おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ」 みんなの声

文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ 作・絵:香川 元太郎
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784569685748
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,776
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 圧倒されます

    迷路でありながら、
    隠し絵やクイズも楽しめるようになっているので
    ずっと大切にできそうな絵本です。

    迷路は、一度解いてしまうと
    もうそれきりになってしまうこともありますが、
    この本は、何度でも楽しめそうです。

    線が細かく、繊細で
    とにかく圧倒されました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります!

    この迷路絵本シリーズは,迷路遊びとかくし絵遊びで楽しめるのはもちろん,テーマの添ったイラストもとても見応えあります!
    そして楽しみながら勉強にもなります!!
    今回は古代文明。
    日本の古代遺跡のページから始まり,エジプト文明,メソポタミア文明,インド文明,中国文明,エーゲギリシア文明,ローマ文明,ケルト文明,南太平洋文明,マヤ文明,インカ文明,アトランティス,と大人が見ても学生時代勉強した言葉が出てきて懐かしく思いました。
    世界史を学習中にこんな絵本があったらもっと興味が湧いただろうな〜なんて思ってしまいました(笑)。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文明

    この本は、各文明にまわって小さいピラミッドを拾っていく話です。

    好きな場面は、メソポタミア文明です。
    理由は、ヤギや牛などがいたり、平和的な感じだからです。
    いろんな人がいて、見てておもしろいです。
    メソポタミア文明に鉄のかぶとをつけた兵士がいたので、びっくりしました。

    次に好きな文明は、南太平洋文明です。
    理由は、モアイ像などいっぱいあるからです。
    モアイ像の目がおもしろいです。

    モアイ像はみんな、海を背にして立っていることを知りました。
    なんでかなあ?と思いました。

    ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳じゃ、ちょっと難しいかなぁ・・・

    同じシリーズの「時の迷路」が面白かったので、こちらも見てみました。
    しかし、ちょっと難しいですね。

    5歳の息子には(30代の母親にも)
    エジプト文明の人々とメソポタミア文明の人々の違いがわからない。
    世界地図を広げて説明したものの、ハテナマークだらけのようでした。

    この本の趣向全部を理解できるのは、まだちょっと先かな、と思いますが、
    迷路自体は楽しめていました。

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわぁっ☆懐かしい!!

    いつだったか、学校で学んだ古代文明。
    それをモチーフに作られた迷路です♪
    もちろん、世界四大文明も出てきます。懐かしい〜。
    この迷路を眺めていて、4千年以上も前にこんな文明が
    存在したということに改めて驚きました。
    本当にすごいことです!!

    迷路やかくし絵はもちろんのこと、
    巻末の『もう一度、時空の旅』としての探し遊びは、
    違う時代からの旅人による落し物。
    「歴史を変えてはいけない!!」なんて、
    使命感すら感じて、必死で探してしまいます(笑)

    世界地図に、各文明の場所が番号で示されてたり、
    本当に勉強になります。

    このシリーズ、最高レベルでオススメします!!

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳からでも!

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    とっても遊び応えのある絵本!

    題名の「迷路」だけでなく隠し絵、クイズも沢山。
    なんだか小学生男子が好きそうな感じ。
    子供のために借りてきたのに主人が真剣に読んでいました・・

    肝心の息子も真剣に迷路に取り組んでいました。
    文明の勉強が出来ると考えれば3歳から中学生まで使えそうな絵本だと思います。
    もちろん大人が読んだって楽しいね。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路も隠し絵も盛りだくさん

    時の迷路シリーズの1冊です。
    世界の文明の一シーンが迷路になっています。
    エジプト・メソポタミアなどの4大文明はもちろん、ケルト文明、マヤ文明など、さらにはアトランティスまで!!

    迷路や隠し絵だけでもとても楽しいのに、それぞれの文明もちゃんと事実に基づいた絵が描かれていて、期せずして勉強になっちゃいます。

    迷路はそれぞれのページに2レベルあって、比較的易しいものと、難しいものを別々に楽しむことができます。
    5歳の息子はまだ簡単な方しかできないので、これからまだまだ長く楽しめそうです。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみながら

    この本は楽しみながら、勉強もできます。
    文明の名前も、その文明がどんなものだったのかも、迷路遊びをしながら自然にイメージとして子供にわかると思うので、
    とてもいいと思います。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で為になる絵本

    迷路って、子供は大好きですよね。
    それに加え、いろんなことを教えてくれるこのシリーズは、
    息子のお気に入りです。

    この迷路では、迷路はもちろん、隠し絵、クイズなどで楽しみながら
    いろんな文明を垣間見ることのできる一冊になっています。
    もちろん、大人も一緒に楽しむことが出来ます。

    たまたまテレビでイースター島のモアイ像の特集を見たこともあり、
    息子は「南太平洋文明」のページに興味津々でした。
    こういう親子で為になる絵本って限られていると思うので、
    とても貴重なシリーズだなと思いました。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古代の世界へ

    時の迷路にはまっている上の子が書店で見つけ
    即購入しました。
    今回も普段の生活では触れる事も見たことも無い
    古代の世界が広がり目が輝いていました。
    下の子も一緒になって必死に探したり迷路を楽しんでました。
    今はまだ迷路やかくし絵を探すだけですが
    大きくなって古代の歴史を理解しながら
    また楽しんで見れる凄い絵本だと思います。
    大人も楽しめるので私もおとうちゃんも一緒に楽しんで見ています。
    絶対おすすめです。シリーズがどんどん出ているのが納得の
    お得な1冊です。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / アレクサンダとぜんまいねずみ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / とりかえっこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット