しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さよならトンボ」 みんなの声

さよならトンボ 作:石亀泰郎
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784579404117
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな命の最期

    • MYRYさん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都
    • 男の子14歳、男の子11歳

    夏になると、いつの間にか空にたくさん現れるトンボ。
    夢中になって追いかけた思い出のある人も多いのでは?
    そんな身近な昆虫であるトンボの生と死を、美しい写真で知ることができます。
    子供にとってはまるでおもちゃのように楽しい遊び相手になってくれる昆虫たちが、厳しい自然界で懸命に命を繋いでいく様子を教えてくれる素敵な絵本です。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんぼの命を感じ死と向きあえます。

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    とんぼの死・・って見たことある?
    子どもたちにつかまって弱ってしまったとんぼ?

    この絵本は新潟の「とんぼの墓」という場所でこうして自然の死を迎えるんだという写真でトンボを追い続けたリアルでちょっとショッキングな内容だと感じました。

    夜露がびっしりついた羽の眠っているとんぼ・・・なんだか幻想的です。
    とんぼの結婚式・・交尾する姿はよく秋空でも見ますよね。
    そして卵を産む。

    とんぼの命がこうしてつながって行くんだな・・とわかります。
    そうして・・冬に迎えるのは死です。

    弱っていくとんぼを待っている死が・・怖いほど目に映り、
    胸がしめつけられるみたい。

    子どもたちも、だまってしまうのです。

    自分たちはとんぼより大きいけど、やっぱり、同じで一生懸命生きて、人と出会い、命をつないで・・いつか死んでしまう。

    とんぼに自分を重ねて死というもの命の重みを見つめるきっかけになるような大事な1冊だと思います。

    高学年には絶対1度は読んであげたいと思います。

    掲載日:2007/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット