大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

白い鳥」 みんなの声

白い鳥 作:椋 鳩十
絵:梶山 俊夫
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年
ISBN:9784591005408
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 富は分かち合えばいいのにね!

    このお話は、昔の金持ちの長者の生き方と、それを支えるお百姓や、けらい達の生き方を対比したお話です。

    みんなが、わきめもふらずに ようはたらいたおかげで 長者は、どんどん大金持ちになるのです。しかし そこで働く 農民達には 米も食べささない。こんな事があってもいいの?

    ある時 子どもが熱を出した 若い夫婦は、怠けていると
    鞭で打たれるのです。涙の出るような悲しい話です。

    困り果てた夫婦は、逃げ出したいと、おばあさんに相談して、みんなの協力のおかげでにげるのです。 

    人数調べで、みんなは鞭で血がでるほど打たれますが誰も口を割らない。
    こんな団結力に感動します!

    人間は弱い者です。

    こんな時この人達のように。
    仲間を守ることが出来る。すごいです!

    この長者さんも、優しさがあれば・・・
    すべてを失う事もなかったのでは?

    お金のある人。働く人の生き方。

    このお話を聞き絵本を見て
     
    子ども達は、どんなふうに感じてくれるのでしょう?

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 支配者の没落

    権力をかさにきて、人々を奴隷のようにして押さえつけている長者様。
    これまで、人々を虐げたら没落も当然の事でしょう。
    病気の赤ん坊を世話している親に対しても情け容赦ない仕打ち。
    小作が逃げ出せば、仲間たちに連帯責任の罰。
    抵抗する小作たちの結束力も当然の事でしょう。
    長者のおごりに天罰がくだります。
    独り占めしていた米が多くの白い鳥に変わって、長者の生活を崩壊させます。
    ちょっと長いお話ですが、リズム感と緊張感があって、目が離せません。
    梶山さんの淡々とした絵は、絵巻物のようにこの物語を包み込んでいるようでした。

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット