ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ほんがすき!」 みんなの声

ほんがすき! 作・絵:D・マクフェイル
訳:しみず ゆうすけ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1987年
ISBN:9784752040514
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,933
みんなの声 総数 13
「ほんがすき!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本が好きになったきっかけ!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある朝のこと、くまの子エンマは、テレビを見ようと早起きをしました。ところが、テレビは映りません。おとうさんも、おかあさんもどうすることもできずに、テレビの修理やさんを呼ぶことに…
    なかなか治らないテレビ、エンマは、機嫌が悪くなります。
    色々なことをしてご機嫌をなおそうとするのですが、けっきょく、エンマのご機嫌をなおしたのは…

    テレビの故障の原因は、いったいなんだったでしょう。画面の中で、ぜひ気づいてください。見つかると思わずにんまり。どうして、こんな大騒ぎになってしまったのかがおかしくてたまりませんでした。いろいろな場所に、楽しい要素があれこれ含まれています。こんな感じで、本が好きになっていくのかなあ。おかあさんのもつ影響力に、改めて気づくことができるはずです。
    絵本が大好きになるきっかけができたら何よりだと思います。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛らしい

    こどもの気持ちに寄り添い一生懸命な両親の様子。原因は単純なことだった・・・。

    その原因は 文字でなく 絵 のみで表現してある。絵本を見ているこどもは 気付くかな〜☆ 成長と共にきっと気付いて楽しめるのでは・・っと思いました。

    さて、お母さんが絵本を読み こどもの気持ちを落着かせたことで、テレビのことを忘れ 本に夢中になるお話。なんだか ほのぼの温かいです。実際のこどもの特徴通りかな(笑)

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • テレビ映らなくて良かったね

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    文章が少なくて絵が面白いので小さな子供から読み聞かせしやすい絵本だと思います
    表紙をめくるとすでに絵のお話は始まります
    よく見ている子は「あ〜コンセントが・・・」
    そのことをエンマに教えたくてわくわくしますが
    おかあさんやおとうさん、ちょっと間抜けな電気屋さん
    少ない言葉以上に絵が物語っていて目がはなせない・・
    そこから始まる、おかあさんの本の読み聞かせ
    まさに理想的なひざにのせての本読みは親子の読み聞かせに好評でした

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんか共感するみたいです。

    丁度いま、息子がテレビを見たいがために目覚ましをセットして早起きしています。この絵本を読んであげていた頃はテレビは余り好きじゃなかった頃でした。
    が、絵本に出てくる主人公は早起きしたらテレビが映らないのでお父さんになおしてもらうおうと起こします。電気屋さんを呼んで直してもらっている間、期限を直してもらう為にパパとママは色々とします。結局、ママに読み聞かせしてもらった絵本に夢中に成ってしまうって話です。

    この絵本を読んであげていたころ、お気に入りの絵本をぬいぐるみに読んであげていました。お気に入りの絵本は何回も読んでいるので内容は理解しているので、字が読めない息子も読み聞かせごっこができます。それと同じことをしている主人公と共感していて気に入っていました。

    絵本が好きになってくれて本当に良かった。テレビが好きになった今でも絵本は大好きです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • でんきやさん、しっかり!

    本も好きですが、それ以上にテレビに夢中の娘にと選んでみました。

    簡単なお話で字も少ないので、ひらがなを覚えたてのお子さんでも自分読みで楽しめると思います。

    テレビが壊れて見られないと泣いてる子どもの機嫌をなおそうと頑張るパパにちょっと笑えます。甘いな〜。

    最終的にママが本を読み聞かせてくれて、子供はテレビよりも絵本に夢中になる、という結末です。

    テレビがつかない理由が分かって、「でんきやさん!!」と親子でツッコミました(笑)

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです!

    本が大好きな主人公。本はテレビよりも面白いよということを
    強引ではなく優しく教えてくれる絵本です。ほるぷ子ども図書館の
    コースに入っていた絵本ですが、もっとメジャーになってもいいのにと
    思う素敵な1冊です。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビがうつらない!とお母さんお父さんを叩き起こすクマのエンマ。
    お父さんとお母さんは必死にテレビを直そうとします。
    その間、エンマのご機嫌もとりながら…
    最終的にテレビが映らない理由が判明!!
    でも、もうその頃にはエンマは絵本に夢中で、テレビのことなんて、忘れ去っている…というお話です♪
    これって、小さい子の行動そのものですよね〜☆
    うちの2才の息子も、こんなことがよくあります!
    「えー!さっきまでぐずってたじゃん!」みたいなこと、よくあります。
    テレビが映らない理由は絵で判断するようになるのですが、2才の息子が理解できていたかは、「?」ですが、そのうち理解するときが来るでしょう♪

    掲載日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビのない生活

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    クマの子エンマのおはなし。
    中表紙から大事なストーリーが展開しています。
    テレビが映らなくて不機嫌なエンマ。
    電気屋さんが修理に来ていますが、
    その間もパパとママはエンマの機嫌を直そうと大変そうです。
    窮地の策が、絵本の読み聞かせ。
    これが良かったのですね。
    すっかり絵本の魅力にはまるところが共感できました。
    注目したいのは、エンマも人形やねこに読んであげていること。
    読んでもらうことはもちろんのこと、読んであげる楽しさが描かれているのが嬉しかったです。
    少し古風な絵ですし、説教っぽい展開が難ですが、
    素朴に本の楽しさが伝わってきたところが良かったです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本らしい絵本

    テレビより絵本が楽しいよ、という絵本です。
    絵本お薦め、の絵本です。

    クマさん一家のお話ですが、電器の修理屋さんだけが人間なのが面白いです。
    クマさん達、そんなにかわいいとは思わないのですが、子供はとても気に入っている時期がありました。クマさん、よく見ると目だけが人間ぽいからかな。

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本は最高!

    テレビが大好きな現代っ子の?女の子。
    ある日テレビが壊れてしまい、なかなか直らない。
    ご機嫌斜めな女の子。お母さんに絵本を読んでもらって・・・
    絵本の楽しさに目覚めます。

    普段、娘になるべくテレビを見せないようにしている私。
    絵本が何よりも大好きな娘には、あまりなじみませんでした。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット