:井口文秀
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1973年
ISBN:9784591019238
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身分の壁

    美しい珊瑚。土佐の海から上がってくるものなのに、
    土佐の浜の娘たちはに持つことが許されない、遠いもの。
    その理不尽さを飲み込んで、いっそう珊瑚は美しく輝く。

    我が子にも読み聞かせ、小学校の読み聞かせでも読んでいます。

    テレビドラマで坂本龍馬が取り上げられた頃にも、
    子どもたちが「土佐」という土地に興味を持ったらしいので
    読んでみました。

    小学生も、高学年になってくると「昔は身分にも差があって」ということは何となく知っている。
    それでも、ただ、漠然と、
    「お殿様は偉い人で、それ以外の普通の人がたくさんいた」
    くらいにしか思っていない。

    実際のところは、そんなに生ぬるいものではなく、
    武士が偉いといっても、その中にも将軍から大名から上士、下士の違いがあり、
    農民や漁民たちでさえ、それぞれの分を超えることは許されなかった時代。

    そんな時代が、ほんの少し前まであったことを知ってほしいと思い、
    小学生たちに読み続けています。
    確かに、子どもたちにはすぐには伝わりにくい内容です。
    それでも、年齢が上がっていくにつれ、少しずつ理解してくれます。

    それに、お話も、絵も、ただ残酷で悲しいだけではなく、
    やっぱり美しいのです。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しく哀しい話です

    心に響き渡る話です。

    じいやんと二人暮らしのおりのが浜でひろった「ももいろさんご」。
    おりのにとってはただ美しいということで意味のあるさんごなのに、貧しいものは手にしてはいけないのだろうか。

    じいやんの病に必要とした「くまのい」をくれた漁師の与吉。
    この若者も、貧しい若者。
    山の者と海の者は一緒になることはできないというしきたりがある。

    今では想像のつかない昔社会。
    権力者は弱者を搾取していたのですね。
    そんなことを知らずさんごを手にしたお姫様も哀れです。

    そんな中で、おりのも若者も自分にとても正直で純粋でした。
    悲し過ぎますが、とても美しい話です。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しいはなしです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    幼い頃、誕生日に母が買ってきてくれました。
    その頃は、悲しすぎて好きになれませんでした。

    それから数十年後、高知に越してきました。
    そこで、この絵本が高知のわらべうたから、
    書かれたと知って、あらためて読んでみました。

    子どもが小さい頃、読んでみたのですが、
    やはり、好きにはなってくれなかったです。

    わらべうたも、教えてもらいました。
    こんな、かなしい時代があったことを、
    子どもたちにも伝えて行きたいです。
    また、読み聞かせに挑戦してみようと思います。

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / どこいったん / かにのしょうばい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット