だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

なんにもしらない王子さま」 みんなの声

なんにもしらない王子さま 作・絵:鈴木 さやか
出版社:新風舎
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784797425345
評価スコア 3
評価ランキング 36,940
みんなの声 総数 1
「なんにもしらない王子さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知ること

    これはないよ、と思ってしまった私は、甘いのかもしれません。

    何でも知っている王子様。
    けれど、何にもしらない王子様。
    これは、私たちの日常生活にもいえることかもしれません。
    たくさんのことを知っていても、
    外国の言葉をしっていても、難しい勉強もしていても、
    キャラメルの味を知らない、
    夜の寒さを知らない。
    私たちも、知識はあっても、本当に知らなければならないことを、いまだ知らずにいる、
    そういうことは、多々ありそうですね。

    作者の言いたいこと、よく分かります。
    そのメッセージ性は大変高いものだと思います。
    けれど…この絵本の表現の仕方は、どうも、私は好みではありません。
    「死」の扱い方が、とってつけたように感じますし、
    死によって悲しみを知る王子に、当の死んだ猫が、「王子が悲しむほど嬉しくなる」というのが、私には(あくまで、私は、ということを強調しておきますね)理解が出来ません。

    これは、何かのたとえ話なのかもしれないな、とちらりと思いましたが、
    私は、そこまで深く思い描くことが出来ませんでした。

    ただ、この絵本は、他の人によっては大変意味のあるものかもしれません。
    私には合わなかっただけで…。

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット