あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

夜にくちぶえふいたなら」 みんなの声

夜にくちぶえふいたなら 作:たかどの ほうこ
絵:長野 ヒデ子
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:1998年
ISBN:9784010691625
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
「夜にくちぶえふいたなら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 義理堅い泥棒猫

    このお話は、自分の子供たちのために泥棒をやっている泥棒猫と泥棒に忍び込んだ家の子供たちとのやり取りのお話でした。最初は泥棒といった感じにしていなかったのですが、結局うまく泥棒に成功。そのお話を見てうちの子は「なかなかの泥棒ですな〜!」とうなずいていました(笑)

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • よるはねるもの

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     うそ吹くとバチがあたるから止しなさい
    こどもの頃、祖父にそう言われ、もし夜だったらへびがやってくるからな、と釘を刺された記憶が鮮明によみがえります。
    口笛とは言われなかったけれど、うその口の形が口笛と同じだからかなぁ?
     えんそくの前の夜は、もうドキドキわくわくでしょ、わかります、わかります。
    そんなときふっと吹いた口笛で、ドロボーネコがやってくるなんて、面白い。
    律儀なネコで、くるまざになってお団子たべて、近所の四方山話・・・。たかどのほうこさんの奇想天外なお話に、長野ヒデ子の絵ときたら、見ずにはいられない。
    それでも、夜はちゃんとねましょうね。ドロネコに、感謝。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めない泥棒猫

    翌日の遠足に嬉しさのあまり夜に口笛を吹いたなら。
    ドロボーネコの慌てた果てのウソと、最後の手紙がおもしろ所でしょうか。娘も面白かったとのことです。
    ウソを手紙で白状してしまい、周りでは子供が戦果のおこぼれに預かっているのを見ると、どうも憎めないのがまた良いですね。

    ちなみに娘、手紙がひらがなばかりで間違いは消しゴムで消さずに黒く塗りつぶしているところで共感。喜んでいました。
    ……なにか違う。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • アヤシイ猫さん!

    息子が図書館から借りてきた本です。
    タイトルから、「夜口笛を吹くと一体どうなるの?」と気になって
    借りてきた様子です。このお話しの中では、
    夜、口笛を吹くと○○○○がやってくる。そうですが、
    私達のところでは「おばけが出てくる」とウワサが持ちきりですので
    息子は、お話しの設定もとても気になるようで
    一体どんな物が出てくるのか?楽しみで一気に読んだようです。
    お話しの中で口笛を吹いてしまったミツオと、そのいもとのノンコ。
    その2人のところにやってきたのは、なんとアヤシイ雰囲気たっぷりな
    風呂敷包みをもった猫。その猫が話す身の上話もホントなのか、
    ウソなのか?アヤシイ話しぶりだし、風呂敷の中の物も
    どれも怪しげ。猫がどうしてこんなものを持ってるのか?
    そんなところが不思議で、考えれば考えるほど息子はアヤシ〜って
    感じたらしく、ミツオとノンコと猫の会話にいちいち
    「そうだよ!おかしいよね〜」と、本に突っ込みをいれてみたりして
    おもしろかったようです。
    さて、この猫の正体は一体???

    お話しの展開がおもしろかった分、ラストの部分も
    なんとな〜くほのぼのとして、「まあいいか!」って
    気持ちになってしまうところもこの猫の几帳面というのか、
    優しさが出ていて、締めくくりもいい感じでした。
    息子は、夜、口笛を吹いたら・・・と、○○が出てくるバージョン
    等、いろいろなバージョンがあったらいいな〜って話してました。
    「夜にくちぶえふいたなら・・・沖縄バージョン」みたいなものね!
    それも楽しそうなので、続編出てこ〜い!!と、期待してみましょう。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクしました

    子どもの頃、夜に口笛を吹くとへびがくると言われたのを思い出しました。

    このお話では、夜に口笛を吹くと、どろぼうがくると言われています。遠足の前の日で、眠れないミツオとノンコ。ミツオは口笛を吹いてしまいます。

    すると、ふろしき包みを背負ったネコがやってきます。丁寧に挨拶するネコは一晩泊めて欲しいと言います。
    ネコに次々と質問する二人。動揺しながら答えるネコ。ネコと子どもたちのやりとりがおもしろかったです。ネコの正体は?いかにもたかどのほうこらしいおもしろげなお話で、児童書ですが、続きが気になり一気に読みました。

    大人は登場しないので、ネコのお団子をみんなで食べる場面や部屋に泊める場面などは、秘密めいた感じがしてワクワクしました。

    長野ヒデ子の描くネコが茶目っ気たっぷりで、絵の世界を引き立てています。身の上話をするネコの表情がおもしろかったです。

    掲載日:2008/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい泥棒猫さん。

    うっかり夜に口笛をふいちゃってお兄ちゃんに叱られてへこんでる二男のためにみつけた絵本。
    うちでは夜口笛をふくとお化けが来ることになってますが、
    この本では泥棒猫がやってきます。
    3人?のやりとりがなかなか楽しかったです。
    こんな楽しい泥棒さんならとまた口笛をふくかな?と
    心配しましたが今のところ大丈夫です。

    掲載日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりくるんだ!

    お兄ちゃんが夜にくちぶえをふいたら、妹にドロボーがくるからやめなと言われたのに、わざとまたくちぶえを吹いたら本当にドロボーがやってきたお話。

    ドロボーはドロボーでもドロボー猫がやってきて、そのドロボー猫のネコマサは、お兄ちゃんや妹に鋭いつっこみをされしどろもどろになりながら、なんとかドロボーの正体を隠しているのがおもしろかった。
    またドロボーした後に丁寧に手紙をだしたところは、ネコマサの人柄ならぬ猫柄のよさがうかがえる。

    掲載日:2006/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット